毎日シャンプーしてるのに頭皮が痒い・・・。

「毎日しっかりシャンプーをしているのに、外出先でも頭がかゆい。」

「頭皮が炎症をおこして赤く腫れあがっている。」

「フケが目立ち、ヘアスタイルに自信がもてない。」

他人になかなか相談できない頭皮のかゆみは「シャンプーの使い方や選び方」が間違っているからかもしれません。

今回は、頭皮のかゆみの原因や原因別の対処法、頭皮のかゆみに効くシャンプーや洗い方等、痒みを抑える頭皮ケアの方法をお伝えします。

頭皮のかゆみを抑える!かゆみ対策10こ

頭皮のかゆみに効くシャンプーが見つかりました!

頭のかゆみを抑えるには、シャンプーや洗髪方法の見直しだけでなく、頭皮の乾燥防止や血行改善なども大切なポイントになります。

頭皮のかゆみに効くシャンプーの選び方

では、頭皮のかゆみに効くシャンプーは何を基準に選べばよいのでしょうか。具体的な選び方のポイントや商品についてご紹介していきます。

髪にも地肌にもやさしいアミノ酸系シャンプーを選ぶ

低刺激で肌への負担が少ないアミノ酸系のシャンプーは頭のかゆみ・フケなど、頭皮トラブルにまつわるお悩みをお持ちの方にもお薦めです。

一般的なシャンプーは石油由来の洗浄成分が界面活性剤として配合されていることが多いため、肌に必要な皮脂を奪ってしまい、肌のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

アミノ酸は私たちのボディーに近い優しい成分のため、刺激が少なくマイルドで優しい洗い上がりが特徴です。毎日使い続けることによって、フケが気になりにくい健康的な地肌を取り戻せるようになります。

アミノ酸系シャンプーを見分ける方法

化粧品であるシャンプーは全成分表示が義務付けられており、濃度の高い順番に表示されています。シャンプーは半分以上が水なので最初の表示成分は水です。

2番目以降に表示されている成分でアミノ酸系シャンプーであるかどうかを見分けることができるのですが、その成分の種類はとても多く、全てをいちいち確認するのはかなり大変です。

そこで簡単な見分け方としては「ココイル~~」又は「ラウロイル~~」という成分表示がされていれば、アミノ酸系シャンプーと思って大丈夫です。

ただし、配合量が少なければアミノ酸の良さを実感できない(というよりアミノ酸系とは言えない)こともあります。

しっかりとアミノ酸成分が含まれているかどうかは、成分表示で水の次の5成分迄に表示されているかどうかで確認できます。ネット通販でも成分表示は確認できる商品がありますので、選ぶ際の参考にしてみて下さい。

頭皮のかゆみを抑えてくれる地肌に優しい、女性におすすめのアミノ酸系シャンプーをご紹介します。ご自身にあったシャンプー選びの参考にしてみて下さい。

頭皮のかゆみに効くアミノ酸系シャンプーを厳選

頭皮のかゆみを抑えてくれる地肌に優しい、女性におすすめのアミノ酸系シャンプーをご紹介します。ご自身にあったシャンプー選びの参考にしてみて下さい。

頭皮のかゆみ専用シャンプー【すこやか地肌シャンプー】
すこやか地肌シャンプー

頭皮のかゆみで1日中イライラする、ボリボリかゆくて眠れない、肩のフケが気になる、かさぶたが治らない…そんなストレスを感じているなら「すこやか地肌」シャンプーを試してみては?

「すこやか地肌」は頭皮のかゆみの為に開発された美容成分99.6%以上の頭皮専用シャンプー。天然の抗菌成分ヒノキチオール、日本ワサビが「かゆみ」を鎮めてくれます。

利用者からは「きちんと泡立つので洗い心地がよい」「キシミがない」「スッキリ、さっぱりとした洗い上がり」「髪がふんわりする」等、使い心地と洗い上がりの良さを実感する声が寄せられています。

頭皮の汚れはしっかり落とし、油分や保湿因子は残して、かゆみの原因だけを取り除いてくれるすぐれもののシャンプーです。頭皮のかゆみにお悩みなら試す価値がありそうです。

45日間全額返金保証付きで安心です!
>>頭皮にやさしい「すこやか地肌美容液シャンプー」

「すこやか地肌シャンプー」を使ってみました!

