皮膚科にすすめられたシミ取り効果の高い薬

シミに効く飲み薬が市販されているのをご存じでしょうか。

「シミが濃くなってきた気がする」

「シミの数が増えてきたみたい」

そんな悩みをお持ちの方は、気軽に買える市販の飲み薬を試してみてはいかがでしょうか。

シミを消す注目の飲み薬の種類や成分、選び方のポイント等をご紹介しますので参考にして下さい。

シミに効く飲み薬のメリット

シミが薄くなった!

シミに効く薬には、塗り薬と飲み薬の2種類があります。塗り薬は特定の部位のシミだけを消したいというときに効果的ですが、刺激が強いものも多く、副作用の心配もあります。

一方、飲み薬の場合は、体内に成分が吸収されるため全身のシミに同時に効果を発揮します。

その分特定の部位への即効性は見込めませんが、長期間飲み続けることでシミができにくい体を作ることができます。

塗り薬と比べると副作用も少なく、皮膚科やドラッグストアで手に入れやすいのも魅力です。

シミに効く飲み薬の選び方

シミに効く様々な種類の薬

飲み薬を選ぶ際には、何を基準に選べばよいのでしょうか。自分のシミに効く飲み薬を選ぶ為のポイントをご紹介します。

有効成分で選ぶ

L-システイン

ハイチオールともいい、美白成分として有名なアミノ酸の一種です。
シミの原因となるメラニン色素の排出を促し、新しい皮膚が作られるのをサポートします。

ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果で、より一層の美白効果が期待されます。

ビタミンC

アスコルビン酸やシナールとも呼ばれ、メラニン色素の排出を促すだけでなく、生成を抑える働きもありダブルの作用でシミに効果を発揮します。

鉄、たんぱく質と共にコラーゲンの材料となり、美白&美肌には欠かせない成分です。
水溶性であり、余分に摂りすぎても体外に排出されるので安心です。

ビタミンE

抗酸化作用が強く、メラニン色素を作り出す元となる活性酸素を抑えます。

血流改善効果にすぐれ、全身の新陳代謝を活性化、肌トラブルを改善、美肌効果も期待されている成分です。ビタミンCと一緒に摂ることでさらに効果が高まります。

トラネキサム酸

アミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果・止血効果のある成分。

1979年にシミの一種である肝斑の改善効果が報告されたことをきっかけに、トランサミンなどの名前で肝斑の治療によく使われるようになった薬です。

メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑え、生成されにくくします。

配合量で選ぶ

1錠にどれぐらいの成分を含むのか、1日に必要な成分の何割を摂取できるのかなど、有効成分の配合量をチェックしましょう。

例えば、ビタミンCであれば1日に1,000mg~2,000㎎、L-システインであれば15㎎~250㎎が摂取量の目安となります。

価格で選ぶ

シミに効く飲み薬は、サプリメントなどと違い医薬品です。
そのため、一定以上の値段がするのが普通です。インターネット上で価格比較をしたり、ドラッグストアごとに値段を調べたりしてもいいでしょう。

また、薬によってはほぼ同じ成分内容で、違う名前で売られていることがあります。売り場にある飲み薬の成分配合表をチェックし、より濃度が高くてより安いものを探してみてください。

飲みやすさで選ぶ

1日に何度も飲まなければならなかったり、価格が高すぎたりなど、飲みにくさは続けにくさにもつながります。長く続けるためには飲みやすさが大切なのです。

飲み薬といっても、錠剤タイプや粉末タイプ、大きさ・味にはさまざまな種類があります。
自分が飲みやすいタイプのものを選びましょう。

安全性で選ぶ

医薬品を選ぶ際は、安全性も重要です。実績があって信頼できる製薬会社のものを選ぶようにしましょう。

シミに効く人気の飲み薬を比較

シミ取り効果が期待できる人気の医薬品の配合成分や価格、1日のコスパなどを比較してみましたので参考にして下さい。

シミを消す人気の飲み薬(ロスミンローヤル・キミエホワイトプラス・ハイチオ-ルCホワイティア・トランシ-ノホワイトC・ハイシーホワイト2)の配合成分(ビタミンC・Lシステイン)、内容量、服用回数、対象年齢、価格、1日当たりのコスパなどを比較した表

