メラニン色素沈着は消える?

紫外線の季節が近づくと、シミやそばかすが特に気になり始めますね。

「シミやそばかすをこれ以上増やさない為にはどうすればいい?」

「お肌のメラニン色素を減らす方法が知りたい・・・」

とお悩みの方も多いと思います。

日焼けとの関わりが深いメラニン色素はシミの原因というイメージが強いのですが、実は紫外線を吸収し、お肌を紫外線から守るという重要な役割も果たしているのです。

美白効果を高める為に、メラニン色素の正しい働きを知り、色素沈着を予防しながら、メラニン色素を減らす方法を学んでいきましょう。

メラニン色素とは

表皮のメラニンとメラノサイトの図

メラニン色素の働き

メラニン色素とは表皮最下部の基底層に存在するメラノサイト(メラニン形成細胞)で合成される色素。紫外線などの刺激を受けることで合成され、メラノサイトの樹枝状突起を伝ってケラチノサイト(表皮を構成する主な細胞)へ届けられます。

ケラチノサイトに届いたメラニン色素は肌のバリアとなり、紫外線によるDNAの破壊や、皮膚ガンの発生等の悪影響を防ぐ役割を果たします。

もしメラニン色素がなければ、肌は深層部まで紫外線の影響を受け、水ぶくれやヤケド、皮膚癌などを引き起こすことになるのです。

シミとメラニン色素の関係

このように肌を紫外線から守る働きをしてくれるメラニン色素ですが、その反面、

  • 何らかの理由で過剰に生成され、ターンオーバーで排出しきれなくなる。
  • ターンオーバーのサイクルが加齢等で長期化し、なかなか排出されなくなる。

といった理由でシミの原因となってしまうのです。

メラニン色素が過剰生成される原因

メラノサイトに「メラニン生成」の指令を出す物質に、刺激を与え活性化させる要因には以下のことがあげられます。

  • 紫外線
  • 活性酸素(紫外線、ストレス、飲酒、喫煙、疲労、激しい運動等による)
  • 炎症(日焼け、摩擦、キズ、にきび、女性ホルモンの乱れ、薬品やコスメの刺激等による)

メラニン式の過剰生成を防ぐためにも、できる限りこのような要因を取り除くことが大切です。

ターンオーバーのサイクルが乱れる原因

肌のターンオーバーサイクルの乱れは、加齢や女性ホルモンバランスの崩れが原因で起こります。年齢が若くターンオーバーが正常であれば、メラニン色素もスムーズに排出できますが、加齢に伴い、それが難しくなるということ。

ターンオーバーサイクルをなるべく整える為には、十分な栄養と睡眠、ストレスの上手な解消に加え、適度なピーリングなどが大切。ただしホームケアのやり過ぎは、ターンオーバーを早めてしまい、かえって肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

メラニン色素を増やさない方法

メラニン色素を増やしたくないなら日焼け対策は必須!

紫外線対策

前述の通り、メラニン色素を過剰生成させる要因は色々ありますが、日々の生活で一番気をつけたいのはもっとも身近な紫外線。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、メラニン色素が生成されますが、問題は増え過ぎること。

海や山でなくても紫外線は年中降り注いでいますので、しっかりと紫外線対策をして、活性酸素を発生させずメラニン色素を増やさないことがシミ対策には重要です。

改めて言うまでもありませんが、外出時には、顔や首、腕など露出する部位に日焼け止めを欠かさず、日傘や帽子も使いましょう。

また、お肌とは別に気を付けたいのが、目からの紫外線吸収です。
目には保護機能がないため、紫外線の影響を直接受けてしまいますので、UVカット率の高いサングラスを着用して目を守るようにしましょう。

飲む日焼け止め

近年若い女性を中心に注目を集めている「飲む日焼け止めサプリメント」も有効な紫外線対策になります。

サプリメントには、いろいろな種類がありますが、活性酸素を除去しメラニン生成を抑制する特許成分・ニュートロックスサンやフェーンブロックが配合されたサプリ、またはフェーンブロック同様の効果が期待できるPLエキス配合サプリを選ぶようにしてください。

加えて、強力な抗酸化作用を持つポリフェノールやリコピン、ルテイン、お肌の新陳代謝を助けるビタミンCなどの配合美容成分のチェックもサプリ選びのポイントになります。

飲む日焼け止めはうっかり塗り忘れがちな部位(うなじや頸、手の甲等)や、塗り直しを忘れた時にも心強い対策となります。塗る日焼け止めと併用すれば万全です。

飲む日焼け止めの種類や効果、選び方等は以下の記事↓↓↓を参考に。

塗る+飲む日焼け止めで1年中美肌キープ

飲む日焼け止めで体の内側からも日焼けを防ぐ!

絶対に焼きたくないなら、体の内側からのUVケアも欠かせません!
塗りムラや目の紫外線対策など日焼け止めの欠点をカバーしてくれるサプリは1年中日差しから肌を守ってくれる美肌キープのための必須アイテム!

参考⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング

ソラーゲン

もう一つ気を付けておきたいのが、ソラレンという成分です。ソラレンを含む食材には光毒性があり、紫外線吸収率を高め、メラニン色素を増やしてしまいます。

ソラーゲンを含むレモン、グレープフルーツ、オレンジ等の柑橘類、パセリ、セロリ、ブロッコリー等は直射日光に当たる前に食べるのは避け、出来れば日が暮れてから食べるのが無難です。

増えてしまったメラニン色素を減らす方法

レモンパックでメラニン色素沈着を解消できる?

