評判の睡眠サプリを飲んだら熟睡できた!

寝付きが悪い、熟睡できない、寝起きがスッキリしない、疲れがとれずに日中だるい等、睡眠の悩みを抱えていると仕事や家事、子育てにも影響が出て辛いもの。

そんな方は一度睡眠をサポートするサプリメントを試してみるといいかもしれません。

この記事では睡眠をサポートする成分やその働き、睡眠サプリの特徴や選び方のほか、生活習慣を見直して睡眠の質を高める方法などについてもくわしく説明しています。

睡眠の質を上げて、朝スッキリ目覚めたい…とお悩みの方は参考になさってください。

睡眠サプリメントの選び方

様々な種類のサプリメント

まず、数あるサプリメントの中から、自分に合った睡眠サプリを選ぶ時のポイントをまとめてみました。

自分の睡眠の悩みに合った成分配合のサプリを選ぶ

睡眠の悩みは人それぞれ。自分の睡眠の悩みに合った成分が配合されているかどうかを確認しましょう。

寝付きの悪さを解消してくれる成分、熟睡をサポートしてくれる成分など、悩みへのアプローチはサプリに配合されている成分によって異なります。

まずは、睡眠サプリに配合されている代表的な成分をご紹介します。

これらの成分はどれか一つではなく、数種類が配合されていることが殆どですので、種類だけでなく、どの成分が多いのか、成分表示の順番や配合量も確認して、選ぶようにして下さい。

グリシン

<睡眠の質を高め、寝付き・熟睡、寝起き全体をサポート!>

グリシンはアミノ酸の一種。末梢神経を拡張し、血流をよくするはたらきで、熱放出を促進、深部体温を低下させて速やかな入眠をサポート。

睡眠リズムを整え、中途覚醒を減らし、熟睡を招くことで、目覚めの良さ、日中の眠気解消ももたらしてくれます。(参考:味の素「アミノ酸“グリシン”の「睡眠の質」改善効果」

L-テアニン

<アルファ波増加で、リラクゼーション効果が>

テアニンは緑茶のうま味成分で、高級なお茶にほど多く含まれており、抹茶には番茶の12倍のテアニンが含まれています。

テアニンを摂取すると、脳がリラックスしているときに出るα波が増えることが分かっており、イライラする、考え事を始めると寝付けないといった方におすすめの成分。睡眠の質を向上させ、目覚めすっきりが期待できます。(参考:太陽化学「睡眠とL-テアニン」

クワンソウ

<自然な睡眠調節で不眠に働きかける成分オキシピナタニンが含まれる>

クワンソウは「おきなわ伝統的農産物」に指定されている沖縄に多いユリ科の植物。クワンソウにはリラックス効果や寝付きをよくする成分オキシピナタニンが含まれています。
(参考:クレイ沖縄~オキシピナタニン「睡眠改善剤」として日本・世界特許取得

トリプトファン

<自然な眠りを促進するメラトニンの材料となる>

睡眠ホルモンとも称されるメラトニンは、自然な眠りを促す成分で脳内の松果体から分泌されます。このメラトニンの材料となるのが必須アミノ酸の一種、トリプトファン。

トリプトファンは体内では作れない為、食事やサプリメントから摂取します。
(参考:KEKEN~日常生活における受光履歴とトリプトファンの食事摂取が睡眠に及ぼす影響

セントジョーンズワート

<セロトニン分泌を促進してメラトニンも分泌促進>

セントジョーンズワートは、神経伝達物質「セロトニン」の分泌を日中増やすことで、リラクゼーション効果も高め、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌も促進する成分です。

天然ハーブの一種ですが、妊婦や授乳中の人は避けた方がよく、他の薬との併用には医師薬剤師への相談が必要です。(参考:わかさ生活「セントジョーンズワート 研究情報」

ギャバ(GABA)

