目の紫外線対策

太陽の日ざしが強くなってくる春先になると、気になるのが「目からの日焼け」です。

紫外線のケアというと、ついつい顔やボディなど肌へのケアと思われがちですが、目から入ってくる紫外線の量は想像以上に多いもの。

目から入った紫外線は眼病や目の老化のほか、肌のシミをつくる原因ともいわれいますので、サングラスや飲む日焼け止め(サプリメント)などを上手につかって、体の外側と内側から、しっかり紫外線対策することが大切です。

今回は目から日焼けをする理由や気をつけておきたい眼病・おすすめの紫外線対策の方法についてお知らせします。

目から日焼けする理由

目からの紫外線も日焼けの原因に!

目から紫外線が入ると、脳は体を守ろうと防御反応を働かせ、メラニン色素を作り出すメラノサイトにメラニン色素をもっと作るよう、全身に命令を出します

すると命令を受けたメラノサイトが、せっせとメラニン色素を作り出すようになります。

つまり、目から紫外線が入ると、目だけでなく、身体全体に影響が及んでしまうのです。

更に、目から紫外線をあび続けると、長い年月をかけて目に炎症や眼病などの症状が出ると言われていますので、何らかの紫外線対策や紫外線ケアを、早い段階からおこなうことが症状を防ぐポイントになります。

目からの日焼けを防ぐ!サングラスの選び方

目を紫外線から守るサングラス

目から日焼けするのを防ぐ為には紫外線対策が重要となります。おすすめは紫外線をカットする機能性に優れたサングラスをかけること。サングラスの選び方についてご紹介します。

色の薄い、UVカットサングラスを選ぶ

紫外線を効果的に防ぐために、あえて色の濃いサングラスを選んでいませんか。色が濃いサングラスは一見、強力に紫外線をガードしてくれそうに見えますが、実はそうではありません。

色の濃いサングラスを着用すると、瞳がその暗さに慣れようと瞳孔を大きく見開くため、紫外線が瞳の奥に吸収されやすくなります。

そのため効果的に紫外線を防ぎたいときは「色の薄いUVカットサングラスを選ぶこと」がポイントになります。

紫外線透過率が低いサングラスを選ぶ

紫外線透過率とは、そのサングラスがどのくらい紫外線を透過するのか、数値であらわしたものです。紫外線透過率の値が低いほど、目からの日焼けを効果的に防ぐことができます

サングラスを選ぶときには、色の濃さに気をつけるほか「紫外線透過率」に注目しておくことも、大切な瞳を守る予防策につながります。

紫外線(UV)カット率の高いサングラスを選ぶ

どのくらい紫外線(UV)をガードできるか表した数値として「紫外線(UV)カット率」があります。紫外線透過率は低いほど、紫外線を効果的に防ぐことができますが、紫外線(UV)カット率は高いほど、目からの日焼けを効果的にガードすることができます。

サングラスを選ぶときには、カラーや顔にフィットする形状をチェックするほか、これらの科学的な数字もチェックして購入するのが、賢い紫外線対策といえるでしょう。

また、海やスキー場など、特に下から・横からの反射光も強い場所ではゴーグルタイプのサングラスが有効です。

サングラス以外の日焼け対策

日傘で紫外線カット!

メガネを装着しているため、サングラスをかけることができない、普段のファッションにサングラスを取り入れるのが難しい、サングラスが苦手、そんな方にサングラス以外の日焼け対策をご紹介します。

昨今話題の飲む日焼け止め(サプリメント)も体の内側から目からの日焼けをガードしてくれる、優秀な日焼け対策グッズです。

飲む日焼け止め(サプリメント)

海外セレブや国内の芸能人にも人気が高い「飲む日焼け止め」。
サングラスを常にかけていなくても、目からの日焼けを効果的に予防することができます。

一般的な日焼け止めと異なり、一日に何度も塗りなおす手間もなく、シンプルに毎日続けることができるのも、飲む日焼け止め(サプリメント)の人気の理由です。

商品によって用法や用量も異なりますが、水やぬるま湯などで1日1粒~2粒飲むだけ。
苦味もなくほぼ無臭のため、毎日気軽に美白ケアをおこなうことができます。

WHITE VEIL(ホワイトヴェール)

WHITE VEIL(ホワイトヴェール) 

