睡眠不足で見覚めが悪い女性

睡眠不足は肌の大敵!と昔から言われていますが、美肌や若々しい体型をキープするために睡眠時間はどれくらい必要なのでしょうか。

また睡眠は時間の長さだけでなく、質も大切と言われますが、どのような睡眠の取り方が美容のためにいいのでしょうか。

そこで今回は、睡眠不足が美容に及ぼす悪影響や美肌・肥満防止のために必要な睡眠時間など、美容と睡眠の関係について詳しくご紹介します。

肌にいい睡眠時間はどれくらい?

目覚まし時計が鳴って起床…今朝はすっきり目覚められる?

睡眠不足が美容に及ぼす悪影響は、毎朝の化粧ノリで女性なら誰でも実感しているもの。では実際に肌にいい睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

成長ホルモンの分泌がカギを握る

睡眠中は細胞の再生や修復、免疫機能の維持や活性化、コラーゲン繊維を支えるエラスチンの生成等が行われており、睡眠は健康維持と美肌キープに非常に重要な役割を果たしています。

中でも肌代謝を活性化させる成長ホルモンの分泌は、一般的には入眠後約1時間~3時間程度の間に増加するので、この時間帯をきちんと活用して美肌を維持するには、少なくとも毎日6時間以上の睡眠時間が必要とされています。

睡眠時間には個人差がある

では6時間眠りさえすれば誰でも成長ホルモンがしっかり分泌されて、健康にも美肌にもいいのでしょうか。

実は睡眠時間については個人差が非常に大きく、一概に何時間眠れば質が良いとは言えません。

睡眠は長ければよいというものではなく、質が大切。成長ホルモンがしっかり分泌され、疲労がきちんと回復する高品質の睡眠をとることが何よりも大切なのです。

元々短時間睡眠でも平気なショートスリーパーもいますし、10時間以上睡眠が必要なロングスリーパーもいます。寝る時間帯についても、早起きの人もいれば、夜型の人もいます。

また、一般的に加齢によって睡眠のリズムが変化し、段々早起きになってきます。あなたや家族、友人達の睡眠を見ても、それぞれの睡眠には個性があると思いませんか?

このように、人によって必要な睡眠時間は異なり、日々の環境や健康状態、年齢によっても左右されるのが当然のことで、一概に何時から何時迄の何時間寝るのがベスト、というわけではないのです。

質のいい睡眠とは?

では本当に質のいい睡眠はどのような眠りのことなのでしょうか。

その基準は極めて明快で「朝起きた時に、十分に寝て気持ちが良かった」と満足できるかどうか、という自身の判断によるといえます。

何時に寝たか、何時間眠ったかではなく、自分自身がスッキリ目覚めて疲れがとれたと感じられれば質の良い睡眠がとれているのです。

いつもより長く寝ても、起きた時に疲れている、スッキリしない場合は睡眠の質は良くないと言えます。

自分に最適な睡眠時間を知っておく

では、どうすれば自分の最適な睡眠時間を知ることができるのでしょうか。

一番簡単なのは、朝起きた時の感じ方や翌日の体調と睡眠時間を比較することです。

例えば7時間眠った朝、非常に快適でよく眠れたと感じることが多いとか、6時間だと疲れが残ってる気がするとか、8時間だと寝過ぎでかえって体が重い等、

自分にとって、何時間寝て起きた時がもっとも快適かを振り返ってみます。

さらに、日中の体調にも気をつけてみてください。

午後眠くなってくるとか、頭がぼーっとするとか、夕方の疲労感が酷いなど、睡眠時間と体調の関係によって、自分にとっての最適な睡眠時間がわかってくるはずです。

 

睡眠不足が美容にもたらす6つの悪影響とは?