<サプリメントでは直接的な不眠改善効果は期待できないかも>

ギャバ(GABA)は脳内で抑制系にはたらく神経伝達物質。興奮抑制にはたらき、睡眠の質を向上させます。

ただし、サプリメントとして摂取する場合、アミノ酸の一種なので消化分解されてしまうこと、また脳内に入ることは出来ない為(血液脳関門を通過出来ない)、不眠改善に直接的な効果は乏しいともいわれています。

バレリアン

<GABAの働きを高め、穏やかな入眠、睡眠の質向上に期待される>

バレリアンは古くから利用されてきたハーブのサプリメント。GABAの働きを高めて興奮を抑制し、睡眠の質を向上させてくれます。

妊婦や授乳中は摂取しない方がよいとされる成分で、他の薬のとの飲み合わせに気をつける必要があります。

メラトニン

<体内時計のリズムを調整し入眠を促す~市販無し、個人輸入は可>

夜になると分泌され、体内時計のリズム調整に関わるホルモンで、サプリメントとして摂取すると寝付きが良くなることが知られています。

薬事法の関係で国内製造品はありませんが、個人輸入で入手が可能です。

継続して試せる価格かどうか

睡眠サプリメントは継続して摂取することで効果が実感できるものも多い為、自分にとって続けて試せる価格であるかどうかも重要です。

初回の価格だけでなく、最低でも3ヶ月~半年程度のコスパを確認するようにしましょう。

常飲している薬と合うかどうか

睡眠サプリメントの配合成分の中には、一部の薬の効果を弱めるものもあります。

他の薬との飲み合わせには注意が必要ですので、常用薬がある人は事前に医師、薬剤師に確認すると安心です。

睡眠サプリを比較!睡眠サプリおすすめランキング

睡眠の質を上げるおすすめの熟睡サプリはこれ!

以上のようなポイントをふまえた上で睡眠サプリ選びで注目したいのは「睡眠の悩みにアプローチする成分がどのくらいとれるのか?」ということ。

そこで「成分の配合量を具体的な数値で明記している」睡眠サプリをピックアップして、おすすめ順にご紹介します。

  • 管理人が確認した限り、配合成分の量の明記がないものは除外
  • サプリとして摂る場合のギャバ(GABA)の不眠改善効果が不明瞭なため除外

となっています。

睡眠サプリ グリシン L-テアニン トリプトファン クワンソウ
ネムリス 495㎎ 36㎎ 70㎎ 30㎎
グッドナイト27000 246㎎ 200㎎ 102㎎
グリナ 3000㎎
マインドガードDX 600㎎ 96㎎ 1000㎎
爽眠α 200㎎ 不明
ピースナイト 200㎎
  1. ネムリス

    主要成分をはじめ12種類の快眠成分をバランスよく高配合

    ネムリス

    グリシン495㎎・L-テアニン36㎎・トリプトファン70㎎・クワンソウ30㎎他
    特許成分「ラフマ葉抽出物」をはじめ、12種快眠成分を配合
    筑波大学・裏出教授の睡眠時脳波検証で国内で初めて科学的効果を発見
    GMP認定工場製造の国産

    ネムリスは休息の特許成分「ラフマ抽出物」をはじめ、植物由来成分12種類配合。モニターの92%が30日後には安眠効果を実感したサプリメントです。

    筑波大学浦出教授はネムリスを飲んだ夜の脳波測定実験により、ネムリスのリラックス効果を実証

    ネムリスを飲んで寝ている被験者の脳波測定により、深いリラックス状態の休息に入っていることも実証されています。

    “効果を感じたのは飲用3~5日目ぐらい
    以前より寝つきが早くなって夜中に目がさめる回数が減りました
    そのためか、日中も体調・気分が良く過ごせました
    睡眠で悩んでいる方にオススメしたいです“(引用元: @cosme

    “うっかり飲み忘れると寝起きが凄くつらいので、やっぱりこのサプリが効いてるんだって改めて思いました。あと、睡眠の質自体良くなったように思います。
    スッと眠りにつけてグッスリ寝れて、文句無し!“(引用元: @cosme