スペインのミギュエル大学が、10年以上の歳月をかけて開発した話題の成分 「ニュートロックスサン(R)」配合、肌老化の原因の8割と言われる光老化対策(防御+抑制)サプリメントです。飲み忘れても帰宅後に飲めば大丈夫なのも心強いですね。

国内GMP認定工場製造の国産なのも安心できます。

>>>ホワイトヴェール

雪肌ドロップ

雪肌ドロップ

雪肌ドロップも「ニュートロックスサン(R)」配合の飲む日焼け止めサプリメント。
システイン含有酵母配合で美白をサポートしてくれるのも魅力です。

こちらもホワイトヴェール同様国内GMP認定工場製造の国産です。

>>>雪肌ドロップ

やかないサプリ

やかないサプリ

強い紫外線を浴びる7日前から飲み始めることで、日焼けしにくい肌をつくり、継続することで日焼けからの回復を早めてくれる「やかないサプリ」。

7日前から飲むのは多少手間ですが、他の飲む日焼け止めサプリと比較してかなりお安いのが魅力的。創業38年のサプリメント専門の開発会社が発売しているのも安心材料です。

>>>やかないサプリ

塗る+飲む日焼け止めで1年中美肌キープ

飲む日焼け止めで体の内側からも日焼けを防ぐ!

絶対に焼きたくないなら、体の内側からのUVケアも欠かせません!
塗りムラや目から入る紫外線対策など日焼け止めの欠点をカバーしてくれるサプリは1年中日差しから肌を守ってくれる美肌のための必需品!

参考⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング

食べ物で紫外線対策

目からの日焼けを防ぐためには、毎日の食事も大切です。
毎日の食生活に取り入れて、しっかり紫外線対策しましょう。

アスタキサンチン

活性酸素が増えるとメラニンの生成が増える為、抗酸化作用の高い食べ物を積極的に食べましょう。抗酸化作用が高い食品として、トマト・ザクロ・カニ・イチゴなどがあります。

なかでもエビやカニ・サケなどの魚介類に多く含まれている天然色素アスタキサンチンは、近年の研究で高い抗酸化力があることで知られています。戸外で過ごす予定の前後の献立に取り入れるのもおすすめです。

鉄分

紫外線を浴びると、活性酸素が発生してメラノサイトが活性化し、メラニンが過剰に生成されることがシミの原因の一つ。

この活性酸素を除去する酵素の一つがカタラーゼ。体内でカタラーゼが十分に生成されていれば、シミやくすみを予防する効果的な日焼け対策になります。

カタラーゼの生成には十分な鉄分が必要となりますので、意識して鉄分補給(ヘム鉄で)を心がけたいもの。カツオ、赤貝、キハダマグロ、鰯、カツオ、レバーなどを食事で積極的に摂っていきましょう。

↓↓↓鉄と美肌の関係については以下の記事でも解説しています。
>>>「鉄分補給の美容効果は?鉄分不足の【原因・症状・解消法】まとめ」

ビタミンC

抗酸化作用が強く、メラニンの生成を抑制する働きをするのがビタミンC。紫外線対策になるだけでなく、出来てしまったシミを薄くする、除去する効果も期待できます。

またビタミンCは鉄、たんぱく質とともにコラーゲンの重要な材料にもなり、美肌作りには欠かせない成分。日焼け気になる時期を中心に年中意識して摂りたい成分の一つです。

ビタミンCは非常に失われやすい成分で、日焼けやストレス、飲酒、不規則な生活等様々な原因で消費されます。さらに水溶性で血中に長く存在できない為、何回にも分けて補給することが大切。

キャベツ、いちご、ゴーヤ、ピーマン、モロヘイヤ、キウイ、柑橘類、さつまいもなど、ビタミンCが豊富な食べ物を多数摂るように心がけましょう。

ポリフェノール

ポリフェノールにも、優れた抗酸化作用があり、細胞の代謝を高めてくれます。ポリフェノールはダークチョコレートやアセロラ・ラズベリー・イチゴ・ざくろ・林檎などフルーツにたっぷり含まれています。

食後のデザートやおやつ食べるようにすれば、楽しみながら内側から強力な紫外線対策にもなり、一石二鳥ですね。

帽子&日傘で紫外線をカット

サングラスや飲む日焼け止めとプラスして実践したいのが、日傘や帽子の活用です。

ベランダで洗濯ものを干す・コンビニやスーパーへ買い物・オフィスの外回りなど、たとえ僅かな時間でも紫外線を浴びる時には、小まめにサンバイザーや帽子、日傘で日ざしを防ぎましょう。目から入る紫外線の積み重ねをブロックすることも大切です。

