海のUVケアはサンスクリーン剤+日焼け止めサプリが常識!

飲めば紫外線対策になる話題の「飲む日焼け止め」ですが、

「本当に効果があるの…?」

「どんなメリットがあるの?」

「塗る日焼け止めとの違いは?」

「サプリを飲めば日焼け止めはいらない?」

「何を基準に選べばいいの…?」

などと疑問に思ってる人も多いはず。

そこで、日焼け止め効果のある有効成分の配合量やコスパ、配合美容成分等、誰もが気になるポイントで比較して「飲む日焼け止めサプリ」をランキング形式でご紹介します。

今年は飲む日焼け止めを使ってみたいと迷ってる方、是非参考にしてみてください。

日焼け止めサプリの選び方のポイント

日焼け止めサプリで体の内側からも日焼け対策!

「飲む日焼け止め」というサプリメントは何種類も販売されていますが、よく調べてみると有効成分量の明記が無い商品も多く、本当に効果があるのか疑問になります。

そこで、飲む日焼け止めを選ぶ際に見るべきポイント

  • どんなシーンで日焼けを防止したいのか?
  • 推奨量の有効成分が配合されているのか?

この2つを考慮し、商品を厳選しました。

その前に、簡単に、なぜこの2つのポイントなのか、説明しておきますね。

まず、現在、日本で購入できる飲む日焼け止めに配合されている成分の中で、その日焼け止め効果がきちんと証明されている特許成分は、

  • ニュートロックスサン
  • フェーンブロック

の2種類です。この2種類を頭に入れておいてください。

どんなシーンで日焼け予防したいのか?

日焼け止め効果を期待するシーンは大きく分けると2つあります。

 長期間のUVケアならニュートロックスサン

紫外線対策は1日も欠かさず美肌をキープしています!

  • 紫外線が強い春先から初秋に紫外線対策を強化したい!
  • 日常生活で浴びてしまう紫外線から肌を守り、一年中美白をキープしたい!

そんな方にはニュートロックスサンがおすすめ。

ニュートロックスサンは効果が1日中継続するので、飲み足す必要はありませんが、効果がしっかり出始める迄に毎日飲んでも2~3ヶ月程度かかります

効果を期待する季節の2~3ヶ月前から飲み始めなければなりませんが、効いてくれば1日1回の摂取で、一日中紫外線対策ができるようになります。

またニュートロックスサンは日焼け後にシミやしわを作るUVAによるダメージにも効果があるので、毎日飲み続けることが美肌対策にもつながります。

 強い紫外線を浴びる特定の日の紫外線対策ならフェーンブロック

日差しの強い海では塗る+飲む日焼け止めが必須です!

  • 海水浴やプール、バーベキュー、運動会
  • 紫外線の強い日の長時間の外出

などで、強い紫外線を浴びるある特定の日時だけ日焼け対策をしたい場合は、フェーンブロックがおすすめ。

フェーンブロックは飲んで30分程度で効果が出始めます。ただし、4~6時間程度しか効果が持続しませんので、スケジュールによっては効果が途切れないように飲み足す必要があります。

有効成分の配合量をチェックして選ぶ

飲む日焼け止めを使いたいシーンが決まったら、次は有効成分の配合量をチェックします。

ニュートロックスサンの推奨摂取量

ニュートロックスサンの1日の推奨摂取量は250㎎と公式サイトに記載されています。

推奨量のニュートロックスサン配合されている証となるマーク

従ってニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めを選ぶなら、配合量がきちんと明記されているものを選びましょう

