舌苔を効果的に取る舌磨きの方法とは?

毎日歯磨きを丁寧におこなっていても、隅々まで取りきれないのが舌にこびり付いた嫌な汚れ。

舌の汚れを効果的にとるにはどのような磨き方をすればいいのでしょうか?
また、舌磨きにはどのような効果があるのでしょうか?

舌磨きの効果としては

  • 口臭が防げる
  • 舌の汚れ(舌苔)が気にならなくなる
  • インフルエンザや風邪などの症状を未然に予防することができる

などが挙げられます。

今回は効果的な舌磨きのやり方や舌苔ブラシの使い方など、舌の磨き方のコツをお伝えします。

ぜひ毎日のオーラルケアの参考にしてみてください。

舌が汚い!舌が白い舌苔ができる原因は?

白い色の舌苔
(画像引用:どくらぼ

鏡をチェックしたときに気になる、ベロにこびり付いた真っ白い汚れ。

舌の色が白いと何か健康上の問題があるのかも?と心配になる方もいるはず。

これは「舌苔」と呼ばれていおり、手で触れてみると、少しザラザラとした感触があります。

舌苔とは

舌苔と呼ばれる、ベロの表面に発生する白い色の汚れは、

  • 舌の凹凸部分に食べカスが付着して生成されたもの
  • 古くなった粘膜などの細胞をベースに細胞が増えたもの
  • 消化器系の病で発生したもの

などがあります。

舌苔の色の違いによって、以下のような特徴があります。

白い舌苔

白い舌苔は、風邪をひいているとき・免疫が落ちているとき・ストレスが溜まっているとき、などに見られます。

ベロの裏側まで白いケースは『舌板症』の可能性もあるため、クリニックへの受診が必要です。

黒い舌苔

長期にわたり抗生物質などを服用しているケースに、黒い舌苔は見られます。気になる場合は、かかりつけ医や薬剤師の方に相談すると良いでしょう。

黄色い舌苔

冷たいものが好きな方・ビールやワインなどのお酒が好きな方・タバコをよく吸う方に多いのが黄色い舌苔です。

胃腸など消化器系の調子を崩しているときにも、黄色い舌苔がよく見られます。

舌苔が口臭の原因になる理由

口臭を気にする女性

口臭の主な原因は、食事の残りかすを口腔内の細菌が分解する際に発する悪臭。

歯や歯肉に付着した食べかすは毎回の歯みがきである程度除去されますが、ベロの上の食べかすは適切にケアしなければ、徐々に堆積し、舌苔となり、口臭の大きな原因となるのです。

さらに、口呼吸による乾燥、喫煙、生活習慣の悪化なども舌苔の原因に。

また、舌苔の堆積は唾液の分泌が少なくなるタイミングに最も盛んになるため、起床時の口臭は日中よりも強くなる傾向があります。

この臭いの原因物質はメチルメルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイド等の3タイプのガスが組み合わされて発生する揮発性硫黄化合物。卵や生ごみが腐ったような不快な臭いが特徴です。

そして、このような口臭の原因の60%は舌苔にあるといわれているのです。

check 口臭の3大原因物質を99.7%除去する!話題の口臭ケア

テレビCMでも話題の「薬用オーラルクリスター・ゼロ」は口臭の3大原因となるメチルメルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイドを99.7%除去してくれる心強い消臭スプレー。

さらに、歯周病・歯肉炎・虫歯予防とホワイトニングにも効果的な成分を配合!おすすめのブレスケア商品です。

>>3大口臭ケアを同時に!薬用オーラクリスターゼロ

舌磨きの効果

歯医者

舌磨きにはどのような効果が期待されるでしょうか。

まず、舌磨きで舌苔を落とし、口腔内を清潔に保つことで細菌の異常繁殖を防ぎ、口臭軽減に効果があります。

また、歯石や舌苔から発生する酵素「プロテアーゼ」は体内でインフルエンザウィルスの増殖を高める作用があることが分かっており、この発生を抑制することで、インフルエンザ予防にもつながります。

舌ブラシを使った舌磨きの方法

舌磨きを習慣にすることで舌苔や不快な口臭を防ぐことができますので、舌苔ブラシの正しい選び方や使い方を学び、効果的なデンタルケアを行いましょう。

舌を磨くブラシの選び方と使い方

毎朝、ぺロ磨きブラシで舌苔を取るの日課になりまた!

