ナチュラルメイク派なら日焼け止めパウダーもおすすめ!

ここ数年人気が高い日焼け止めパウダーって、これだけで本当に紫外線対策になるの?と不安に思ってる人も多いかも。

でも大丈夫!正しく使えばUVカットパウダーだけでも十分に日焼け止め効果があるんです。

そこでこの記事では、今注目の日焼け止めパウダーの上手な使い方や選び方、UVカット効果の高い管理人おすすめの人気商品などについてくわしくご紹介していきます。

夏だけでなく、一年を通しての美白対策として使いこなしていきたいですね。

日焼け止めパウダーの特徴と便利な使い方

日焼け止めパウダーはナチュラルメイク&UV対策に使えて便利なアイテム

日焼け止めパウダーは、見た目は普通のフェイスパウダーやルースパウダーに似ていますが、紫外線防止ができて、PA+、SPF数値が表示されています。

また、一般的なクリームタイプの日焼け止めに配合されていることが多い紫外線吸収剤を使用しておらず、主成分はミネラル由来。

更に保湿成分や美容成分を配合しているタイプもあり、肌に負担をかけず、敏感肌の人でも比較的安心して使えるのが特徴です。

また、使い方も

  • メイクの仕上げに
    ファンデーションの上から塗ると、ベタつきやテカリを抑え、さらさらに!

  • ナチュラルメイクに
    下地やBB・CCクリームの上に塗ると程よいカバー力ですっぴん風美肌に!

  • お直しに
    軽くティッシュオフしてから使う簡単なメイク直しに重宝!

  • ボディに
    首、デコルテ、手の甲、二の腕などの紫外線対策にも使える!

など、幅広いのも特徴といえます。

日焼け止めパウダーのメリット

肌にもやさしい日焼け止めパウダーは敏感肌の紫外線対策にもおすすめ!

そんな日焼け止めパウダーには、パウダーならではのメリットがあります。

重ねづけや塗り直しが楽にできる

紫外線対策には、2、3時間ごとに日焼け止めを塗り直すのが理想的です。
パウダータイプなら塗り直しもカンタンに済み、重ねづけしても厚ぼったくなりません。

また重ねづけやお直しをすれば、クリームタイプにも劣らない日焼け止め効果が持続可能です。

日焼け止め効果を高められる

普段使っているファンデーションやBBクリームにも、UVカット効果がありますが、さらに仕上げに日焼け止めパウダーを使うことで、その効果をよりいっそう高めることができます。

また、日焼け止めパウダーには汗や皮脂を吸着する性質があるため、ベタつきやテカリを抑えることができて、メイク崩れを防ぎ「時間が経つと汗や皮脂で化粧が崩れてきてしまう」といったお悩みにも貢献してくれます。

ナチュラルメイクに最適

一般的な日焼け止めクリームにファンデーションを重ねると、何だか厚ぼったく感じてしまうことも。

しかしファンデーションのかわりに日焼け止めパウダーを使えば、ごく薄づきで軽い仕上がりになり、ナチュラルメイクに見せられます。

洗濯物を干す時やゴミ出し、近所の買い物やお休みの日にもぴったりですし、ポイントメイクをしっかりすればOKな職場もあるのでは。

敏感肌でも使いやすい

日焼け止めパウダーは天然ミネラルが主成分で、防腐剤などの添加物が使われていないものがほとんど。また、クリームタイプのように毛穴を塞いでしまうことがなく、肌への負担も少なく済みます。

そのためかゆみや赤みが起きにくく、敏感肌や子どもの肌にも安心して使うことができます。さらに、油分が少ないことからニキビができている・できやすい肌の人にもぴったりです。

クレンジングが不要

殆どの日焼け止めクリームはクレンジングが必要です。しかし、油分を含んでいない日焼け止めパウダーなら、石けんや洗顔フォームだけで落とすことができて肌に負担をかけません。

また、下地やBBにもクレンジング不要タイプを選んだり、ファンデーションを使わなければ、洗顔だけで落とすことができるのもメリットです。

子供にも使える

日焼け止めパウダーは肌にやさしい成分の為、素肌にそのまま塗ってもOK。この為、動き回る子供の日焼け止め対策に、顔や腕、首などにさっと塗れる点が好評です。

日焼け止めパウダーの選び方

UVカット効果&美肌効果の高い日焼け止めパウダーがおすすめ!

