ある日気づいた首のポツポツにかなりショックをうけました・・・。

首やデコルテ、肩あたりにあるイボのようなポツポツに突然気づくことがあります。放っておいてよいものか、増えないのか、大きくならないのか、とても気になります。

この首の周りのポツポツの多くは良性のイボでそのまま様子を見ても問題はないのですが、増えたり他人に感染させるものの場合は注意が必要です。

ちなみに、首イボは若い人には少なく、30代頃から増え始め、更年期以降更に出来やすくなります。

首にポツポツが出来る原因

首にできたポツポツをチェックする女性

老化現象

紫外線を浴びたり、衣類等による摩擦を繰り返すことで、首の肌がダメージを受けて老化していきます。これに細胞が反応して、過剰に増殖することで肌が盛り上がるとイボになります。

加齢によって肌はダメージを受けやすくなり、修復も遅れますので更にポツポツが出来やすくなるのです。

ウィルス

何らかの理由で、感染性ウィルス(ヒトパピローマウイルス)により首にイボができることがあります。ウィルス性のイボは放っておくと広がり、また第三者に感染させるので早めに取る必要があります。

肥満体質

肥満体質の人は痩せている人より首にイボができやすいようです。
肥満により皮膚同士の摩擦が起こりやすいことや、代謝低下によって解毒作用も低下すること等が影響すると考えられています。

首のポツポツが出来やすい年齢と場所は?

脇の下にもイボができやすい

首のポツポツができやすい年齢

首のポツポツは主に紫外線や摩擦による肌老化が原因の為、30歳過ぎくらいから出来やすくなり、特に更年期以降に増加する傾向にあります。

ただし、体質によって出来やすい人の場合、早ければ10代、20代で出来ますので、若いから安心というわけではないようです。

首のポツポツが出来やすい場所は?

首に出来るポツポツは同じタイプのものが脇の下、胸、横腹、そけい部等、皮膚が薄くて弱く、物理的な刺激(衣類がこすれたり、汗で蒸れて湿りがち)や紫外線による刺激が多い部分にできやすいとされています。

首のポツポツの病名は?

気になる首からデコルテに出来るポツポツの病名がいくつかあります。

アクロコルドン・スキンタッグ・軟性繊維腫

アクロコルドン

画像引用:Wikipedia

首にできるポツポツの殆どはこれです。非感染性のイボで良性腫瘍の一種。
イボの大きさによって呼び方が異なります。

  1. アクロコルドン (Acrochordon)
    盛り上がっていない小さい褐色、黒色、肌色などのポツポツ。

  2. スキンタッグ(Skin Tag)
    アクロコルドンより大きくなり、飛び出したように盛り上がっている。

  3. 軟性線維腫
    直径5ミリを超えた状態。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

老人性ゆうぜい

画像引用:五本木クリニック院長ブログ

脂漏性角化症とも言われます。皮膚の老化現象で、最初は1ミリ程度ですが放置すると段々大きくなり、また、数も増えてきますので、早めに治療する方がよいとされます。

ウイルス性疣贅(尋常性疣贅)

ウイルス性疣贅

画像引用:たかはし皮膚科クリニック

ヒト乳頭腫ウィルス(ヒトパピローマウイルス)の感染によりできるイボのため、放置しておいて完治することはなく、ウィルス性により多発して増殖します。

また第三者に感染させてしまうリスクもある為、早めの治療が肝心です。

痛みやかゆみなどの自覚症状は殆どありませんが、かかとや足指のつけね等に出来ると歩行の体重で痛みを感じれば気づくことがあるようです。

角質粒?

首イボのことを角質粒と表現しているサイトをよく見かけますが、角質粒が首にできることは滅多にないそうです。

これはネット上に広がっている言葉ですが、首にできることは滅多にありません。顔の皮膚のターンオーバーサイクルの異常や老化や不適切なスキンケアが原因となって、毛穴などが詰まった状態(角栓)を言っているのだと予想されます。治し方としてスクラブ系の洗顔料を使用するとか、サリチル酸などのピーリング用の成分が入っているスキンケア用品を使用すると良い、なんて話の流れになっていますが、もしもウイルス性のものであったら余計にポツポツが広がってしまいます。明らかに間違った口コミ情報ですので、ご注意ください。

悪性と良性の見分け方は?

