眼球の毛細血管をチェックする女性

あなたのシミやくすみの原因は毛細血管のゴースト化かも?

毛細血管がゴースト化すると肌荒れや薄毛、冷え、肩こりなど様々な不調を招くので要注意。

でも一度死んだ毛細血管は食べ物や生活習慣改善で復活するんです。

カギとなるのが血管内にある丈夫な血管を保つための物質「Tie2」の活性化。

Tie2の働きが弱くなると毛細血管は破れやすくなり、ゴースト血管の原因となるのです。

そこでTie2を活性化させ、毛細血管を増やしてくれる食べ物や生活習慣について詳しく調べてみました。毎日の食生活にすぐに取り入れられるものもありますので是非参考にしてください。

毛細血管の働き

まずは毛細血管の仕組みやゴースト化について見ていきましょう。全身に酸素や栄養を運ぶ毛細血管は、私たちの体の中で重要な役割を果たしています。

毛細血管とは

毛細血管は、全身に張り巡らされている血管の99%を占めており、全身に酸素や栄養を運び、老廃物を回収して静脈へ送るという重要な役割を果たしています。

長さにすると10万キロ、地球2周半にもなると言われ、毛細血管が細く縮まったり、切れたり減ったりすると、血流が流れなくなり、全身にさまざまな影響を及ぼします。

毛細血管は赤血球が一つしか通れないほど細く、とても脆いため、少しの衝撃や摩擦で傷ついてしまいます。また、加齢にともなって減っていき、血流が悪くなって消えてしまうことも。

60代ではその数が20代より40%減少するというデータもあります。

血管のゴースト化とTie2

血液がきちんと流れない、もしくは消えてしまうことを血管のゴースト化・ゴースト血管と言います。

毛細血管は「内側の内皮細胞」と「外側の壁細胞(へきさいぼう)」の二重構造となっていて、両者がぴったりと密着していることで安定した構造を保っています。

外側の壁細胞から「アンジオポエチン-1」という成分が分泌され、これが内側の内皮細胞の「Tie2」(受容体型チロシンキナーゼ)という分子を活性化させることによって、両者は密着状態を維持しています。

ところが毛細血管の外側の壁細胞が傷つくとアンジオポエチン-1が分泌されず、Tie2が活性化しない為、外と内がはがれて隙間ができ、栄養分や老廃物が漏れるようになってしまうのです

毛細血管にはもともと小さな穴が空いていて適度に血液が漏れて酸素や栄養素を周辺の細胞に届けるようになっています。

ところがこのように隙間が大きくなり、血液が漏れ出す量が増えてしまうと、血流が滞って毛細血管としての機能が衰え、やがてゴースト化してしまう、という事態に陥るのです。

毛細血管が減るとどうなる?