更に「何粒で250㎎摂取になるのか」を確認してください。製品によっては、1日あたりの目安粒数では250㎎にならないものもありますので、確認が必要です。

もしそういった製品で250㎎のニュートロックスサンを摂取しようとすると、1ヶ月分目安を半月とか、10日で消費することになり、コスパが変わってくるので要注意です。

フェーンブロックの推奨摂取量

フェーンブロックが配合されている飲む日焼け止めはスペインのI.F.Cantabria(カンタブリア)社製造の「ヘリオケア」だけです。

ヘリオケア ウルトラD

日本で購入できるのは公式サイトには公式サイト、アマゾンと書かれていますが、楽天や個人輸入代行サイトでも購入が可能です。

公式サイトには以下のヘリオケアが紹介されています。

  • ヘリオケア ウルトラD
    (1カプセル480㎎配合/30カプセル入/ヨーロッパ圏販売)
  • ヘリオケア ピュアホワイトラディアンスマックス240
    (1カプセル240㎎配合/60カプセル入/アジア圏販売)

  • ヘリオケア アンチオキシダント
    (1カプセル240㎎配合/60カプセル入/アメリカ圏販売)
  • ヘリオケア フォーキッズ
    (子供用/オレンジ味/パウダータイプ/28包)

アジア向けのヘリオケアピュアホワイトはフェーンブロックに加えてL-システイン、ビタミンCなどの美白成分も配合されている為、値段が高めになるのが残念。

ただ、美白サプリを別に買うことを考えれば、出費は同程度になりますし、美白やアンチエイジングもできるのでお得とも言えるでしょう。

またフェーンブロックの推奨配合量については公式サイトに具体的な数字が出ていませんが、配合量は上記の通りですので、おそらく1日480㎎が推奨量ではないか?と推察できます。

即効性はあるけど4~6時間程度しか効果が持続しないフェーンブロックは、外出前に1錠、4~6時間後に外出先でもう1錠飲むと良いのでしょう

飲む日焼け止めおすすめランキング

飲む日焼け止めサプリを有効成分の配合量やコスパで比較してランキング形式でご紹介します。

ではいよいよ、ニュートロックスサンまたはフェーンブロック(またはPLエキス※注1)が配合されている飲む日焼け止めの中から、しっかりと有効成分の配合量や推奨摂取量が明記されている商品を選んでコスパと共にご紹介していきます。

まず上記で説明した通り、

通勤時の美白ケアや一年中のUVケア等、長期間の日焼け対策をしたい方はニュートロックスサン配合サプリを選び、特別な日の日焼け止め効果や即効性を期待するならフェーンブロック(PLエキス)配合サプリを選ぶといいでしょう。

ただ、ニュートロックスサン配合サプリは種類が多く、どれを選べば良いのか迷うのでは。

一方フェーンブロック配合サプリはヘリオケアのみしかありませんし、同様成分とされるPLエキス(注1)配合サプリには有効成分配合量を明記している製品が見つかりませんでした。

このような理由でニュートロックスサン配合サプリは、いくつかの厳選商品をでご紹介していますが、フェーンブロック(PLエキス)配合サプリはヘリオケアのみのご紹介となっています。

今回比較対象にしたのは「2つの成分のどちらかが配合されている」以下の14種類。

「インナーパラソル・ホワイトヴェール・P.O.L.C.・美百花・noUV・雪肌ドロップ・ホワイタス・やかないサプリ・日傘サプリ Nutrox Sun ニュートロックスサン・WHITE’st デイシールド・BLOCK100・ヘリオケアウルトラ ウルトラD・へリオケア ピュアホワイトラディアンスマックス240・ヘリオケア アンチオキシダント」

※注1)フェーンブロックとPLエキスはどちらも「ポリポディウム リュウコトモスエキス」というシダ植物由来の成分です。ただし、「フェーンブロック」はスペインのI.F.Cantabria(カンタブリア)社の特許成分の名称である為、ほぼ同じ成分であっても「フェーンブロック」と名乗れない事情があるのです。

「noUV」や「やかないサプリ」などに配合されているPLエキスにも同様の効果が期待されるので、摂取目安量や配合量が明記されている製品があれば以下で紹介しようと思っていたのですが、現時点で公開されている製品は見つけることができませんでした。この為、以下の製品紹介にPLエキス配合の飲む日焼け止めはランキングに掲載しておりません。

ニュートロックスサンの配合量やコスパで比較しました

推奨量のニュートロックスサンが配合されている証となるマーク

※1日あたりのコストは推奨摂取量(250㎎)を90日間飲み続けた場合で算出しています。

※3ヶ月合計金額には初回限定価格を採用、250㎎/日を90日間飲んだと想定しての金額です。

※価格は全て税抜です。

  1. インナーパラソル16200

    1袋で推奨量を摂れるのはインナーパラソル16200だけ!