寝不足の日は肌の調子が悪い・・・。

では、実際に睡眠不足が私達の美容にもたらす悪影響とはどのようなものなのか、具体的にみていきましょう。

肌の老化を早める

美しい肌を保つ為に欠かせない肌のターンオーバーが順調な周期で行われないと、肌の色素沈着や、シワ、ニキビなどの原因となります。

このターンオーバーがもっとも活発に行われる時間帯は、先ほどもお話しした通り、眠りについてから1時間~3時間の間となります。

睡眠は1サイクル90分とされますので、寝付いてから2サイクル目までの間が肌にとって大切な時間。しっかりと睡眠サイクルを整え、この時間に肌代謝を活発にする為には最低でも6時間の睡眠が必要となるのです。

睡眠時間が短すぎる、寝付きが悪い、熟睡できていないといった状態が続くと、たとえ6時間眠ったとしても、成長ホルモンの分泌が不十分となりターンオーバーが乱れ、肌の老化を加速させます。

太りやすくなる

睡眠不足が続くと、起きている時間が長くなり、何か食べる機会が増える為、肥満の原因となる場合もあります。

更に、睡眠不足が続くと食欲を抑制するホルモン「レプチン」の血中濃度が低くなり、逆に食欲を促進させるホルモン「グレリン」の濃度が高くなることがわかっています。

夜更かしで、つい何かつまんでしまう、食欲が旺盛になる、これでは体重が増えるのは当然のこと。ダイエットに取組む人は、睡眠の時間や質にも気をつけないと、食欲のコントロールが難しくなります。

ちなみに、睡眠7時間に比べて睡眠4時間以下は肥満率が73%アップするといわれています。
参考⇒睡眠ダイエットの効果

便秘がちになる

便秘に悩む女性の多くは、なんらかの睡眠トラブルを抱えていることが、2004年に花王と国立精神・神経センターによるアンケートから確認されています。

睡眠と便通は影響しあっており、便秘改善の為には睡眠不足、睡眠トラブルにも配慮が必要と考えられるようになりました。

便秘が続くと、腸内で便の腐敗が進んで有害物質が発生する為、肌のハリやツヤが失われ、肌荒れ、くすみの原因となります

更に自律神経のバランスが乱れ、ますます睡眠の質が低下するという悪循環に陥りやすくなることも問題です。

精神的にも肉体的にも病気のリスクが高くなる

健康であることが若々しさや美しさの大前提。睡眠不足が続くと、脳や体の機能のバランスが崩れ、健康を維持することが難しくなってきます。

注意力散漫、学習能力の低下、抑うつ状態になる、意欲の低下といった脳の機能低下だけでなく、高血圧や心疾患の原因となったり、免疫機能低下、発がんリスクの上昇など、様々な体の機能低下の原因にもなります。

髪質に影響がでる

睡眠不足により成長ホルモンの分泌が十分ではなくなると、髪の栄養にも影響を与えます。寝不足が肌の老化を加速させるということは、頭皮も同様です。

頭皮の健康状態が悪化すれば毛髪の状態も悪化し、抜け毛、切れ毛などの原因となります。

生理不順の原因となる

生理不順はホルモンのバランスの乱れが原因の一つ。過度のダイエットやストレス、運動不足などだけでなく、睡眠不足もホルモンバランスを乱します。

体調の改善のためにも、生理不順の女性は質のよい睡眠を心がけましょう。生理不順は卵巣機能にも影響を及ぼすので、若い頃から軽く考えないようにしたいものです。

<まとめ>

様々な理由で質のよい睡眠がとれず、睡眠不足が続けば、成長ホルモンの分泌が不十分となってターンオーバーが乱れ、

  • ニキビ等の肌荒れ、シミ、しわ、たるみ等の肌老化が加速する。
  • 頭皮トラブルにより抜け毛、切れ毛が増える。

さらに、睡眠不足は、

  • 肥満(食欲抑制ホルモンの減少と食欲増進ホルモンの増加により)
  • 便秘
  • 免疫器のの低下
  • 生理不順

などの原因となり、美容や健康に多くの悪影響を与えます。

これらの睡眠トラブルを防ぎ、美肌や若々しい体型をキープするための、肌にいい&痩せる睡眠時間は、

  • 最低6時間
  • 起床時に自身が気持ちが良いと感じる長さ

が必要とされています。

最低限の睡眠をとることはもちろん、スッキリ目覚められる自分自身にとっての最適な睡眠時間をみつけ、健康と美容を維持できるようにしていきたいものですね。