ちなみに、UVカット加工の日傘は95%程度の紫外線カット効果があり、つばが7cm以上ある帽子は顏に当たる紫外線を60%程度カットしてくれるといわれています。

ただし、日傘は肌から30cm離れると紫外線カット率約40%に落ちてしまうので要注意。
また、日傘も帽子も地面や壁の反射光は防ぐことができませんので安心は禁物
外では日焼け止めを塗ることをお忘れなく。

紫外線と眼病の関係

紫外線による目のトラブル

紫外線を長い期間に亘って浴び続けると「眼精疲労や充血など目の不快な症状」を引き起こすことがあります。「翼状片・白内障・瞼裂班」など、リスクの高い病気があらわれることもあるため注意が必要です。

目の日焼けによって起こる可能性がある不快症状

目から日焼けすると、以下のような不快な症状があらわれることがあります。

「目から日焼けしているかも?」目の日焼け症状チェックリスト

涙が出る

□まぶしい

□ゴロツキを感じる

□光がまぶしい

□目が赤い・充血している

□涙が出る

□目があけられない

□眼精疲労をかんじる

□目に異物感がある

どれか1つでも当てはまった場合は、目から日焼けをしている可能性大。
早めに紫外線対策やケアをおこなうことが大切です。

次に具体的な眼病についてです。

雪眼炎(せつがんえん)

雪眼炎とは、目から日焼けすることによって引き起こされる「ゆきめ」と呼ばれる目の病気のひとつです。スキーやスノーボードなどウインタースポーツを楽しんだあと、海でマリンスポーツに夢中になった後などに、みられやすい病気です。

目から大量の紫外線を浴び半日から1日前後経過したあと「目の痛み・涙がとまらない・目が開けられない」などの症状が現れるようになります。

クリニックでの問診が必要なケースもありますが、患部を冷やし安静にすることで回復しやすい病気です。

ドライアイ

日本人の3人に1人が患っているとのデータもある「ドライアイ」。ドライアイとは、エアコンの使用、長時間のデスクワーク、加齢などさまざまな原因から水分のヴェールが壊れ、涙のバランスがうまく取れなくなり、角膜が乾燥する病気です。

ドライアイになると「目の充血・まぶしい・物がぼやけて見える・目がゴロゴロする・目が乾く」などの瞳の不快感を覚えるようになります。

翼状片(よくじょうへん)

翼状片とは眼球に血管などの組織が肥大し、炎症を起こす状態をさしています。血管が眼球に覆いかぶさるように見えるため、初期の症状として「目の充血・目の異物感」があります。

瞳がつねに充血しているように赤く見えるため、見た目の美しさが損なわれるほか、翼状片が進行すると眼球にゆがみが生まれ「乱視」などの症状が現れやすくなります。

白内障

白内障とは、紫外線や加齢などの影響により、角膜の奥にある水晶体が白く濁る病気のことをさしています。白内障をわずらうと初期の症状として「物がぼやけて見える・物がかすんで見える・光をまぶしく感じる」などの症状があります。

進行すると視力が低下することもあり物が見えづらくなることもあるため、点眼治療のほか、白内障手術などを医療機関にておこなう必要もでてきます。

瞼裂班(けんれつはん)

目からの日焼けで注意しておきたいのが、瞼裂班です。瞼裂班とは、眼球を覆いかぶさるように、黄色やホワイトのふっくらとしたヴェールがかかって見える病気です。

原因として目からの紫外線の影響のほか、コンタクトレンズの長時間の着用、ドライアイなどが挙げられます。目が色づくなどの症状は出るものの、目立った自覚症状がでにくい、比較的おだやかな病気です。

「目にごろつきを感じる・目が痛い」など瞳の違和感がある場合は、クリニックでの点眼治療が必要になります。

<まとめ>

顔やボディだけではなく、毎日の美白ケアとしておさえておきたいのが「目からの日焼け」。目に入る紫外線は想像以上に、私たちの瞳や体に大きな日焼けの影響を与えています。

ドライアイや白内障・眼精疲労など気になる眼病を防ぎ、美白をキープするためにも、サングラス、飲む日焼け止め(サプリメント)、帽子、日傘など、当たり前のように言われる紫外線対策を怠らないことが大切です。

曇りのない美しい瞳をめざして、小さな努力を重ねていきましょう。