すこやか地肌シャンプーを使ってみた感想をレポートしました!

泡立ち具合や、洗い心地、乾かす際のかゆみ、ブロー後の【画像】等、すこやか地肌シャンプーについてくわしく書きました。購入を迷っている方の参考になればと思います。

>>>すこやか地肌シャンプーのレビューはコチラ

脂漏性皮膚炎専門ドクターが監修【KADASON(カダソン)】
KADASON(カダソン)

カダソンスカルプシャンプーは頭皮のかゆみが辛い「脂漏性皮膚炎」の為に開発されたシャンプー。お子さんや妊婦さんもOKの肌に優しい99%天然由来成分で、フケ、かゆみ、乾燥肌に悩む全ての方が使えます。

早ければ僅か1日で効果を実感できると公式サイトにある通り、アマゾンの口コミレビューの評価がかなり高く、使用してすぐにかゆみやフケ解消効果を実感している人が多いのも特徴です。

モニター満足度93%!!脂漏性皮膚炎の痒みを解決!
>>>脂漏性皮膚炎のためのシャンプー【KADASON(カダソン)】

100%天然由来のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】
ハーブガーデン

シャンプーのベースとなる精製水に7種類の阿蘇産無農薬ハーブウォーターを採用。

かゆみ抑制効果、抗菌効果の高い注目の成分フルボ酸、認定オーガニック成分を高配合したハーブガーデンは、頭皮のかゆみを抑え、すこやかにキープしてくれます。

今なら特別半額キャンペーン実施中でお得に試せるのも魅力ですね。

>>【半額モニター募集中】100%天然成分のかゆみ対策シャンプー

コラージュフルフルシャンプー
コラージュフルフルネクスト シャンプー

頭のかゆみの原因菌の増殖を抑制する「ミコナゾール硝酸塩」を配合したシャンプー。
薬用、低刺激、無香料、無色素で敏感肌の人にもおすすめ。

持田製薬グループの薬用シャンプー&リンス
>>持田ヘルスケア コラージュフルフルネクスト

正しいシャンプーのやり方

まずは正しいシャンプーのやり方を。頭皮のかゆみ等のトラブルがあるなら尚のこと、正しく洗ってかゆみ解消を目指しましょう。

  1. 乾いた状態でブラッシングします(出来れば天然毛)

  2. お湯で予洗い(1分30秒程度)します。これだけでも汚れの70%程度は落ちます。
    丁寧にお湯で流していきましょう。

  3. シャンプーを手やネットで泡立ます。シャンプー液をいきなり頭皮にすり込んで泡立てるのは絶対にNG。きちんと泡立てるならポンプ式で1プッシュから2プッシュで十分です。

  4. 髪の毛にお湯を含ませ泡で丁寧に洗います。適度に頭皮マッサージもしていきましょう。

  5. しっかりお湯で流します。シャンプーを髪や頭皮に残さないように。

  6. コンディショナーやリンスをする場合、頭皮につけず、髪の毛だけにつけていきます。

  7. しっかりお湯で流します。頭皮や髪の毛に残さないように、背中についていると背中ニキビの原因になりますので、最後までしっかり流していきましょう。

ブラッシングや予洗いをしていない、していても短時間過ぎる、すすぎが不十分など、思い当たるNGポイントはありませんか?

正しいシャンプーを習慣にして、頭皮を健康に、かゆみ防止につなげましょう。

頭皮を乾燥から守ろう

頭皮を乾燥からガードしてあげることも、かゆみを防ぐ大切なポイント。太陽の紫外線から地肌を守るためにも、帽子や日傘をさしダイレクトな陽ざしを避けることが重要です。

夏の暑い季節はお出かけ前に頭皮にもスプレータイプの日焼け止めを塗っておくと安心ですよ。

また毎日のドライヤーの使用も、ひと工夫加えたいもの。シャンプー直後の髪はまだ水分が多く残っている状態のため、タオルドライでなるべく余計な水分を吸収させてからドライヤーを使用するように心掛けると効果的です。

