白髪染めの染まり具合をチェックする女性

年をおうごとに増えてくる白髪、とても気になりますよね。

あまりに多くなると白髪染めの利用も考えないといけないですが、実際に使用したところアレルギー症状が出たというケースが問題となっています。

酷い場合には、頭皮がかぶれることもあり、すぐには治らないことから、敏感肌の人にとっては大きな悩みの一つです。

そこで、白髪染めでアレルギー症状が出る理由とそれを防ぐための方法をお伝えしましょう。

白髪染めで頭皮にアレルギー症状(かぶれ)が起こる理由

一度アレルギー症状が出たら、その白髪染めは使えません!

アレルギーの症状は?

白髪染めを使っていると、突然アレルギー症状が発症することがあります。

軽いものであれば、頭皮が赤味を帯びてしまったり、かゆみが出たり、また額や生え際、耳の後ろ、首すじあたりにブツブツがでたりします。

このブツブツは、刺激性接触皮膚炎やアレルギー性接触皮膚炎と呼ばれています。

刺激性接触皮膚炎の場合は、髪の毛などが肌にあたる刺激がもとでブツブツができてしまいますが、アレルギー性接触皮膚炎になると、自分がアレルギーを持っている物質が皮膚に触れることで炎症を起こしブツブツなどの皮膚炎症状が現れます。

これらの症状がひどくなってくると、頭皮の炎症が悪化し、赤く腫れる状態になってきます。

さらに、呼吸器系にアレルギー症状が出ると、呼吸困難になることや、全身に蕁麻疹が広がることもあります。

アレルギー症状(かぶれ)が出る原因は?

それでは、どうして白髪染めを使うとアレルギー症状が出てしまうのでしょうか。

その原因は、酸化染毛剤を使うことにあります。
一般に市販されている酸化染料には、ジアミン系の化学物質が含まれています。

この成分は、白髪染めの色をしっかりと髪に入れるために配合されている成分ですが刺激性がかなり強く、アレルギーを引き起こす原因だと言われています。

検証によると、アレルギー反応を起こした方の実に半数以上が、このジアミン系の化学物質に反応して症状を起こしているという結果が出ており、やはり刺激性が強い点に注意する必要があります。

アレルギー症状の出方は?

では、白髪染めに対するアレルギー症状は、どのようにして出るのでしょうか。

これは、それぞれの体質にもよるのですが、白髪染めを複数回使っていくうちに、アレルギー症状が徐々に出るケースがあります。また、普段白髪染めをしていても問題がなかったのに、ある日突然出るアレルギー症状もあります。

これらの症状の出方は残念ながら個人によって異なります。したがって、今のところ自分は大丈夫だったとしても、いつアレルギーが起こるかわからないので、注意を払っておきましょう。

一度でも症状が出たら二度と白髪染めは使えない理由

市販の白髪染めやヘアカラーを使って、頭皮にかぶれが出るなどのトラブルが起こった場合、その商品の使用は今後控える必要があります。

市販の商品だけでなく、美容室で染めてもらった時も同様です。

それでは、どうして一度でもアレルギー症状が出た場合、二回目以降はその商品を使用してはいけないのでしょうか。

その理由は、アナフィラキシーショックの危険性にあります。

よく、蜂に2回目刺されたときに、重症患者が出てしまうという話を耳にしませんか?

実は、白髪染めに配合されているジアミン系物質も蜂の毒と同様、アナフィラキシーショックを引き起こす原因の一つとして恐れられています。

アナフィラキシーショックとは、自分の体にアレルギー反応があるものを取り入れることで呼吸困難を引き起こし、ひどい場合には命にかかわる事態にまで発展します。

ですので、一度でも白髪染めをして、かゆみやかぶれ、腫れなどのアレルギー症状が出た場合は、皮膚科に相談の上、2回目以降の使用は控えるようにしてくださいね。

アレルギー症状が出た白髪の人はどうすればよい?

ヘアカラートリートメントならかぶれる心配もありません!

ただ、白髪染めの利用を控えるにしても、残っている白髪が目立つため気になりますよね。

そこで活用したいのが、自宅でできるヘアカラートリートメントやヘアマニキュア等の染毛料です。これらはかぶれない白髪染めとして、アレルギーを持っている人に多く使われています。

自宅でヘアカラートリートメントを使う

ヘアカラートリートメントは白髪染めの染料とは異なり、髪の表面をコーティングすることで色が付きます。

そのため、白髪染めでアレルギーが出てしまった人も問題なく使うことができます

ところで、普通のヘアトリートメントとヘアカラートリートメントとの違いはどのような点にあるのでしょうか。

ヘアトリートメントは、髪に潤いを与え保湿するために用いるトリートメントです。
一方、ヘアカラートリートメントとは、普通のトリートメントの効果に加えて、髪に色を付ける効果があります。

使い方もシンプルで、洗髪時にシャンプーの後、水けをきり、髪になじませ10分ほどおいてすすぐだけ。たったこれだけの作業を繰り返すだけで、白髪を染めることができるのです。