食べ物でメラニン色素を減らす

一度増えてしまったメラニン色素は、時間の経過とともに減っていきます。しかし、その減少にかかる時間はとても緩やかなものです。

そこで積極的に取り入れたいのが食べ物。活性酸素抑制効果のある食材を取り入れるとお肌のターンオーバーが促進されるので、より速くメラニン色素を減らすことができます。

特にビタミン類はおすすめ。

  • ビタミンC:メラニン色素の生成を抑制する。
    (柑橘類、じゃがいもイチゴなど)

  • ビタミンA:お肌の健康維持、活性酸素を抑制、ハリを保つ
    (レバー、ウナギ、にんじん、カボチャなど)

  • ビタミンE:抗酸化力が高く、血行促進作用で新陳代謝を促進
    (モロヘイヤ、うなぎ、カボチャ、アンコウの肝やたらこなど)

  • Lシステイン:ビタミンCと共に過剰なメラニン生成を抑制、メラニン無色化、メラニン排出サポート。(肉、魚、豆類など)

尚、Lシステインは材料となるメチオニンを摂ることで体内での量を増やすのが効果的。
メチオニンは肉類、青魚、牛乳やチーズ、大豆製品に多く含まれています。

保湿でターンオーバー促進

紫外線でダメージを受けた肌は、水分不足による乾燥が進み、そのまま放置するとターンオーバーにも悪影響を与えます。ターンオーバーを整え、メラニン色素をしっかり排出する為にも、紫外線による日焼け後にはいつも以上に保湿しましょう。

医薬品やサプリメントでメラニン色素を減らす

メラニン色素の排出や生成抑制をサポートする成分を確実に毎日摂取するには、食べ物より医薬品やサプリメントが手軽。ビタミンACE、Lシステイン等が配合されている、第3種類医薬品や、サプリメントは種類も豊富。ドラッグストアやネット通販で購入が可能です。

即日薄くなる効果は期待できませんが、毎日続けることで、お肌の状態が徐々に改善、しつこい色素沈着も薄くしてくれます。

美白化粧品

シミ対策をするのであれば、今話題の美白化粧品は外せません。各メーカーからたくさん商品が出ていますが、美白にこだわるなら、次に説明する成分が配合されているかどうかを購入の目安にしてみてください。

ちなみに、殆どの成分が酵素チロシナーゼの働きを抑制する効果で美白を狙っています。

ハイドロキノン

ハイドロキノンにはメラニン色素を作るチロシナーゼの生成を抑制する働きがあります。

チロシナーゼとは酵素の一種で、初期段階のメラニン(チロシン)を、黒色メラニンへと変え、メラニン色素合成を引き起こしますが、ハイドロキノンはこのチロシナーゼの生成を抑えることで過剰な色素の発生を防いでくれるのです。

もとは漂白剤として医薬品などに配合されていましたが、最近では規制の緩和に伴い市販の化粧品にも用いられるようになりました。ハイドロキノンには、メラニン色素の発生を抑えるだけでなく、色素沈着も薄くする効果があります。

↓↓↓ハイドロキノンの効果については以下の記事でも紹介しています。
>>>「シミを消す塗り薬~ハイドロキノン配合シミ取りクリームの効果は?」

ビタミンC誘導体

ビタミンCにはお肌の新陳代謝を高める効果がありますが、そのまま肌に塗っても浸透していきません。この点、ビタミンC誘導体は分子が小さく、肌の深く迄浸透し、ビタミンCとして効果を発揮します。

↓↓↓ビタミンC誘導体については以下の記事も参考にして下さい。
>>>「ビタミンC誘導体の種類と美肌効果~配合化粧品の上手な使い方は?」

アルブチン

アルブチンは、厚生労働省から認可されている美白成分。酵素チロシナーゼに働きかけ、メラニン色素の合成を阻害することで高い美白効果が期待されています。

プラセンタ

胎盤から抽出されるプラセンタにも、チロシナーゼの働きを抑制する作用があります。
加えて抗炎症作用と活性酸素除去作用もメラニン色素産生を阻害します。

さらに、プラセンタには細胞活性化作用もあり、乱れた肌のターンオーバーサイクルを正常に近づけ、過剰なメラニン色素の排出を助けることでも美白に貢献してくれます。

↓↓↓試したサプリを比較しておすすめ順にランキング!
>>>購入したプラセンタサプリの美肌効果を比較してランキング!

以上、これらの成分が配合されている化粧品には美白効果があるため、メラニン色素対策には欠かせない存在です。今お使いのアイテムにプラスしたり、買い替えの際には是非成分をチェックしてみてください。

<まとめ>

メラニン色素を減らす方法についてお伝えしてきましたが、あなたにとっての効果的な方法は見つかりましたか。まずは、日焼け予防策をして、紫外線を極力避けるようにしましょう。そして、サプリメントや化粧品を取り入れることで、色素沈着を防ぎ、シミ対策も行えます。ぜひ、普段の生活に取り入れて、シミのない肌を目指してくださいね。