頭から20センチ程度離し、なるべく1カ所のみに熱風が当たらないように気を付けながら、まんべんなく風を送ります。生乾きの髪は頭皮の雑菌を繁殖させる原因になるため、面倒でも洗髪後はしっかり乾かすことを習慣にしましょう。

しっかりと野菜を摂ってバランスのよい食生活を

かゆみの原因でもある頭皮湿疹は食事とも密接な関係があります。特にビタミンB群を意識して摂ることが頭皮の健康に役立ちます(納豆、バナナ、卵、野菜類など)。

また、野菜を多く、バランスのとれたメニューを摂ることが基本ですが、

  • 揚げ物、炒め物など油分の多い食事
  • 濃い味の食べ物
  • 香辛料が多く辛い食べ物
  • 高脂肪のお菓子類
  • アルコール

は控えめにしていきましょう。

暴飲暴食を続けることは身体に良くありませんが、頭皮にもダメージとなりますので、気をつけましょう。

生活習慣を見直そう

ストレスと上手に付き合うことも、頭皮のかゆみを改善する大きなきっかけになります。

ストレスが過度にたまると頭皮の血行が悪くなるため、音楽を聴く・アロマを焚く・指圧マッサージを受ける等、自分なりのストレス解消法を見つけておくことも血行改善に繋がります。

また規則正しい食事や、睡眠に気を配ることも頭皮のベストコンディションを手助けするカギになります。3食しっかり食べ、休むべきときにはしっかり休むことを念頭に、メリハリの効いたライフスタイルを送るように心がけましょう。

頭皮専用ローションを使おう

フケやかゆみに特化した頭皮専用のローションを使うことも、かゆみを早期に治すための有効な改善策となります。

ヒアルロン酸やコラーゲン・植物エキスが配合されたものなど各種美容成分がたっぷり入った頭皮のかゆみ専用ローションは、乾燥した地肌に潤いを与え、清潔な頭皮へ導いてくれます。

頭皮が乾燥しやすいシャンプー後に用いることで、さらに効果的に使用することができます。

すこやか地肌

アットコスメ頭皮ケア部門ランキング1位に輝いた!人気の頭皮のかゆみ専用美容液

すこやか地肌

かゆみを鎮めるサクラ葉エキスと、雑菌繁殖を防ぐわさび根醗酵エキス配合で、地肌の健康を取り戻してくれる口コミ評価も高い頭皮専用の美容液。

使用しても45日間返金保証があるから安心して試せますね。

>>美容成分99.6%!頭皮のかゆみ用美容液「すこやか地肌」

イメルシオ

低分子化した保湿エキスが角質層までしっかり浸透!

イメルシオ

かゆみを抑えるパンテノールやトコフェロール、フケを抑える14種類の植物由来&アミノ酸系原料と9種類の植物エキス&オイルを低分子化して、頭皮の角質層まで浸透させることに成功!

しっかり保湿して、かゆみ、フケ、臭いケアができる頭皮用美容液を試してみませんか。無添加、低刺激でお風呂の中で使えるのも便利で嬉しいですね。

>>あたまのかゆみを徹底ケア【イルメシオ】

セルフヘッドスパをやってみる

頭皮にオイルをつけてマッサージすると血行改善、毛穴の汚れ落ちが期待できるだけでなく、フケ、痒みの予防にもつながります。自分で出来る簡単なヘッドスパのやり方をご紹介します。

  1. 丁寧にブラッシングして髪の毛のホコリ等を落とす。

  2. オイルを適量指の腹で頭皮になじませる。オイルは好みのものでよいがホホバオイル、椿油、モロッカンオイル、アルガンオイル等がおすすめ。

  3. 自分が気持ちよい強さで指を動かしながら頭皮全体を細かめにマッサージしていく。

  4. オイルが頭皮全体になじんだら、電子レンジでチンしたホットタオルを頭皮に巻いて1分温める。

  5. お湯でオイルを落としてからシャンプーします。

強く擦り過ぎたり、爪をたてたりしないように気をつけて、又やり過ぎは禁物、週に1回以上やらないようにして下さい。

ヘッドスパは頭皮の皮脂や汚れを浮かせて落とし、良質のオイルが頭皮に適度な潤いを与えるので、かゆみ予防にも効果的。リラクゼーション効果も期待できるので、お好みのオイルでやってみて下さいね。