    1粒の配合量:ニュートロックスサン125㎎

    1袋の入数:60粒

    メーカー推奨の摂取量:2粒~6粒/日
    (250㎎には2粒必要)

    定価:7000円

    定期初回限定:990円(3回必須)
    2回目以降~:5600円

    3ヶ月合計金額:12190円(3袋分)

    1日あたりのコスト:135円

    (美容成分)
    パインセラ、コプリーノ、ビタミンC、ビタミンP

     

    インナーパラソル16200の特徴

    注目はダントツのニュートロックスサン配合量。1袋で毎日しっかり推奨量の250㎎(2粒)を摂取できるのは、現時点ではインナーパラソル16200だけです。

    その他の美容成分も、コプリーノで光老化抑制効果、特許成分のパインセラで高い保湿効果も期待できます。

    ニュートロックスサンは継続摂取で紫外線対策するサプリメントですから、コスパも大切。
    インナーパラソルは他のサプリと比較して格安な1日135円で続けやすい価格も魅力の一つ。

    春から夏にかけて紫外線対策を強化したい、一年中絶対焼けたくない、そんな方にはイチ押しの飲む日焼け止めサプリです。

    最安値で購入できるのは?

    インナーパラソルは公式サイト、楽天、ヤフーでの取扱いがあります。アマゾンでは販売していません。楽天とヤフーショッピングでは定価販売のみです。

    従って、公式サイトの定期購入コースが初回が安くて一番お得です。

    >>>インナーパラソル16200 for UV

  2. ホワイトヴェール

    豊富な美容成分配合で美容効果も期待大!

    ホワイトヴェール

    1粒の配合量:ニュートロックスサン62.5㎎

    1袋の入数:60粒

    メーカー推奨の摂取量:2粒/日
    (250㎎には4粒必要)

    定価:7000円

    定期初回限定:1630円(2袋)
    2回目以降:~7370円(2袋)
    ※定期コースの回数制限無し。

    3ヶ月合計金額:16370円(2袋×3ヵ月分)

    1日あたりのコスト:182円

    (美容成分)
    ザクロエキス、メロンプラセンタ、ルテイン、クロセチン、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、カリウム、ポリフェノール、リコピン

     

    ホワイトヴェールの特徴

    ホワイトヴェールはニュートロックスサン1日の推奨量250㎎を摂る場合、4粒飲む必要があり、1袋を15日で消費することになります。1ヶ月に2袋消費するため、インナーパラソルに比べるとコスパが良くないのが残念です。

    ただし、公式サイトでも、この点についてはっきりと書かれており、2袋の定期コースでは1袋の定期コースより割引率が高くなっていて、さらに90日間全額返金保障付きで良心的。

    また、ホワイトヴェールには豪華な美容成分が配合されている点も大きな特徴です。

    シミや美肌に効果的なエラグ酸・ビタミンCが豊富なザクロエキス・アミノ酸豊富で美白作用にすぐれるメロンプラセンタ・目の紫外線対策に有効なルテインケルセチン

    等、美肌をキープしたい方には嬉しい成分が豊富です。

    ホワイトヴェールは日焼け予防と同時に美肌対策したい人におすすめの飲むスキンケアサプリと言えます。

    最安値で購入できるのは?

    ホワイトヴェールは公式サイト、楽天、アマゾンで購入が可能です。

    楽天とアマゾンでも割引価格で販売していますが、初回の割引率も、2回目以降の価格も公式サイトが最安値となっています。

    >>>ホワイトヴェール

  3. 美百花

    シミやニキビケア成分も配合!