首のポツポツは悪性腫瘍かも・・・不安な方は病院へ

殆どの首イボは良性で心配ないと言われても自分の首のポツポツがどちらなのか、素人判断では不安かもしれません。悪性腫瘍を見分ける目安としては

  1. 違和感がある
  2. 急に大きくなったり色が変わってきた
  3. 色に濃淡がある
  4. なかなか治らない

などがあるようです。

ただし悪性腫瘍といっても種類も色々の為、必ずしも色や形、痛みやかゆみ、出来る部位など素人が見た目で判断できるほど単純ではありません。

不安な場合は一度皮膚科医に診てもらうことをオススメします。

皮膚科や病院での首イボ治療法は?

首のポツポツを取る治療について説明する医者

首のポツポツは皮膚科で治療できます。
取り方には何種類かあるのでご紹介します。

レーザーで除去

患部にレーザーを数秒照射してイボを除去する治療方法で、最近は一般の皮膚科でも受けられます。

健康保険適用外の自由診療にあたる為、料金がクリニックによって異なります。
数や範囲にもよりますが、1000円~10000円程度、幅があるので事前に確かめて下さい。

液体窒素を使い冷凍凝固

首のポツポツに液体窒素(マイナス196度)を当てることで凍傷状態にして、いずれ腐ってとれる、という方法ですが、麻酔を行わないととても痛いそうです。

また色素沈着の可能性もありますので、目立つ首元には適さないといえます。
実際に患者さんからの希望がない限りは施術しないという医師も多いようです。

外科手術で切除する

麻酔をして、メスで切除します。

大きめのものを一つ切る場合は保険適用という解釈もありますが、首の場合多発しているケースでは一つずつ切って縫合する、を選択する医師は少ないでしょう。

小さい場合には、医師がピンセットやはさみで除去することもあります。

尚、首のポツポツは稀に皮膚ガンや前癌状態の可能性もありますが、素人目には判断できません。心配な場合は医師に診察してもらい、病理検査を受けることをおすすめします。

はさみで切れる、等とネットで公開している人もいますが、万が一皮膚がんだった場合、転移のきっかけにもなりかねないので、絶対に自分で切るのは控えましょう。

自宅で首のイボを取る方法

イボを除去するクリームでセルフケアを続けたら、首やデコルテ付近のポツポツが目立たなくなってきました!

首のポツポツを自分でケアする方法をいくつかご紹介します。ただし、増えてきている、大きくなってきているような場合は皮膚科で相談して下さい。

保湿

加齢による乾燥もイボが出来やすくなる原因の一つとされています。

顔のお手入れ時に首やデコルテも保湿する習慣をつけましょう。

紫外線対策

紫外線によるダメージもイボの原因となります。なるべく首を紫外線に直接さらさないように、日光を浴びてしまう時だけでも、スカーフやストールで覆いましょう。

また、肌に刺激の少ない日焼け止めを塗るのも有効です。

ヨクイニン

ヨクイニンは健康保険治療の処方薬として有名な漢方薬。

ヨクイニンはハトムギ(イネ科)の皮を除いた種から作られる生薬で、昔から美肌によいとされており、市販薬やハトムギ茶、化粧品などもあります。

医学的にヨクイニンにイボ改善効果や美肌効果がある実証はないと言う医師もいるようですが、その一方で昔から医療機関で処方されているのも事実です。

実際にヨクイニンでイボが治ったという人もいますので、漢方薬の服用や配合コスメをコツコツと使い続けてみるのはイボ対策として良いのではないでしょうか。

事実、ヨクイニンに豊富に含まれるビタミンBは皮脂コントロールや皮膚の再生、成長といった健康な肌対策に有効です。

ヨクイニンについての詳細はこちら

杏仁オイル(きょうにんオイル)