アウトバストリートメント使ってみる

アウトバストリートメントとはお風呂から出た後に使う、洗い流さないトリートメントのこと。ドライヤーの熱や紫外線から髪を守り、頭皮と髪の湿気を適度に取り去り、栄養を与えてくれるアイテム。

洗い流さないので高い効果が感じられ、髪の毛にツヤが出る、ダメージが修復できる、香りに癒やされる等の理由で人気があります。

頭皮を乾燥から守る為にも試したいもの。主に以下の3種類に分類されます。

  1. オイルタイプ(水分を弾いてしまうタイプの髪質向け)

  2. ミルクタイプ(水分を吸収しやすいタイプの髪質向け)

  3. ミストタイプ(細くぺたっとなりやすい髪質向け)

使用量を調節すれば仕上がりを変えられますので、目的に応じて好みのタイプを選んでみて下さい。

市販の薬でかゆみを和らげる

頭皮のかゆみが気になっても、かくにかけない場合や医者に行く時間がない場合、市販薬を塗って対処するのも一つの方法。

ムヒHDやメディックH、フケミン頭皮ローション等、頭皮のかゆみに効く薬には市販薬もあります。かゆみをすっと抑えてくれるとの声も多く、我慢できないかゆみにおすすめです。

外食・コンビニ弁当を控える

頭皮の状態には食生活も大きな影響を与えています。特に最近よく耳にするようになった、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸のバランスの悪さには注意が必要です。

本来、3系:6系は1:4程度の割合が理想とされますが、1:10~20に迄偏っている人がいるのが実情です。この偏りは頭皮環境にも大きな影響を与え、脂漏性皮膚炎の原因にもつながっています。

まずはオメガ6系脂肪酸が使われている割合が非常に高い外食、コンビニ弁当を控えましょう。
また野菜のドレッシングにオメガ3系脂肪酸(亜麻仁油、えごま油など)を使うことも重要です。

頭皮のかゆみの原因は?

    頭皮のかゆみを抑える方法は・・・?

頭がかゆい原因はシャンプーの選び方や洗い方にあるのかもしれませんし、加齢や季節によるものかもしれません。思い当たることはないか?原因をチェックして、対処法を考えましょう。

シャンプーの刺激による乾燥

刺激の強いシャンプーを使っていると、頭皮が必要以上に乾燥し、かゆみの原因になることもあります。

洗浄力の強いシャンプーはすっきりした洗い心地が魅力的ですが、シャンプーに含まれる界面活性剤が頭皮に必要な皮脂やNMF(天然保湿因子)を奪ってしまうことがあります。

皮脂やNMF(天然保湿因子)が奪われると、頭皮は本来のバリア機能を失い、乾いた砂漠のような状態に。不快なフケやかゆみの原因を作りだしてしまいます。

肌がデリケートな方・頭皮のかゆみが気になる方は、刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーに変えることも一つの方法です。

低刺激のシャンプーに変えることによって、頭皮のコンディションが整い、頭皮に必要な皮脂やNMF(天然保湿因子)が育ち、健やかな美髪つくりに役立ってくれます。

シャンプーの間違ったやり方

シャンプーの洗い方を間違っていると、頭皮の角質層が剥がれ、不快なかゆみを引き起こしてしまうことがあります。頭皮に爪を立てゴシゴシ熱いお湯でこするのは、一見汚れがしっかり落とせるように思えますが、これは間違い。

シャンプーは原液のまま頭皮につけず「500円玉程度の水を加え、ホイップ状に泡立てたものを髪全体にのせる」ように心がけましょう。

さらに、熱いお湯は頭皮に刺激を与えてしまうため、38度前後のゆるま湯で洗髪することも大切なポイントです。シャンプーやスタイリング剤の残りが無いよう、すすぎ残しに気をつけ、たっぷりと時間をかけて洗い流しましょう。

また、皮脂分泌やニオイが気になるという理由で1日に2回シャンプーしたり、強く指を立てて頭皮を擦る人がいますが、頭皮が乾燥し過ぎることで皮脂分泌を促進することにもなりかねません。