毛細血管が減ると、酸素や必要な栄養が細胞に十分に行き渡らなくなることで、様々な不調やトラブルが起こりやすくなります。具体的には

  • 肌の老化
    栄養と酸素が不足すると肌のターンオーバーが乱れるためシミ、くすみ、たるみが加速。

  • 風邪をひきやすくなる
    血液中の免疫細胞である白血球が届かないとウィルス等と闘えず免疫力が低下する。

  • 高血圧
    血流が低下する為、心臓がより多くの血液を高い圧で押し出し、血管がそれに備えて硬化することで高血圧に。

  • 冷え症
    人間の体温は血液の温度で保たれている為、毛細血管が減ると血流が低下することで体温が下がる。

  • 骨粗しょう症
    骨には毛細血管が多い為、酸素や栄養が届かないと骨がスカスカし、骨折しやすくなる。

  • 糖尿病
    毛細血管量が減ることで、過剰な糖分がよりいっそう血管に残りやすくなる為、血糖値が上がりやすくなる。

  • アルツハイマー型認知症
    脳は全身の血流の15%を必要としている為、血流が低下すれば脳機能が低下し、認知症になりやすくなる。

  • 薬の効き目が悪くなる
    毛細血管の機能低下で、漏れる血液量が増えると、薬の成分が肝心の場所迄届かなくなる。

  • 視力の低下や白内障
    血管が多く、多くの栄養を必要とする目にも障害が現れやすくなります。

  • 薄毛・抜け毛
    血流が滞る為、髪の毛に栄養や酸素が不足して、薄毛、抜け毛、白髪の原因に。

  • 心筋梗塞
    心臓の毛細血管がゴースト化すると酸素や栄養が足りなくなり心筋梗塞につながることも。

  • がん
    ゴースト化が起きた場所の周囲にはがん細胞が増殖しやすいようです。

  • 等があげられます。さらに、不要な水分や老廃物を回収する力も衰えるため、手足や顔にむくみを感じたり、女性に多い末端冷え性がひどくなったりします。

    毛細血管の簡単チェック方法

    舌の色で血流の状態をチェック

    毛細血管の状態をくわしく知るには、ダーマスコープという専用の機械を使って調べますが、自分でも簡単にチェックできる方法があるのでご紹介します。

    まずは自分の舌の表面を見てみましょう。きれいなピンク色であれば健康という証。

    しかし、暗く褐色がかっていたり紫がかっていたりした場合は、血行が悪い状態です。

    血管が滞る、いわゆる漢方で診断される瘀血状態になった場所の周辺には血管のゴースト化が見られるといわれています。

    また、舌をめくって裏側もチェックしてみてください。

    2つの大きな血管が真っ直ぐであれば健康ですが、蛇行している・変に盛り上がっている場合は血行が悪く、毛細血管が老化している可能性があります。

    毛細血管が劣化・減少する原因

    トーストして色が変わった食パン~焦げた食品は血管老化の原因に

    毛細血管は傷つきやすい上に、一般的に加齢にともなって劣化・減少しますが、同じ年齢でも、血管が老化している人とそうでない人がいます。これには生活習慣が大きく関わっています。

    運動不足や激しい運動

    運動不足はゴースト血管の大きな原因の一つと言われています。

    体を動かすためには毛細血管を通じて筋肉の隅々まで栄養を届ける必要がありますが、体を動かさないと、体が栄養を届ける必要がないと判断し、毛細血管が減ってしまうそうです。

    血管はそもそも、必要とされている血液を維持するために存在しているもの。全く運動しなくなると、使われない筋肉に血流を必要としなくなるため、存在意味がなくなり、小さくなったり、消えてしまったりするのです。

    反対に息が上がるほどの激しい運動を続けていると、活性酸素が発生しやすくなり、毛細血管に負担を与えてしまいますので注意が必要です。

    太り過ぎや食べ過ぎ

    太って脂肪が増えてしまうと、本来必要のないその脂肪にも毛細血管は伸びます。

    すると、心臓の血液を送り出す量は一定なため、余分な脂肪にも血液が流れ、その分今までのように、本来行くべき毛細血管に血液が届かなくなってしまい、ゴースト化が進んでしまうのです。

    さらに、太り過ぎだけでなく食べ過ぎもゴースト血管の原因になる危険性があります。

    食べ物を摂取すると胃や腸に血液が集中しますが、つねに暴飲暴食している人は、この胃や腸に血液が集中した状態が慢性化しています。

    すると、末端の毛細血管に流れる血流が滞ってしうため毛細血管がダメージを受けやすくなってしまうのです。

    AGE(終末糖化産物)

    強い毒性があり、血管内部に付着して血管の老化を早めてしまうのがAGEs(エージス)という成分。肉や魚を焼いたり揚げたりすると、タンパク質の糖化反応によってできます。

    糖分の摂りすぎも同様に糖化を加速させてAGEを増やしますので、これらの食品の食べ過ぎには注意が必要です。

    参考⇒肌の糖化を防ぐ~老化物質AGEsを減らす方法

    体の締め付け

    締め付けのきつい靴や衣服、足組みなどは毛細血管を圧迫し、血流悪化の原因になることで、毛細血管の減少につながります。

    姿勢

    猫背の人は血管がカーブした状態になりやすく、血流が悪化しやすい為、毛細血管がゴースト化しやすくなります。また足を組むと、膝裏の動脈を圧迫することで血流が悪化、同じように毛細血管をゴースト化させる原因に。

    以上のような生活習慣に自覚がある方は、できる範囲で取り除いていくことが毛細血管の温存につながります。

    血管年齢を若返らせ、毛細血管を増やす方法は?

    血管のゴースト化を防ぐためルイボスティーを飲み始めました!

    毛細血管は、食事や生活習慣に気をつけることでも減少を抑え、増やすことが可能です。血管年齢を若く保ち、毛細血管を増やすために、できることから始めてみましょう。

    Tie2を活性化させ毛細血管を増やす食べ物

    一度ゴースト化した毛細血管も、壁細胞をはがれにくくしてくれる「Tie2」を活性化すれば復活させることが可能です。Tie2を活性化させる食べ物(主に植物由来)を普段の食生活に取り入れて毛細血管復活を意識してみましょう。

    特にTie2活性化の効果が高いと言われる食べ物をいくつかピックアップしてご紹介します。

    ルイボスティー

    ルイボスティーは南アフリカ原産のお茶で、プーアール茶に近い味わいです。

    ルイボスの葉と茎には抗酸化作用成分が豊富で、美肌効果や腸内の有用菌を増やす腸内環境改善効果に加え、最近ではTie2の活性化させる効果にも注目が集まっています。

    ノンカフェインなので子供から大人まで安心して飲むことができるのも魅力のひとつです。

    参考⇒ルイボスティーの効果について

    オーガニックスパーグレード!【ルイボスティー】

    話題の最高品質ルイボスティー

    世界中のルイボスティーの中でも上位1%しかない「オーガニックスーパーグレード」の材料を使ったルイボスティー。有効成分含有量が多く、1パック5gの茶葉入りで濃厚な成分が摂取できます。