※価格は税抜。

シミに効く有効成分でもある、ビタミンC(アスコルビン酸)とLシステインが全ての製品に配合されています。その他の成分は製品によって異なり、それが特徴のひとつとなっています。

<ビタミンCとLシステイン以外の配合成分>

ロスミンローヤル パントテン酸カルシウム15㎎・9種類の生薬
ホワイピュア コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)50mg・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)12mg ・リボフラビン(ビタミンB2)6mg
ハイチオールCホワイティア パントテン酸カルシウム30㎎
トランシーノホワイトC コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)50mg・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)12mg ・リボフラビン(ビタミンB2)6mg
ハイシーホワイト2 d-α-トコフェロールコハク酸エステル50mg・パントテン酸カルシウム30mg ・リボフラビン(ビタミンB2) 12mg

上記の内容を比較検討して、シミに効くおすすめの飲み薬を選びました。

小じわも同時に改善できる!
ロスミンローヤル

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルを選ぶ理由は国内で唯一「シミ」だけではなく「小ジワ」にも効く医薬品であること。13種類もの有効成分と生薬成分9種類が肌のダメージを回復させ、紫外線などのトラブルから肌を守る働きもしてくれます。

女性医師への調査で97.6%が飲み続けたいと回答したことも、製品への高い信頼の証ですね。

シミの飲み薬はある程度の期間飲み続ける必要があるから、せっかくならシミ対策と同時に小ジワ対策も出来るのはかなりのメリットだと思います。

「シミ」だけじゃない!国内唯一「小じわ」にも効くただ一つの医薬品
>>ロスミンローヤル(しみ、小じわ)の詳細はこちら

 

ビタミンC高配合&コスパがいい!
ホワイピュア

ホワイピュア

ホワイピュアはトランシーノホワイトC同様、ビタミンC1000㎎と高配合、さらにメラニン排出をサポートとするビタミンEも配合されている点がおすすめポイント。加えて、コスパにすぐれてるのも魅力です。

ビタミンCの美白効果とLシステイン&ビタミンEのメラニン生成抑制、排出促進に期待です。

メラニン生成を抑え、黒色メラニン無色化へ!
>>ホワイピュアの詳細はこちら

シミの種類にはどんなものがある?

皮膚科の医師

飲み薬によるセルフケアで改善が期待できるシミには、いくつかの種類があり、基本的に紫外線が強くなる季節に色が濃くなり、痛みやかゆみを伴わず、盛り上がっていないタイプとなります。シミの種類についてもう少し細かく見ていきましょう。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

40代以上では全ての人にあらわれるとされる紫外線が原因のシミ。境界線がはっきりしているのが特徴で、顔だけでなく、デコルテ、手の甲といった日光を浴びる部分に出てきます。

ハッキリと定着しているものにはレーザー治療が有効です。

色素沈着

いわゆるニキビ跡ややけどのあとなど、皮膚が炎症・かぶれを起こしたあとに残ったものです。虫さされのあとや下着の擦れ・ムダ毛処理のあとで黒ずんだ皮膚も色素沈着の一種です。

ターンオーバーを繰り返し時間の経過とともにだんだんと薄くなりますが、加齢と共にそのスピードは鈍化。紫外線を多く浴びると色が濃くなることもあります。

肝斑(かんぱん)

30代~の女性の頬骨の周囲にに左右対称に出てくるもやっとしたシミ。

妊娠、HRT(ホルモン補充療法)、避妊用ピル等で発生することもあり、女性ホルモンとの関わりが指摘されていますが、マッサージ等の過度な刺激、ストレスによるホルモンバランスの崩れで悪化する場合もあります。

そばかす

雀卵斑とも呼ばれ、小さな丸みのある斑点が、頬や鼻のまわり・目の下にできます。

そばかすはほとんどが遺伝性で、幼少期から発症しますが、中には紫外線や肌への物理的な刺激、化粧品に影響等で後天的にできる人もいます。

上記のシミは薬で完全に消すことは難しいのですが、薄くする、目立たなくすること、又新しく作らないことは十分に可能です。

シミに効く飲み薬Q & A

シミを消す飲み薬を購入する前に感じた疑問点をリストアップ

シミに効く飲み薬のよくある疑問点についてまとめてみました。

副作用はないの?