杏仁オイルは、アンズの種の中心(杏仁)から抽出される油で、アプリコットオイル、アプリコットカーネルオイルとも呼ばれます。

漢方薬の一種で、人間の皮脂に成分が近く保湿効果が高い為、加齢による乾燥が原因の一つである首のイボに効くと言われるています。

アットコスメの口コミを読むと、即効性はないものの、本当に首のポツポツやイボが小さくなったという声が結構な数見受けられますから、試す価値はありそうです。

ドクダミエキス

ドクダミエキスはどくだみの派や茎から抽出したエキスで、独特なにおいがよく知られています。抗菌効果があり、内服・外用の両方で使うことができます。

ニキビ予防や保湿、抗炎症効果がある為、直接塗ったり、ドクダミ茶を飲んだりして、首イボ対策に利用します(お茶は飲み過ぎると下痢を招くことがあるので注意が必要です)。

リンゴ酢

りんご酢でイボをとった、という体験談を公開しているブロガーさんがいます。海外のりんご酢情報サイトを参考に実践されたようですが。

試すならよく読んでから、自己責任で試してみてもいいかもしれませんが・・・。

尿素

尿素は肌の保湿に加え、柔軟にしてくれるため、かかとのケアなどによく用いられます。

配合クリームが市販されていますが、悪化した部位に塗り改善したら、継続使用は避けるのが賢明。首のイボにも効果的とされますが、ずっと使い続けるべきではないと認識した方がよいでしょう。

柚子(ゆず)の種と椿油

あちこちのサイトで実践した人の体験談を見るのが「柚子の種を天日干し、カラカラに乾燥させたら砕いて椿油に漬け込む。この油を塗る」というもの。

気長に続けると本当にきれいになるようです。柑橘の種子に含まれる成分とオイルの保湿効果がイボとりに効果があるのかもしれません。

ピーリング

市販のピーリング剤やピーリング石鹸(AHA配合)を使えば首イボを自分でとれると記載しているサイトを見かけますが、安易な自己ピーリングは、逆にイボを発生させたり、悪化させる恐れがありますので、やめましょう。

首イボの治療にピーリングを施術している皮膚科で相談の上、医師の判断、診察の下で行って下さい。

民間療法の注意点

首イボ除去のための様々な民間療法、自宅療法があります。ドライアイスを当てる、糸で根元を縛って壊死させる、お線香で焼く、はさみで切るなど昔から試され続けています。

しかし火傷、色素沈着、皮膚壊死などのリスクが高いだけでなく、万が一、皮膚ガンや前癌状態だった場合、転移のきっかけになる可能性もあるそうです。

素人が自宅で行う危険な民間療法の取り方は絶対にやめておいた方がいいでしょう。

首イボを除去する市販薬や化粧品

首のポツポツを取ると評判の首元専用ジェルも人気です!