    >>>高品質で安心のルイボスティーはこちら

    ヒハツ

    あまり聞き慣れない名前ですが、沖縄そばにも使わる香辛料がヒハツで、島こしょうや長こしょう(ロングペッパー)などとも呼ばれます。

    ヒハツの果穂には「Tie2」を活性化させる効果があり、血管拡張・血流アップが期待できます。料理にかけて手軽に使えるのも魅力。蕎麦やスープ、肉料理などにふりかけて摂取しましょう。

    >>>ヒハツを楽天でチェックする

    シナモン

    シナモンは 毛細血管からの血液の漏れを90%改善、「Tie2」を活性化させるだけでなく、老化した毛細血管を修復する効果があります。

    更に、抗菌作用、健胃作用、代謝アップ等、女性にうれしい効果が期待される美容植物。

    粉末タイプを紅茶に入れたり、トーストやヨーグルト等に加えて採るのが簡単でおすすめです。一日に小さじ1/2程度を摂るとよいとされています。

    >>>シナモンを楽天でチェックする

    金柑

    みかんやゆずなどの柑橘類には、血流をよくして毛細血管を強くするヘスペリジンが豊富に含まれています。特に皮部分に多いため、皮ごと食べられる金柑がおすすめ。

    そのまま食べられますが、ジャムや甘露煮にしてもおいしいですね。

    有酸素運動

    軽く息がはずむ程度の有酸素運動が効果的です。特に全身の血流がよくなっておすすめなのが、かかとの上げ下げや階段昇降です。

    ふくらはぎを使うとポンプ作用で下半身の血液が上がり、全身に血液が巡るようになります。大きく手足を降るその場スキップをしてもいいでしょう。

    どれも手軽で簡単な運動ですが、毎日続けることが大切です。

    ぬるめのお風呂

    熱いお湯に浸かると交感神経が刺激され、血管が収縮してしまいます。38℃~40℃程度のぬるめのお湯に浸かることで、血管が拡張して血流がよくなります。

    更に入浴剤に炭酸入りを使うと、泡が皮膚に近い毛細血管を刺激して血流アップに効果的。高濃度炭酸ガスタイプがイチオシです。

    静脈マッサージ

    金沢医科大学病院の赤澤純代医師が提唱するゴースト血管を防ぐため毛細血管を外側から元気にする方法が「静脈マッサージ」。静脈に沿ってマッサージしながら血流を改善する誰でも簡単にできる方法です。

    早速やり方をみていきましょう。

    耳などの末端をマッサージすると血流が良くなり、血液が送られたゴースト血管を健康な毛細血管に改善する効果が期待できます。

    やり方は耳全体を外耳を中心に少しひっぱりながら捻じるように、片耳1分ずつ揉みます。

    しばらくすると頬のあたりからじんわりあったかくなってくるのがわかります。
    頭部全体の血流が良くなって、肌や髪の毛にもよい効果が。1日2回ほど揉んでください。

    ふくらはぎ

    ふくらはぎには多くの毛細血管が集中していますので、刺激すると血流が回復します。

    椅子に座ったままた足を前に伸ばし、かかとをつけたまま足首を上下に曲げ伸ばしします。

    デスクワークの最中にもおすすめです。

    足の指先を1本ずつ爪の際までもみほぐしたら、足の甲から、ふくらはぎ、ふともも、そけい部へリンパを流すように軽くマッサージ。

    次に同じ順序で筋肉を揉みほぐすようにマッサージしていきます。特にくるぶし、ひざの骨の周囲は念入りに。

    これだけで血流が改善し、足がスッキリした感覚になるので、おすすめです。

    以上、どれも簡単、すぐにできるマッサージですので、毎日続けて、血流を改善し、毛細血管を生き返らせましょう。

    <まとめ>

    冷え、肌トラブル、免疫力低下など様々な不調の原因となる毛細血管のゴースト化の進行を防ぐためには、毛細血管を再生して増やす事が大切です。

    それには毛細血管を修復するTie2を活性化させること、血流を良くすることがポイント。その為には

    • 食べ物でTie2を活性化(シナモン、ひはつ、ルイボスティー、金柑等)
    • 生活習慣で血流改善(有酸素運動、静脈マッサージ、ぬるめのお風呂等)

    等を意識することが大切。美肌や豊かな髪、免疫力アップの為にもゴースト化した毛細血管を復活させていきましょう。