    美百花

    1粒の配合量:ニュートロックスサン50㎎

    1袋の入数:60粒(初回のみ30粒)

    メーカー推奨の摂取量:2~5粒/日
    (250㎎には5粒必要)

    定価:7980円円

    定期初回限定:500円(4回必須)
    2回目以降~: 5980円

    3ヶ月合計金額:42360円(初回+7袋分)

    1日あたりのコスト:471円

    (美容成分)
    リコピン、フィッシュコラーゲン、オールナチュラル天然マルチビタミンミネラルミックス、AGGコンプレックス

     

    美百花の特徴

    おしゃれなパッケージが目をひく美百花はニュートロックスサンが1粒50㎎。
    配合量をしっかり明記しているのは信頼できますが、インナーパラソル16200やホワイトヴェールに比べると少し物足りない量といえます。

    推奨摂取量である250㎎を摂るとすると、1日5粒必要。1袋60粒入が12日分となり、かなりの出費となってしまうのが難点。美容成分もホワイトヴェールに比べるとやや見劣り感があります。

    最安値で購入できるのは?

    美百花は楽天、アマゾン、ヤフーでは販売していません。現時点では公式サイトでしか購入ができないようです。

    >>>美百花

即効性ならフェーンブロック~コスパのいいヘリオケアは?

特別な日の紫外線対策で即効性を期待するならシダ植物由来のポリポディウムリュウコトモス・エキスしかありませんが、PLエキス配合サプリは配合量がハッキリしていません。

従ってヘリオケア一択となるわけですが、中でもコスパが一番いいのはアンチオキシダントです。

  1. ヘリオケア アンチオキシダント

    元祖飲む日焼け止めは特別の日の紫外線対策に最適!

    ヘリオケア アンチオキシダント

    1粒の配合量:フェーンブロック240㎎

    1袋の入数:60粒

    メーカー推奨の摂取量:2粒(480㎎)

    価格:4000円前後(定期コースなし)

    3ヶ月合計金額:約12000円(3袋分)

    1日あたりのコスト:133円円

     

    ヘリオケアの特徴

    即効性がある飲む日焼け止めの成分、フェーンブロック配合のヘリオケアは、夏のアウトドアや海外リゾート等、特定の期間だけ紫外線対策を強化したい人にぴったり。

    飲む日焼け止めを飲んだことがないけれど、海水浴や子供の運動会、河原でのバーベキュー等1日だけ試してみたいといった方に、ヘリオケアはおすすめです。

    ヘリオケアの公式サイトでは、

    ヨーロッパ向け「ヘリオケア ウルトラD」

    アメリカ向け「ヘリオケア アンチオキシダント」

    アジア向け「ヘリオケア ピュアホワイトラディアンス マックス240」

    が案内されていますが、もっともシンプルなアメリカ向けの「ヘリオケア アンチオキシダント」がコスパに優れていておすすめです。

     

    最安値で購入できるのは?

    ヘリオケア公式サイトではアジア向け「ヘリオケア ピュアホワイトラディアンス マックス240」しか購入できません。

    「ヘリオケア アンチオキシダント」が購入できるのは楽天かヤフーです。

    販売店舗によって価格は異なりますので、比較して最安値店舗で買うのがお得です。 

    >>>ヘリオケアUSA アンチオキシダントを楽天でチェックする

ニュートロックスサンとフェーンブロックを比較

ニュートロックスサンやフェーンブロック配合サプリが日傘サプリと言われる理由は?

ではここで、これまで紹介してきた飲む日焼け止めの有用成分、ニュートロックスサン(NutroxSun)とフェーンブロック(Fernblock)の特徴について詳しく見ていきましょう。

ニュートロックスサン(NutroxSun)とは?