飲み薬に副作用はないのでしょうか?配合されている成分ごとに調べてみました。

ビタミンC

ビタミンCは体内に溜めることができない成分の為、過剰摂取すると尿で排出されるのでそれほど心配はありません。ただし、一回の摂取量が多すぎると、肝臓に負担がかかったり、下痢しやすくなる、吐き気を感じることもある為、一度にたくさん摂るのではなく、量も回数も分けて摂取するのがおすすめです。

ちなみに、厚生労働省による、ビタミンCの必要摂取量は成人男女ともに100㎎(ただし、妊婦は110㎎、授乳婦は140㎎)ですが、十分量は目的によって異なります。

健康維持目的であれば800㎎以上、美容目的は1000㎎以上とされています。

Lシステイン

Lシステインも体内に留めることができない為、過剰摂取量は排出され、副作用は殆どないとされています。ただし、ビタミンC同様に、一度の摂取量が多すぎれば下痢や吐き気などが起きることがあるので注意しましょう。

また白髪が増えるという意見をよく見かけますが、因果関係は証明されていないようです。
服用している主な世代が白髪が出始める世代と重なっていることもこういった意見に関係ありそです。

妊婦、授乳婦が飲んでもいいの?

この記事で紹介しているサプリメントの殆どが栄養補給目的で妊婦や授乳婦が飲んで構わないとしており、服用は可能です。

ただし、妊娠中・授乳中は薬やサプリを自己判断で飲むことがないよう、主治医や薬剤師に事前相談するべきでしょう。

肝斑に効くの?

肝斑に有効な成分はトラネキサム酸なので、ビタミンCとLシステインだけでは改善が期待できません。肝斑改善目的の飲み薬はトラネキサム酸配合のものを選びましょう。

飲むタイミングは?

パッケージや説明書に書かれている通りに服用します。特に胃が弱い人はなるべく食後30分程度に飲むのがおすすめです。空腹時に飲むと胃を荒らすことがあるので避けましょう。

効果を実感するまでにどれくらい時間が必要?

一般的に肌のターンオーバーのサイクルは約28日ですので、1ヶ月飲み続けた頃から効果を体感できる人が増えてくるようです。

とはいえ、ターンオーバーのサイクルは乱れがちですので実際のところはもう少し時間がかかる人が多いでしょう。

医薬品の定義について

薬Q&A

シミに効く飲み薬を使うなら、医薬品であるかどうかをチェックする必要があります。

美白効果をうたっているサプリメントはあくまで食品の一種ですが、医薬品は厚生労働省の認可を受けており、一定の効果があると認められているからです。

医薬品は、

  • 処方薬(病院で医師が患者の症状に応じて処方する薬)
  • OTC医薬品(処方箋不要で購入が可能な薬)

に大別されます。

私達が薬局やドラッグストアで購入できるOTC医薬品は更に成分の安全性、副作用、使用方法等によって2種類に分類され、販売条件が異なっています。

要指導医薬品

薬の購入者が薬剤師に情報を提供し、さらに薬剤師が薬についての説明を行わなければならない医薬品です。これまでは病院に行かなければ処方されなかったようなタイプの薬であり、インターネット販売はされていません。

一般用医薬品

成分の種類や副作用、使用方法等により次の3つに分類されています。

第1類医薬品

「副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要する医薬品」と定義されています。

薬局やドラッグストアでは、書面による情報提供と供に薬剤師からの販売が義務づけられています。

第2類医薬品

「副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの」と定義されています。

風邪薬や鎮痛剤など、日常生活でも広く使われている薬がここに該当します。

第3類医薬品

第1類・2類以外の一般的な医薬品です。シミに効く市販の飲み薬はここに該当します。

<まとめ>

シミに効く飲み薬には即効性は期待できませんが、継続して飲むことで、いまあるシミを薄く、これからできるシミを予防する働きがあります。

シミに効く有効成分である、ビタミンC、Lシステイン、ビタミンE等の配合量を目安に選び、最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月飲んで変化を確認してみましょう。シミ消しには根気が必要です。

又、塗り薬と併用すれば更に美白効果が期待できます。

>>>シミに効果的な塗り薬についてはこちらの記事でご紹介しています