歯を磨くついでに歯ブラシを使って舌磨きをおこなう方がいますが、これは誤り。

歯ブラシの毛先はぺロの細かい凹凸部分よりも太いので、舌のケアには不向きです。

歯ブラシで舌を擦ると、傷つけたり、かえって汚れを押しつけることにもなりかねません。ドラッグストア等で市販されている舌磨き専用ブラシを使うようにして下さい。

また、舌には味覚を感知する重大なセンサー・味蕾などがあるため、必要以上に力を入れてこすると神経がダメージを受けてしまうことがあります。

ブラシを使用する際は力の入れすぎに注意し、ソフトに磨くよう力加減にも気をつけましょう。

磨くタイミングと頻度

ベロ磨きの効果を高めるためには、磨くタイミングや頻度を意識することも重要です。

一般的には、睡眠中は唾液の分泌量が少なくなり、細菌などが繁殖しやすい状態になります。

そのため朝起きてすぐに舌磨きをおこなうことが最も効果的なベロの磨き方です。

目覚めたらまずは舌を磨くこと、1日1回の生活習慣が健やかな健康ライフを導いてくれます。

ただし、磨き過ぎは舌苔を傷つける可能性がありますから、最高でも1日1回にとどめましょう。

水又は専用ジェルを使う

舌磨きの効果を高めようと、歯磨き粉や食品用重曹を使用する方がいますが、舌表面はとても柔らかくデリケートなため、歯磨き粉の研磨剤などが舌を傷つけてしまう恐れがあります。

ベロ磨きの際は水又は舌専用ジェル(市販されています)を使用して磨きましょう。

舌磨きのやり方

舌磨きをおこなうときは鏡を見て、舌の汚れを確認しながら作業すると、スムーズに磨けます。

ベロ磨きブラシを用いて、奥から手前になめらかに引くようにブラシを動かすと、上手に舌苔を落とすことができます。

縦方向の汚れを落としたら、次は横方向の汚れを落とします。

左右好みの方向にブラシを優しく擦り、最終的に鏡でチェックし全体的な汚れが気にならなくなったら終了。すっきり爽快な口もとに生まれ変わります。

専用ブラシを使わないベロの磨き方

舌用ブラシがなくても綿棒でソフトに磨けばOK!

綿棒を使った磨き方

舌用ブラシが手もとに無くても、代わりに綿棒を代用しベロ磨きをおこなうこともできます。

ベロ磨きの効果を高めるために用意するのは、綿棒と鏡のみ。

水で湿らせた綿棒を使い、軽い力でなぞるように舌苔を擦ります。

お出かけ先や旅行先でも気軽にトライできる、覚えておくと役に立つデンタルケアです。

ガーゼを使った磨き方

専用のブラシや綿棒に抵抗がある方にもおすすめの舌の磨き方は、ガーゼを使った方法です。

ナチュラルコットンを用いることで、デリケートな体質の方でも安心して舌磨きの効果を高めることができます。

綿棒と同じく1回1回使い捨てで使用できるため、衛生面が気になる方にも安心です。

舌の磨き過ぎにも注意が必要

舌磨きの注意点!

口臭や舌苔の予防に効果的な舌磨き。けれども磨きすぎは、時として味覚障害や口臭悪化などの症状を引き起こすこともあり、注意が必要です。

1日に何度も舌を磨いていると、ベロの表面にある味覚センサー(味蕾)がダメージを受け、正常な味覚が認識できなくなることがあるのです。

また頻繁に舌を磨くことによって、口腔内の粘膜が過敏になってしまい、過度の乾燥を引き起こすことがあります。

乾いた空気は細菌がとても喜ぶ、活動しやすい環境です。

口臭を悪化させないためにも

「ベロ磨きは1日1回起床後に限定すること」

「ゴシゴシ力任せに磨きすぎないこと」

「舌苔を必要以上に取りすぎないこと」

など、適切な舌磨きのやり方を意識することが大切です。

<まとめ>

舌苔は誰にでもあるものですが、異常な量の舌苔は不快な口臭の原因となりますので、毎日の舌磨きを習慣にして取り除きましょう。ただしやり過ぎは禁物です。

また舌磨きだけでなく、歯みがきや歯周病ケアもしっかり行い、細菌を減らすことも口臭予防につながりますので意識したいもの。

セルフケアに加えて、歯科医師によるプロフェッショナルな口腔ケアも舌苔予防に非常に有効。毎日の歯みがき、ベロ磨きに、歯医者さんでの定期検診も習慣にして健康な口腔環境をキープしていきたいものですね。

ちなみに、歯医者さんで行われている歯科衛生士による歯のクリーニング「PMTC」をご存じですか?キレイな歯をキープするなら習慣にしていきたいPMTCについて、くわしくはこちらの記事をご覧下さい。↓↓↓

>>PMTCの手順・効果・料金・保険Q&A