ニュートロックスサンのロゴマーク

ニュートロックスサンは、約10年かけてスペインのMonteloeder S.L社、Nutrafur社、ムルシア大学などが共同開発した、地中海地方で育ったシトラス果実とローズマリーから抽出されたエキスを配合して作った100%天然の成分です。

ニュートロックスサンの効果

ニュートロックスサンには

  • 活性酸素の活動を抑制する強い抗酸化力
  • コラーゲンやエラスチンの破壊を防ぐ
  • 活性酸素によるDNAの損傷を防ぐ
  • 炎症抑制効果があるので、日焼け後に飲んでも効き目がある

等の効果が確認されています。

ニュートロックスサン公式サイトによれば、1日250㎎を毎日継続摂取してもらったところ、約8週間で34.2%、約12週間で56.1%、紫外線に対する保護力(日焼け止め効果)が高まったという結果が出ています。

このことから、ニュートロックスサンは飲み続けることで、効果が高まっていく成分と言ます。

即効性にはやや欠けますが、年中美白を意識している人、季節を通して日焼け対策をしたい人は気づいた時点から継続して飲み続けるのがいいかもしれません。

ニュートロックスサンの副作用

NutroxSun公式サイトには、

ニュートロックスサンには副作用はありません。毒性研究により人体への安全性が保証されています。

と記載されており、今まで副作用の報告はありません。

ただし、

  • 4歳未満の子供
  • 妊婦、授乳中の人

は服用を避けることと、果物アレルギーがある人は服用に注意が必要です。

フェーンブロック(Fernblock)とは?

フェーンブロックのロゴマーク

フェーンブロックは約15年かけて、ハーバード・メディカルスクール皮膚科とスペインのCantabria社が共同開発したもので、中央~南アメリカ大陸に多いシダ植物「ポリポディウムリュウコトモス(polypodium leucotomos)」から抽出される成分(PLエキス)のこと。

ポリポディウムリュウコトモスは紫外線が強烈な地域に繁殖し、腫瘍治療等にも使われてきた歴史があります。

フェーンブロックが配合されている飲む日焼け止めは、「ほんまでっか!?TV」でも紹介され注目を集めた「ヘリオケア」が有名ですが、以前は医療機関で処方してもらうか個人輸入でしか入手できませんでした(現在は楽天やアマゾンで購入できます)。

フェーンブロックの効果

フェーンブロックは

  • 活性酸素を無毒化し、シミ、シワなどの肌老化を抑制する抗酸化作用
  • DNAへのダメージの軽減
  • 免疫防御作用

等の働きによって日焼け予防効果があることが臨床試験で認められています。

フェーンブロックは摂取後約30分程で紫外線に対する効果を発揮。その即効性が魅力ですが、効果の持続が4時間程度と短め。この為、戸外で紫外線を浴びている時は途中で追加して飲む必要が出てきます。

フェーンブロックの副作用

フェーンブロックには重篤な副作用はないようですが、材料であるシダ植物にはアレルギー性がある為、元々アレルギー体質の人の症状を悪化させる可能性があることは否定できません。

心配な方は医師に相談してからの服用をおすすめします。

また、

  • 4歳未満の子供
  • 妊婦・授乳中の人

は服用を避けることと、薬を飲んでいる人は事前に医師に相談することが求められています。

飲む日焼け止めのメリットとは?

日焼けしなかったのは、やっぱり飲む日焼け止めのおかげかも!

2015年に「ほんまでっか!?TV」で取り上げられて話題となった海外産の飲む日焼け止め。その後国内メーカーからも続々と発売され、現在では商品数も増加していますが、実際のところ、飲む日焼け止めのメリットとはどんな点にあるのでしょうか。

体の内側から日焼けを防ぐ効果

飲む日焼け止めは強い抗酸化力で体の内側から日焼けを予防するサプリメント。

紫外線を浴びると体内に発生して、シミ、しわ、たるみ等を引き起こす「活性酸素」を抑制してくれる、抗酸化作用の高い成分が配合されているのが特徴です。

このように、飲む日焼け止めは紫外線を浴びることによって発生する活性酸素を抑制することで、細胞の損傷を防ぐ働きがありますが、塗る日焼け止めのように直接、紫外線自体をカットするものではありません