    ぐっすり休息を実感できる高評価サプリ
    【ネムリス睡眠サプリメント】初回980円プロモーション

  2. グッドナイト27000

    快眠成分7種類合計900㎎/日は断トツの高配合

    グッドナイト27000

    グリシン246㎎・L-テアニン200㎎・トリプトファン102㎎他
    安眠効果のある特許成分「ラクティウム」推奨量配合
    GMP基準認定、HACCP、有機JAS認定取得の国内工場生産
    放射能検査やカフェイン検査実施済で安心

    グッドナイト27000はミルクペプチド特許成分のラクティウムをはじめ、眠りに有効な7成分を1日あたり900㎎高配合した睡眠サプリメント。

    寝つきや寝起きの悪さを解消し、しっかりとした睡眠がとれるように開発されています。

    “これを飲んで、片付けや浴室掃除、翌日の用意なんかをしている間に眠気が来て、お布団に入ったらすぐに眠れたんです。

    最初だけかなと思ったけど、飲めば間違いなくスッと眠れて、いやな夢も見ません。睡眠の質がいいせいか、途中で起きる事もないので、これは良い!と思っています。“(引用元: @cosme

    “普通に寝る30分程前に飲んだだけなのに、気付いたら眠気が来て、すっと寝てしまったという感じです。気付いたら朝でした。

    それからしばらく続けてみたんですけど、本当に体が安まってる、って自覚があります。起きた時に疲れていた今までは、何だったのかな?と思ってしまいます。

    体を休める鎮静作用ハーブが効いてるんですね。“(引用元: @cosme

    快眠成分1日で900㎎はダントツの高配合!
    >>>GOOD Night 27000

  3. グリナ

    グリシンだけを3,000㎎配合、アミノ酸研究パイオニア『味の素』のサプリ

    グリナ

    グリシンだけを3,000㎎高配合
    味の素はグリシンの深睡眠用途で特許保有
    大企業ブランドの安心感

    グリナはアミノ酸研究100年の味の素が開発した、グリシン単体の睡眠サプリメント。グリシンが深睡眠をもたらす効果に関する特許を保有しており、ヒト試験や生理学研究を通して、現在も研究を継続しています。

    大企業ブランドの安心感は抜群のサプリといえます。

    “目覚めがさっぱりすっきりなんです!
    いままで休みの日は遅くまで寝ても疲れがとれなくてかなりボーーーっとした感じだったのが、目が覚めた!さ、起きよう!っていう感じに変わりました。“(引用元: @cosme

    “旦那は短時間の睡眠でも良く眠れた実感があるそうです。
    私は、睡眠導入剤なしでも寝付きが良くなりました。
    良くねむれているせいか、肌の調子も良いです。“(引用元: @cosme

    グリシンの持つ深睡眠パワーで快眠を!
    >>>睡眠サポートサプリ「グリナ」

  4. マインドガードDX(ドリンクタイプ)

    錠剤が苦手な方におすすめのドリンクタイプ。ジュースで割ってもOK

    マインドガードDX

    グリシン600㎎・トリプトファン96㎎・クワンソウ1000㎎他
    休息ハーブと呼ばれる天然ノニ配合
    吸収に優れるドリンクタイプ

     

    ドリンクタイプなので錠剤より吸収されやすくて実感迄の時間が短く、ジュースや炭酸などで簡単に割ってのむことができるのも魅力の一つ。

    配合成分もすべて開示されているのも安心材料ですが、@コスメ、楽天市場などに口コミ掲載がゼロとなっており、見つけることができないのが不思議で残念なサプリといえます。

    配合成分の種類も量も多いが口コミが無いのが残念!
    >>>休息ハーブ飲料【マインドガードDX】

睡眠サプリと睡眠薬の違いは?

睡眠サプリと睡眠薬はどこが違う?

