白髪を減らしたいなら食べ物にも注意が必要。

白髪で悩む人が多いのは、見た目年齢をかなり引き上げるから。
また白髪は他人からよく見える、老化ポイントでもあります。

白髪は早い人で20代から増えてきますが、増えてからではなく少ない時期からの対策が効果的。この記事では白髪の原因や有効な対策をご紹介していきますので、是非お役立てください。

白髪が増える原因は?

白髪は遺伝する?

私達の毛髪、実は最初から黒髪ではなく、白髪なのです。色素細胞が生成したメラニン色素を使って、毛母細胞が黒髪を作り出しています。

白髪は何らかの理由で、この色素細胞でこのメラニン色素が作られなくなったために、髪の毛から色が抜けてしまった状態です。

このように髪の毛が白髪になる仕組みはわかっていますが、なぜ色素が作られなくなるのか等「白髪になる原因」については、まだはっきりと解明されていません。

ただ、いくつか考えられる要因があります。

  1. 遺伝によるもの
  2. 加齢によるもの
  3. 生活環境などストレスによるもの
  4. ダイエットやタバコによる栄養不足によるもの
  5. 月経・出産・閉経等ホルモンバランスや出血によるもの

遺伝や加齢はどうすることもできないとはいえ、生活習慣で白髪を予防できる、または改善できることもあります。

また、白髪を予防する為には、髪の発毛や色素に関わる細胞生成に深く関わっている「バルジ領域」という部分を健康に保つことも大切です。

その為には血液循環の流れを良くして、栄養素を頭皮まで行き渡らせることが重要とされています。

白髪になる原因は特定されていませんが、白髪の要因をできる限り減らしたり、バルジ領域を守る為に良いことを実践すれば、白髪を少しでも少なくできると考えられているのです。

白髪を減らす方法

白髪を虫眼鏡でチェック

では白髪を減らす具体的な方法をみていきましょう。

白髪予防に取り入れたい栄養素を含む食べ物

白髪を予防する為に意識して取りたい栄養素や食べ物をご紹介します。特にダイエットを繰り返す人は栄養が不足しがちで、毛髪に影響を与えることがあるので、注意が必要です。

タンパク質

ダイエット中にタンパク質を控えると、血液となる栄養分が足りなくなります。
またタンパク質は髪の主成分でもあるので、不足することでツヤも失われてしまいます。

タンパク質豊富な肉・魚・大豆・卵などを意識的に摂ることが大切です。

ビタミンACE(エース)

ビタミンA,C,Eは活性酸素の抑制や血液循環の流れを良くし、一緒に摂取することで相乗効果が得られるビタミンです。

  • ビタミンAを多く含む豚レバー、鶏レバー、アンコウ肝、ウナギなどの動物性食品のほかに、体内でビタミンAに変化するβーカロテンを含むモロヘイヤやにんじん、カボチャ、ほうれん草などから摂ることができます。

  • ビタミンEはアーモンド・落花生・ヘーゼルナットなどのナッツ類、種実から摂った植物油、たらこ、さけ、ハマチ、ウナギなどの魚介類、かぼちゃ、ニラ、ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。

  • ビタミンCは赤ビーマン、黄ビーマン、ブロッコリー、モロヘイヤ、カリフラワーなどの野菜やレモン、キウイ、いちご、柿などの果物、サツマイモ、じゃがいもなどのイモ類などに多く含まれています

チロシン

髪を黒くするメラニン色素の原料はチロシンと呼ばれるアミノ酸の一種です。
このチロシンがメラニン色素を生成する為には、酸化酵素のチロシナーゼがなくてはなりません。このチロセナーゼとは銅に含まれる栄養素です。

チロシンは肉類、乳製品、卵、大豆などに含まれ、銅はラバーやごま、大豆製品に含まれます。

亜鉛

亜鉛は抗酸化作用が強く免疫力を高めることでも知られていますが、髪を作るためにも必要な成分です。亜鉛は牡蠣や肉、卵に多く含まれます。

運動を取り入れましょう

いくらバランスの良い食事をしていても、運動をしなければ血行はよくなりません。

年齢を重ねるごとに代謝も落ちていくので、軽いウォーキングを取り入れるなど、少しずつでも運動量を増やすことが大切です。

サプリメントの活用

サプリメントを白髪対策に取り入れる時は、白髪に良い銅・亜鉛・ビタミンCなど1つの成分に特化したサプリメントを補給するのではなく、髪に良い成分をバランスよく配合のサプリメントを取り入れましょう。