次に、美肌をキープするための日焼け止めパウダーの選び方について見ていきましょう。

SPFとPAの数値をチェック

紫外線カット効果は、SPFとPAの数値で示されます。SPFは紫外線B波(UV-B)の防止作用を10~50の数値で、PAは紫外線A波(UV-A)の防止作用を「+」で表します。

いずれも数値が高いほど効果が高く、日本の日焼け止めの場合は「SPF50+・PA++++」がもっとも高いレベルです。

ただ、数値が高いに越したことはありませんが、日焼け止めパウダーの場合は単体ではなく組み合わせて使うことがほとんどだと思いますので、そこまで神経質にならなくても大丈夫。

とはいえ、現在販売されている日焼け止めパウダーはかなり高い数値のタイプが多いです。

美容成分入りのもので肌ケアを意識

日焼け止めパウダーには、保湿・美容成分を配合しているものも多くあります。

つまり、つけるだけで紫外線を防止しつつ肌ケアもかなって一石二鳥ということ。

配合成分はセラミド・ヒアルロン酸・ビタミンCなどがあり、商品によって異なるため、自分の目的に合わせてチョイスしましょう。

ノンケミカル処方なら肌に優しい

日焼け止めパウダーには、ノンケミカル処方のものも多くあります。ノンケミカルとは、石油系界面活性剤・鉱物油・紫外線吸収剤などを含んでいないものを言います。

ケミカル成分は肌に悪影響を与える可能性があり、とくに敏感肌の人にはおすすめしません。

管理人おすすめの日焼け止めパウダー

このような条件をふまえつつ、口コミも読んで、管理人が使ってみたいと思ったおすすめの日焼け止めパウダーをご紹介します。日焼け止めパウダー選びの参考になさってください。

エトヴォス ミネラルUVパウダー

エトヴォス ミネラルUVパウダー

SPF50+ PA++++

ミネラルと美容成分配合の肌にやさしい日焼け止めパウダー。紫外線吸収剤・シリコン・タルク・鉱物油・ナノ粒子・石油系界面活性剤・合成着色料・合成香料不使用のノンケミカル処方。

石けんとぬるま湯で落とせます。ブルーライトも75%以上カットするからパソコン作業が多い人にもおすすめ。

赤道直下の紫外線が高い国を旅行するとになり、友人のすすめで購入
かなり出歩いたが見事に焼けなかった。
SPF低めのBBとこれを塗ったが、以前BBだけだと焼けたが、これをはたいたら大丈夫だった。高SPFだとたまに肌が荒れるが、これは大丈夫だった

粒子が細かくて、UVカット効果がすごく高いのにお肌に優しい成分なので肌が荒れません。紫外線吸収剤不使用なのも嬉しい!

これだけ塗ってもいいし、ファンデーションの仕上げにも良いし重宝しています。外出先で日やけ止めを塗り直すよりもこれで済む方が手早くていいです。

毎年完売続き!超人気のミネラルUVパウダー
>>>エトヴォス ミネラルUVパウダー

ヴァントルテ ミネラルUVパウダー

ヴァントルテ ミネラルUVパウダー

SPF50+ PA++++

100%自然素材、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用の無添加処方。皮脂吸着パウダーでテカリとメイク崩れを防ぎ、保湿力の高いピュアシルクのヴェールで潤いのある肌をキープ。

メイクの上からの塗り直しもOK。石けんで落とせます。

仕上げパウダーとして優秀で、日焼け止め効果がばっちり。
さらっとお肌に乗せられて、崩れが汚くならないところが、良いなと思います。

ぴたっとフィットするし、乾燥せずサラサラだけど、潤いは奪われていません。

UV効果が高いから、今の時期は毎日使っています。
余計な香料とかが入っていないし、お肌に優しくていいですよ。

お肌が立体的にきれいに見せられるし、UVカット効果が高いから、季節問わずいつでも愛用出来るのは、大変ポイント高いです。

しかもミネラルパウダーだから、お肌に優しいっていうのも、すごくうれしいです。

シルクパウダーで1日中崩れずサラ肌キープのUVパウダー!
>>>VINTORTE ミネラルUVパウダー

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

SPF50+ PA++++

天然ミネラルと美容液成分でできた日焼け止めパウダー。紫外線吸収剤不使用・防腐剤フリーのノンケミカル処方、ロングUVAも防いで肌えへのダメージを抑えます。

毛穴を消して肌をキレイに見せてくれる、ファンデがよれない等のレビューも高く、楽天でもロングセラーとなっています。

化粧くずれ防止のため、ファンデの前に下地代わりに使用しています。

夕方までファンデのヨレなしです!!
本当に優秀!!!