睡眠障害の解消法の一つ、睡眠サプリメントの選び方やサプリをご紹介してきましたが、睡眠薬と睡眠サプリメントにはどのような違いがあるのでしょうか。

実はこの2つは似ているようで働きが全く違います。

睡眠サプリメントとは

サプリメントとは、体に足りない栄養分を補う「栄養補助の役割」を果たします。

飲んだからといってすぐに効果が出るものではなく、長期服用することで、眠りにつきやすい体質へと改善を図っていくのが睡眠サプリメントです。

睡眠薬とは

睡眠薬には医師による処方がなければ手に入らない「処方薬」と、薬局やドラッグストアで購入できる医薬品の2種類があります。

睡眠薬

睡眠薬は慢性的な不眠治療目的に処方される「脳に働きかけ、眠りへと誘導する薬」です。即効性があり、眠れない時でも睡眠薬を服用することで、眠りにつけるようになります。

睡眠改善薬

睡眠改善薬は、睡眠薬とも睡眠サプリメントとも異なる性質を持ちます。

睡眠改善薬は「一時的に睡眠のペースを調整する時」などに使えます。例えば、時差ボケを直す時、明日の予定の為にどうしても眠らなくてはいけないなど、単発的に使うことが目的です。

個人差がありますが、翌日体がだるい、頭がボーっとするなどの副作用が出る人もいます。また、睡眠改善薬では効果を感じないという人もいますが、使用容量を勝手に増量したりせず、必ず用法容量を守りましょう。

睡眠サプリに副作用や依存症はあるの?

睡眠サプリメントの服用についての説明をする医師

睡眠サプリメントは医薬品ではなく、成分はハーブやアミノ酸などが含まれている健康食品です。1日あたりの推奨量を守っていれば副作用、依存症の心配はまずありません。

ただし、次の場合は注意が必要です。

  • 精神系の薬を服用している
    特に抗うつ剤を服用している方は、使用前に担当医に睡眠サプリメントの成分を確認してもらいましょう。一緒に飲むことでサプリメントが医薬品の効き方に影響を与える可能性があるからです。

  • 個人輸入のサプリメント
    用法容量を守ればほとんど副作用がないと言えるのは国内メーカーが販売しているのサプリメントに限ります。海外製品で個人輸入通販サイト等で販売されている睡眠サプリの場合、日本では認められていない成分が入っていることもあります。

    服用したことでもし副作用が出る等、健康上のトラブルがあった場合、個人責任となります。成分に詳しく、正しい判断ができる方でない限り、外国製のサプリメントの使用は控えましょう

睡眠の質を上げる方法

今朝は熟睡できて目覚めもスッキリ!

質の良い睡眠は、健康的な日常生活や美肌の為にもとても大切です。睡眠サプリや睡眠改善薬を使う以外に、今日から誰でも簡単に取り入れられる快眠のためのヒントをご紹介していきます。

  • 寝る1時間半~2時間前に入浴する

    就寝前の入浴は質の高い睡眠には欠かせない習慣といえます。

    体温を一度上げて、下がるタイミングで入眠する、これが、快眠のためのポイントです。ちなみに、40℃のお風呂に15分入ると体温は0.5℃上がり、約90分程度で元に戻るといわれています。

    つまり、就寝する90分程前に入浴すれば、上がった体温が下がった時に合わせて入眠することができ、よく眠れるという訳です。

  • お風呂の温度はぬるめにする

    自律神経のバランスを整え、熟睡する為にも是非お風呂に入りましょう。

    適度に温かいお湯が皮膚を刺激し、交感神経と副交感神経の働きそのものを活性化させ、自律神経のバランスを整える効果が期待できるのです。

    ただし気をつけたいのがお湯の温度。
    夏なら38℃~39℃、冬でも40℃以下を目安にしてください。

    このくらいのぬるさであればリラックスして、副交感神経優位な状態になれます。熱いお湯が好きな人もいますが、交感神経優位を招く為、質のよい睡眠を得るためには、あまりおすすめできません。