例えば、銅だけ摂取しても、チロシンがないのでは白髪対策が期待できません。
この様な理由から髪のために考えられたサプリメントがオススメです。

白髪専用のサプリメントをご紹介しますね。

ブラックサプリEX

ブラックサプリEX

再生医療を実際に行っている毛髪診察医監修の白髪対策サプリ。

黒ゴマや亜鉛、ビオチンをはじめ、薄毛対策薬「パントガールの主成分でもあるパントテン酸Ca」など、医師が選びぬいた9種類の成分をバランス良く配合しています。

白髪だけでなく、薄毛や抜け毛対策にもなる、コスパにも優れたサプリと言えるでしょう。

3ヶ月服用した結果、徐々に部分的に髪の根元が黒く成ってきた。毛染めなどと比べ髪を傷めず健康的で愛用したいと思います。

飲み続けて6か月以上が経過しました。3か月経過した頃よりも根元が黒くなっている本数が確実に増えていると思います。以前は半信半疑でしたが、このまま続けていきたいと本当に思えるようになってきました。

ちょうど2本目をのみはじめて数日たち、久しぶりに白髪を抜こうと鏡に向かったら、ない!あんなに目立ち始めていた白髪が、探しても探しても、2-3本しかみつからない!

にわかには信じがたかったので、自分では見えない後頭部の髪をかきあげて、夫に確認してもらいました。夫も驚いて「染めたの?!染めただろ!」と連呼してました。

白髪が数本あるけど、以前に比べたら格段に減っているそうです。そして私の髪はもともと茶色がかっていたのですが、それが黒くなってきているそうです。

毛髪診察医監修の「白髪と薄毛」同時対応サプリ!
>>>ブラックサプリEXの詳細はこちら

黒フサ習慣(ブラックマックスS)

黒フサ習慣(ブラックサプリS)

黒髪に必要な「チロシン」「シスチン」等の有用成分を1粒に300㎎も配合。更に黒豆・黒米・黒胡麻・黒カリン・黒松の実・黒胡椒・黒にんにく等、7種類以上の黒い色素やポリフェノールを含んだ食材をたっぷり配合した贅沢なサプリメントです。

カラダの内側から「黒」の栄養素を取り入れる!
>>>黒フサ習慣の詳細はこちら

ミレットアップ

ミレットアップ

特許出願中の珍しいドリンクタイプの白髪対策サプリ。ドリンクは錠剤より栄養吸収率が約5倍!黒髪をサポートする成分を確実に吸収できるはず。

天然牡蠣の凝縮エキス(すっぽんの8倍の亜鉛)、もずくの16倍高濃度エキス、美肌ビタミンのビオンチン、ミレットエキス、コラーゲンなどの白髪予防の有効成分を組み合わせて相乗効果を狙います。

白髪が減った、目立たなくなったという声も多く、白髪予防効果が期待できそう。

体の内側から黒髪を育てる!30日間返金保証付
>>>ミレットアップの詳細はこちら

黒ツヤソフト

黒ツヤソフト

著明な和漢の専門家と共同開発、効果と味にこだわって成分を厳選し、約2年間の開発期間を費やしたオリジナル配合の白髪対策サプリです。

チロシンをはじめ、19種類のアミノ酸&27種類のミネラルを含有する和漢素材、楊貴妃も黒髪の為に愛飲したとされる希少な黒ツヤ成分「アキョウ」が配合されている点が最大の特徴です。

白髪だけでなく、髪のハリコシ艶にも効果が期待される顧客満足度93%のロングセラーです。

完全無添加!「アキョウ」配合で黒髪を育てる!
>>>黒ツヤソフト

紫外線対策

紫外線により頭皮がダメージを受けると、メラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞に傷がついてしまい、メラニン色素が作られなくなり白髪の原因となります。