したがって、体の外側からと内側から紫外線の悪影響を排除して日焼け対策を万全にするためには、塗る日焼け止めとの併用が推奨されています

塗る日焼け止めのデメリットをカバー

言うもの日焼け止めとの併用は必須だと聞いて、飲むだけでいいんじゃないのか、とがっかりするかもしれませんが、飲む日焼け止めには、今までの塗る日焼け止めでは防げなかった日焼け予防効果が期待できます。

例えば、塗る日焼け止めを使う場合には、

  • 顔なら500円玉程度の量を
  • 2~3時間に一度は塗りなおす
  • 頭皮と目には塗れないのでサングラスと帽子が必要です。

等の注意事項がありますが、これを守るのはかなり大変です。

日焼け止めを2~3時間おきに、きっちり塗りなおしている人がどれくらいいるでしょうか。

塗り直さなければ日焼け止め効果は低下していき、紫外線の影響を受けやすくなっていきます。

更に、塗る日焼け止めには

  • 塗りムラが出る…
  • 塗り直しが面倒…
  • 敏感肌の人は肌荒れしやすい…
  • ベタつきが気になる…
  • クレンジングの刺激が強い…
  • 室内で塗るのは面倒…
  • 目から入る紫外線は防げない…

といったデメリットもありますよね。

そこで、飲む日焼け止めのメリットに注目が集まります!

  • 塗り直し不要で、ベタつきもない!
  • 全身カバーでうっかり日焼けを防ぐ!
  • 水に濡れても問題なし!
  • 頭皮&目の紫外線対策ができる!
  • 肌をいためない!
  • ビタミンD生成に必要な紫外線を阻害しない!

などの特徴は日焼け止めクリームの欠点を見事にカバー。

絶対に焼きたくない人にとって飲む日焼け止めは、より万全な紫外線対策ができるようになる心強い味方といえるでしょう。

塗る日焼け止めの必要性

美肌キープには紫外線をカットする日焼け止めが必須!

飲む日焼け止めが体内から紫外線を防御してくれるのであれば、塗る日焼け止めは必要無いのでは?と思うかもしれませんが、残念ながら塗る日焼け止めも併用する必要があります。

そもそも飲む日焼け止めと塗る日焼け止めでは紫外線を防御する方法が異なります。

飲む日焼け止めは、体内に抗酸化作用の高い成分を準備しておき、紫外線を浴びると発生する活性酸素を除去することで体や肌への悪影響を抑えてくれる、すぐれもの。

ただし、紫外線をブロックする効果はありません

一方、塗る日焼け止めは肌の上に紫外線を吸収する又は跳ね返すクリーム等を塗布して、紫外線が肌内部へ侵入しないように防御してくれます。

しかし、こちらも塗る量が足りなかったり、塗りムラ、摩擦・汗などでクリームが落ちる、といった理由で、100%紫外線をブロックすることは難しいといえます。

このように紫外線の影響を避けるアプローチが異なりますが、どちらの方法も完璧に日焼けを防止することはできません。

従って、どちらか一方よりも、両者を併用することで、よりいっそう紫外線に対抗できる肌&体になり、効果が高まるというわけなのです。

<まとめ>

飲む日焼け止めの選び方のポイントについてまとめると、

  • 強い紫外線の下では塗る日焼け止めとの併用が必要。
  • フェーンブロックは即効性、ニュートロックスサンは持続性が特徴。
  • 短期間の日焼け対策ならフェーンブロック、一年中の美白ケアにはニュートロックスサンのサプリがおすすめ。
  • 推奨量の有効成分が摂取できるかどうかを確認して選ぶ。

商品数が増えているからこそ、自分の目的に合わせ、効果が実証されている製品を選びたいもの。飲む日焼け止めを上手に利用すれば太陽の下でも思い切り過ごせそうですね。