しかし、ヘアカラートリートメントを選ぶ際には少し注意が必要です。というのも、着色効果があるため、商品によっては手や浴室などに色が染み付く可能性があるからです。

したがって、商品を選ぶ際は、天然染料使用のものを選ぶようにしましょう。

管理人が試してみたいと思った天然染料使用のヘアカラーをご紹介します。

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

タカラバイオと共同開発のルプルプは「フコイダンの保湿力」と「植物由来の天然染料」で頭皮と髪にやさしいのに、かなりしっかり染まると評判のトリートメント。無添加・低アルコールで、素手で安心して使えるのもメリット。

更に、LPLPヘアカラーは髪の修復に良い「フコイダン」配合、美容成分94%のトリートメントなので、自然にカラーしながらも髪は傷みにくいのも特徴。

無添加でアレルギー・パッチテスト済みなので、敏感肌の方も安心して使用できるヘアカラートリートメントになっています。

ツルツル、サラサラになります。私は1日でもわりと染まり易いけど2日続けるとなおバッチリです。もちろん毛染めのように きしみません!チューブも押しやすくてお手軽に使えるのと、ブラウンの赤みが強くないのもお気に入りです。

美容院は3ヶ月に一度になり、助かりました~♪

初めて使ったけど、しっかりと色が綺麗に入りました!

3日後、もう一度使いました。
それ以降は、特に白髪が目立つこともなく、、
現在は1週間に一度のペースで大丈夫です。

地肌のかゆみもなく、洗面所、手についたカラーもすぐ落ちます。

簡単なのにキレイに染まる!美容成分94%のトリートメント!
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

無添加・ノンシリコンのマニキュアタイプ。天然利尻昆布の保水フコダイン、保湿アルギン酸等が髪と頭皮にうるおいを与え、2つのカラー成分がしっかりと発色&染色してくれるカラートリートメント。

ジアミン系色素、タール系色素不使用をはじめ、無添加にもこだわった敏感肌にも嬉しい使い心地で、既にシリーズ累計1700万本を突破しています。

嫌なニオイや刺激が無く、白髪が染まるだけでなく、髪にツヤ、ハリも戻るのが人気の秘密。

髪の量が多くて、毛質も硬め、でも利尻ヘアカラートリートメントはきちんと染まりました!染まりにくい人は、少し長めに時間をおくと良いと思います。

なにより、においがまったくないのがうれしいです。
お風呂場ににおいがこもらないので、家族からの評判もよかったです。

敏感肌ですが、無添加だからかヒリヒリしなくておすすめです

通常のヘアカラー剤独特のツン!としたニオイが全くなく、海の爽やかな香り。
なので、バスルームの密室で使っても大丈夫。

いかにも「染め立て!」みたいな、くっきり・はっきりとした染まり方ではなく、極自然な感じで染まってキレイ。

ヘアサロンでのヘアカラー後に生えてきた、根元の黒髪も染まるので、境目が目立たなくなります。

白髪染めとトリートメントが同時に叶うヘアマニキュアのロングセラー!
>>>利尻ヘアカラートリートメント

非ジアミン系白髪染め(ヘアカラー)を使う

また、白髪染めの中でも非ジアミン系白髪染め(ヘアカラー)を用いるのもおすすめです。

オハグロ式ヘアカラーとも呼ばれている白髪染めで、アレルギーを引き起こしやすい酸化染料を使っていないのが特徴です。

市販されている商品としては、マロンマインドカラー(シュワルツコフ ヘンケルから販売)や、皮膚科処方のナチュリエヘアカラーN(アクセーヌ)などがあります。

ジアミンフリーなら頭皮に薬剤がついても大丈夫なので、根元からしっかり染められるのもポイント。非ジアミン系白髪染めやヘアカラーを取り扱っているヘアサロンもありますので探して行ってみるのもいいと思います。

自宅で染めるより、ずっとキレイにやってもらえますから、ジアミンアレルギーで美容室でのカラーをあきらめていた人にお勧め
です。

美容院でヘアマニキュアしてもらう

美容院で白髪染めではなく、ヘアマニキュアをしてもらうのも良いでしょう。ヘアマニキュアは白髪染めとは違って、髪表面に色素をコーティングする為、髪が傷みにくいのが特徴です。

ただ、髪はつややかになりますが、マニキュアは色もちが悪く、白髪が染まりにくいというデメリットがあります。

また、アレルギーとなる原因物質が配合されていない為、パッチテストの義務もありませんが、マニキュアの染料は刺激の強いタール色素の為、刺激性のかぶれを引き起こす可能性がありますので、地肌や手などにつかないように注意が必要です。

<まとめ>

生えてくる白髪はとっても邪魔な存在ですよね。白髪染めが使えなくても、ヘアカラートリートメントやヘアマニキュアを使って染める方法もあるので、ぜひ、活用してくださいね。