顔や首、体などの紫外線対策は気にしていても、頭皮は無防備な人が多くいます。
日傘や帽子等で頭皮への直射日光を避けることが大切です。

ヘアカラートリートメントを使う

白髪を根本的に減らす方法ではありませんが、白髪を目立たなくするヘアカラートリートメントもおすすめの白髪対策の一つ。

髪表面に着色するヘアマニキュアタイプなら、地肌が敏感な人でも安心して使えます。

LPLP ヘアカラートリートメント

LPLP

頭皮にも髪にもやさしい、植物由来の天然色素を使っているので、負担なく髪をキレイに染めることが可能です。乾いた髪にも、シャンプー後のトリートメントしても、使えます。

白髪交じりの髪は老けて見える原因の一つ。カラートリートメントで白髪をカバーしながら、他の白髪対策も取り入れていくのがおすすめの方法です。

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

睡眠

加齢により、成長ホルモンの分泌は減少します。この成長ホルモンは就寝後3時間でしっかり分泌されますから良質な睡眠を大切にして下さい。

最低でも6時間、できれば8時間の睡眠を意識しましょう。

頭皮ケア

頭皮にあまり刺激を与えないことも大切です。髪を洗う際に、爪を立てず、オーガニック系やアミノ酸系の低刺激シャンプージャンプー・トリートメントを使うことをおすすめします。

また血行促進の為に、頭皮マッサージも習慣にしていきましょう。
シャンプーの際に指の腹で優しくマッサージすると効果的。

シリコン素材のヘッドマッサージ用ブラシも気持ちがいいので管理人は愛用中です。
余裕があればヘアサロンのヘッドスパを利用してみてもいいと思います。

ストレスをためない

ストレス社会と言われる現代で、なかなか難しいのですが、ストレスを感じると体に活性酸素が発生します。

活性酸素を減らすことは白髪予防の必須事項。自分なりのストレス発散方法を探し、上手にストレスとつきあっていきましょう。

禁煙

タバコは活性酸素を生み出す大きな原因。また喫煙は体のDNAを傷つけます。
禁煙がストレスになっては本末転倒ですが、白髪の為には禁煙がおすすめです。

白髪は抜いてもよいの?

白髪は抜くと増えることはありませんが、白髪を抜くことで毛根を傷めてしまい、何度も何度も繰り返すことで、そこから毛が生えなくなることが考えられます。

ただ、抜いても生えてくる髪の毛は白髪なので、抜くことが適切な対処法とはいえません。本数が少ないのであれば、根元から切って目立たなくするのがお勧め。

湯シャン

湯シャンという言葉を聞いたことはありますか?シャンプーは使わずに、お湯だけで頭皮の汚れを落とす、地肌に優しい洗髪です。芸能人でもタモリさんや福山雅治さんが湯シャンを取り入れていることは有名ですね。

湯シャンの手順とは

  1. 髪を洗う前にブラッシングをしっかりと行い、頭皮から汚れを浮かせる。
  2. 35度程度のぬるま湯をシャワーで頭皮を指の腹でマッサージしながら頭皮を洗う。
  3. リンスにはお酢を薄めて使う。

髪を洗うというよりも、地肌を洗うイメージです。

頭皮の脂を洗い流さないと、毛穴がつまり頭皮の血行にも良くないのですが、毎日シャンプーで頭を洗うことは、皮脂を取りすぎている状態です。

シャンプーで毎日頭を洗うと、日々頭皮を乾燥させているため、その乾燥から守るために皮脂は常に過剰分泌となってしまいます。

湯シャンをしてもすぐには頭皮の皮脂分泌が変わらないので、最初はベタつきを感じるかもしれませんが、2週間~1ヶ月程度継続すると、皮脂の分泌も抑えられていきます。

乾燥した頭皮よりも、潤いの保たれた健康な頭皮の方が健康な髪が作られ、白髪予防にもなります。毎日は難しくても、週末だけ、1日おきなど、出来る範囲で実践してみてはいかがでしょう。

<まとめ>

いかがでしたか。白髪は見た目年齢を大きく下げますから、なんとか予防していきたいもの。毎日の生活を見直し、サプリメントやカラーリングも活用しながら、髪の毛を健康に保っていきましょう。