  • お風呂に入れない時の工夫

    理想的なのは、ぬるめのお湯で入り、体温が下がってきた頃に眠りにつくことなのですが、バスタブに浸かれないときは、首に熱いタオルをあてる足湯を試してみてください。

    副交感神経の働きを刺激し、リラックス効果を得られます。

    血流も良くなって体温が上昇し、その後少しづつ下がっていくので、眠りにつくのに最適な方法です。お風呂に入るのも嫌な程くたびれた時など、試してみてください。

  • 夕方に軽い運動をする

    夕方、軽い運動をすると体温が上がり、その後、徐々に体温が下がって、夜に体が休む状態になりやすいといわれています。

    ただし、激しい運動は脳が興奮して、逆効果になりかねませんので、帰宅途中の軽めの散歩程度にしておきましょう。

  • テレビやインターネットは就寝2~3時間前迄

    テレビやスマホの画面から出る光は脳を刺激して覚醒させますので、就寝直前まで眺めていると、覚醒状態が続き、寝付けない原因となります。

    睡眠ホルモンである「メラトニン」は網膜が受ける光の量が減少したと感知すると分泌が開始されます

    つまり明るい画面を見ていれば、なかなかメラトニンが分泌されないのです。そうなると眠れない、ようやく眠れても眠りが浅く質の悪い睡眠になりがちに。

    覚醒している脳が落ち着くには2~3時間かかるとされますので、逆算したタイミングでテレビやネットを見ることをやめる習慣をつけていきたいものですね。

  • 香りを上手に取り入れる

    女性は香りに敏感ですので、アロマオイルを使ってリラックスできる空間を演出するのもおすすめです。お風呂にアロマオイルを入れてみたり、枕カバーに数滴落とすなど、簡単に取り入れられるので是非試してみて下さい。

    安眠効果が期待できるのはラベンダー、レモンバーム、カモミール、サンダルウッド、クラリセージ等。

  • 就寝前のカフェインは避ける

    寝る前のひととき、何か飲んでリラックスしたくなりますが、カフェインは神経を刺激して脳を覚醒させるので避けるべき。

    コーヒー、紅茶、緑茶、中国茶などにはカフェインが含まれますので、ノンカフェインタイプを選ぶか、別の飲み物で代用しましょう。

    おすすめはカモミールティー。りんごのような甘酸っぱい香りが気持ちを穏やかにさせてくれます。

  • 寝室の環境を整える

    寝室の環境は睡眠にかなり影響を与えます。

    夏の高温、冬の低温と乾燥、周囲の騒音、寝具の清潔さ、部屋の明るさなどは、寝付きを悪くしたり、熟睡を妨げたりします。

    • エアコン、扇風機、加湿器を調節しながら気温と湿度に配慮する
    • 肌触りのよいパジャマや清潔な寝具を用意する
    • 寝ることに集中できるよう寝室はシンプルにする
    • 時間が目に入らないようにするため目覚ましは倒す
    • 周囲からの騒音(テレビや家電の音、近隣住民の雑音など)対策に耳栓を使用

    など、安心して眠れる為の快適な環境を作ることも大切です。

<まとめ>

熟睡できず睡眠の質が悪いとお悩みの方は、睡眠薬や睡眠改善薬の前に、サプリメントを試してみてはいかがでしょう。

睡眠サプリには、睡眠の質を上げてくれる成分として

グリシン・L-テアニン・トリプトファン・クワンソウ・バレリアン・ビタミンB類
等が複数配合されています。

睡眠サプリメントを購入する際は、

  • 配合されている有効成分の量や種類
  • 継続できる価格かどうか
  • 常用薬との飲み合わせに問題はないか

といった点をチェックしましょう。

また、睡眠の質をあげるには、サプリメントに頼るだけでなく、入浴、運動、寝室環境、スマホ閲覧などの条件を見直していくことも大切です。