夏には欠かせなアイテムになりました。

こちらはしっかり叩きこめば、崩れ知らず。今のところ日に焼けた様子はないです。肌につける時、手が汚れないし、粉質がしっとりしていて、乾燥しません。

石鹸ですんなり落ちるし、塗り直しも簡単。私はこれとマスカラ、口紅、グロスだけで過ごしてます。もう、これなしではいられないというほど溺愛してます。

これだけのサンスクリーン効果があって、石鹸で落とせるっていうのは、ホント有難いです。正直、そういう視点で選んだので、効果の方は期待していませんでした。

でもこれ、結構いいです。
パウダーのキメが細かいので、綺麗に乗るし、肌が整って見えます。

コスパに優れるロングセラーのミネラルUVパウダー
>>>トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

ミューノアージュ UVスキンケアパウダー

ミューノアージュ UVスキンケアパウダー

SPF50+ PA+++

東京ミッドタウン美容クリニックの皮膚科医開発ドクターズコスメ「muNoage(ミューノアージュ)」の日焼け止めパウダー。微粒子パウダーが素肌のような付け心地、くすみや毛穴をカバーして美肌を実現。

紫外線吸収剤フリー&無添加、メイクの上から使えます。

感想は、すばらしくいい!
毛穴、くすみを飛ばして肌をキレイに見せてくれます。
一枚ベールを被せた感じで、付属のパフでしっかりつけても、粉っぽさがありません。UV効果も高いので、休日は下地(日焼け止め)とこちらのパウダーで過ごしています。

何より一番は、痒くならないこと。安心して使えます。
この夏、日焼けに悩むことなく、しみも濃くならずにすみました。

UV対策に使っています。お肌に優しい成分であることも安心です。
ナチュラルな色なので、お肌に付けるとキレイに仕上がるので気に入っています。
ちょっとお出掛けというときに、さっと付けるだけでしっかりとUV対策ができるので、これからの季節には欠かせません。

皮膚科医開発ドクターズコスメのUVスキンケアパウダー
>>>MUNOAGE UVスキンケアパウダー

日焼け止めパウダーに関するQ&A

日焼け止めパウダーに関する疑問をピックアップ!

日焼け止めパウダーに関する良くある疑問をピックアップしました。

日焼け止めパウダーのみで紫外線対策は可能か?

日焼け止めパウダーには、粒子が紫外線を反射させる作用のある酸化亜鉛や酸化チタンといったミネラル成分が配合されています。そのため、日焼け止めパウダーのみの使用でも充分に紫外線対策は可能です。

ただし、記載されているSPFとPA+の値の効果を維持する為には、「2~3時間毎のつけ直し」「汗をかいたり、こすったらつけ直し」が必要です。

また、クリームやジェルタイプに比べると、塗りムラができやすい為、しっかりと覆うようにつけることも大切です。

紫外線散乱剤とは?

日焼け止めパウダーに配合される酸化亜鉛と酸化チタンはいずれも代表的な紫外線散乱剤。肌の上で紫外線を反射させるため、肌に負担をかけないで紫外線を防御できるのが特徴です。

ただし、粒子そのものが白いため白浮きすることがあります。

酸化亜鉛や酸化チタンを使った日焼け止めは、ノンケミカルや紫外線吸収剤不使用と表記されます。

ベビーパウダーやシルクパウダーでも代用できる?

パウダーというと、ベビーパウダーやシルクパウダーを思い浮かべる人もいるかもしれません。

しかし、ベビーパウダーにはUVカット効果のある成分が含まれておらず、シルクパウダーは紫外線B(UV-B)を防ぐ効果のみです。

いずれもこれだけで日焼けを防ぐことはできませんので注意しましょう。

<まとめ>

日焼け止めパウダーは肌にやさしく、高機能、2~3時間毎に塗り直せば、十分な紫外線対策となります。また、メイクの上から塗れる、そのまま肌に塗れる、下地と合わせてナチュラルメイクができる等など、TPOによって使い分けができるのも魅力です。

ただし、粒子の細やかさや保湿力、色あいなどはメーカーによって異なりますので、実際に使ってみて、自分の肌やライフスタイルに合った日焼け止めパウダーを選んで下さい。

管理人は紫外線が強い時期は「体の内側から日焼けを防ぐ飲む日焼け止め」も合わせて使っています。(参考⇒おすすめの日焼け止めサプリをランキング形式で紹介