毎日のケアとして保湿、紫外線対策は必要ですが、出来てしまった首のイボを取り除
くには、市販薬や人気の化粧品(イボ専用クリームやオイル)を使うのも一つの方法です。

保湿や代謝アップが期待できる成分が配合され、目立たなくなる、安全にイボがとれる効果が期待できます。

艶つや習慣

艶つや習慣

艶つや習慣(120g)は累計販売数23万個突破の首ポツポツ用ジェル。角質取り成分あんずエキスとハトムギ配合で、ポツポツを柔らかくしてぽろりと落とします。

保湿力が高いオールインワンゲルとして顔にも使え、120gの大容量でコスパがいいのもメリット。

⇒公式サイトへ

シルキースワン

シルキースワン

シルキースワン(20g×2個)はイボに有効なヨクイニンエキスとハトムギ種子エキスのダブル配合の首専用ジェル。

塗り続けると、首のポツポツが気にならなくなり、しっとり、なめらかになってきたという口コミが多く、香りよし、伸びよし、高保湿力でなかなかの評判です。

⇒公式サイトへ

アンミオイル

アンミオイル

アンミオイル(30ml)に豊富に含まれるパルミトレイン酸が硬くなった皮膚を柔らかくしてくれます。ポツポツがぽろりととれた、という口コミも多い人気の杏仁オイル。

お試しサイズと10日間返金保証で試しやすいのも魅力。

⇒公式サイトへ

APRIAGEオイルS(アプリアージュオイル)杏仁オイル

APRIAGEオイルS

南フランス産杏仁オイル(40ml)で、角質を柔らかくし、たっぷり保湿しながら、首のポツポツをキレイにしてくれる人気商品。

販売実績150万本、18年のロングセラー実績は信頼の証。首イボに悩む女性のリピートも多く、継続使用でなめらかな首筋を取り戻せます。

⇒公式サイトへ

ぽっつるん

ぽっつるん

ぽっつるん(15g)は首イボに昔から愛用されているハトムギエキスに、皮膚を柔らかくするリピジュア配合。ポツポツを包み込み、なめらかな肌に改善してくれるクリーム。

1年間の返金保証つきで安心して使えます。

公式サイトへ

ポロリンボ

ポロリンボ

ポロリンボ(18g)はハトムギエキスに杏仁オイルとヒアルロン酸配合の首ポツポツ専用クリーム。たっぷり使い続けてイボがとれたとの口コミも。ドラッグストアで買える手軽さがあります。

⇒購入

ヨクイニンエキス顆粒

ヨクイニンエキス顆粒

生薬「ヨクイニン」の抽出エキス製剤。肌あれ・いぼに効果があると明記されています。
口コミも多く、美肌効果を実感している人が多い印象です。

⇒購入

イボコロリの液体と絆創膏は首のポツポツにはNG!

イボを取る『イボコロリ』は横山製薬が1919年に製造販売を開始した医薬品。
サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用してイボやタコを取り除きます。

サリチル酸配合の液体タイプと絆創膏タイプのイボコロリは首のポツポツへの使用は避けましょう

首のイボにも塗りたくなりますが、残念ながら製品の注意書きに「首などの皮膚のやわらかい部分」には使用しないでください、と明記されています。

サリチル酸が皮膚を柔らかくする、つまり削るわけですから、やけどのような跡が残ることもある為、首など皮膚が薄い、柔らかい部分には塗ってはいけないというわけです。

首のポツポツに使うのはやめましょう

ちなみに、イボコロリには飲むタイプもあり、2012年11月に『イボコロリ内服錠』として発売されました。

商品名は同じイボコロリですが、外用と内服では成分も効き目も異なります。イボコロリといえば塗るタイプ、貼るタイプしか知らなかったのでちょっとびっくり。

このイボコロリ内服錠は成分がヨクイニン。イボに即効性はありませんが、長い目で見て美肌や肌荒れにはいいとされますので、肌トラブル予防に服用してみてもいいと思います。

首いぼの予防方法

医師が推奨する首のポツポツの予防対策する

首のポツポツ、イボが出来る理由はまだハッキリと解明されていませんが、日頃から注意した方がよいことなど予防方法をまとめました。

保湿する

なんといっても肌環境を健康的に保つのに一番大切なのは保湿。

入浴後の保湿ケアを怠らず、乾燥を予防することがイボの出来にくい肌作りにつながります。
首も顔同様にしっかりお手入れして下さい。

摩擦を避ける

皮膚の摩擦がイボを出来やすくしますので、クリーム等を塗って摩擦を和らげることが大事です。首は衣類との摩擦もあるので、乾燥させないことが大事です。

日焼けを避ける

紫外線の刺激もイボの原因となるようです。
首にも日焼け止めを塗り、紫外線を予防します。

免疫力アップの為に運動する

首イボは老化現象の一種のことが多く、加齢による影響が大きいのも特徴です。

代謝が落ちてくるのを予防し免疫力を上げる為にも、適度な運動を続け、バランスのよい食事、十分な睡眠をとり、健康を心がけましょう。

傷を作らない

ウィルス性のイボは小さなキズ、例えば手指のささくれやあかぎれ、靴擦れなどからも容易に侵入します。きちんと処置して早めにキズを完治させましょう。

<まとめ>

首のポツポツは加齢による老化現象で、殆どが良性で心配なものではありません。出来てしまったら専用クリームを使ってとり、予防のスキンケアや食事や運動を見直して、首いぼが出来にくい生活を心がけましょう。

稀に悪性腫瘍の場合も有り得ますので、自己判断でイボを民間療法で切除したり、除去する取り方は絶対にダメです。心配な方は医師の診察を受けることをおすすめします。