洗い過ぎ、こすり過ぎには注意が必要です。 

加齢による、頭皮の乾燥

シャンプーなどのヘアケア対策は完璧、なのに年齢とともに頭皮のかゆみが気になるようになった・・・。これまで通りのケアを続けているのに頭皮にまつわる悩みを、より一層感じるようになったら、もしかしたら「加齢」がかゆみの原因かもしれません。

年齢を重ねた頭皮は固くなりやすく、若い頃とくらべて新陳代謝が活発に行われなくなります。また年齢とともに頭皮の水分量が少なくなるため、ドライ頭皮に陥りやすくなります。

顔のスキンケア対策に気を配るのと同時に、頭皮のエイジングケアを積極的に行う姿勢が大切。

  • テレビを観ながら頭皮マッサージやツボ押しを行い血行を良くする
  • アンチエイジング専用の化粧品で頭皮の保湿力をアップさせてあげる

などもお薦めしたい美髪ケアです。

季節(冬)による乾燥

気温が低下し空気が乾燥する冬のシーズンは、素肌だけではなく頭皮にとってもハードな環境です。オフィスや家庭の中ではエアコンの温風があたるため、より頭皮は乾燥しやすくなります。

空気が冷たくなる冬の季節は、特に念入りにヘアケアを心がけてあげること、加湿器などで部屋の保湿を心がけてあげることも大切です。

頭皮が皮脂で汚れている

頭皮に皮脂が過剰分泌され、ベタベタしているとかゆみの原因となります。シャンプーが不十分、コンディショナーのすすぎ残し、皮膚炎を発症している等でも皮脂が多くなることが。

過剰な皮脂は雑菌の繁殖を招き、更に皮膚炎が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

頭皮の湿気による雑菌の繁殖

人間の皮膚(頭皮も含め)には常在菌が存在しており、蒸れた状態が続くと雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみの原因に。もっとも多いのがシャンプー後にしっかり乾かさず寝てしまうこと。

面倒でもドライヤーで完全に乾かしてから寝るようにしましょう。

頭皮湿疹

頭皮湿疹を発症していると痒みが伴います。主な頭皮湿疹は次の4種類。

  • 接触性皮膚炎
    頭皮に接触したものの刺激が原因の皮膚炎。
    シャンプーやコンディショナーだけでなくヘアケア製品全般に可能性がある。

  • 脂漏性皮膚炎
    皮脂腺が多く皮脂分泌の多い部位に起こる炎症。
    マラセチア真菌が原因のケースが多く、慢性化しやすい。

  • 皮脂欠乏性皮膚炎
    乾燥で頭皮のバリア機能が低下し、炎症を起こす。
    シャンプーのし過ぎ、空気の乾燥等で起こりやすくなる。

  • アトピー性皮膚炎
    アトピーによる湿疹が頭皮に出ることがある。

ストレス

ストレスを感じると交感神経が優位となります。交感神経が優位になると皮脂が過剰に分泌され、頭皮への刺激となって、かゆみの原因になることがあります。

寝具が汚れている

寝ている間、頭皮とずっと接触している枕カバーが清潔でない場合、頭皮に雑菌が繁殖する可能性があります。肌や頭皮に触れる寝具は常に清潔にしておくことが痒み防止には必要です。

過剰なブラッシング

適度なブラッシングは髪の毛にも地肌にもいいのですが、あくまでも質の良いブラシで適度に行った場合。静電気の起きやすいプラスチックやゴムのブラシで、からまった毛を無理にほどこうと引っぱったり、頭皮にブラシを強く押しつけたり、回数が必要以上に多いと、地肌を傷つけてしまい、かゆみの原因となることがあります。

<まとめ>

フケや頭皮のかゆみなど地肌にまつわるお悩みは、気になったときにこそ早期にケアしておきたいもの。メイクタイムなどに頭皮の状態を日ごろから鏡などで客観的にチェックをしておき、正しいケアと生活習慣を心がけることが改善の第一歩です。

みずみずしくハリのある地肌は、美しく豊かな髪を育んでくれる大きな源。
頭皮のかゆみ専用ローションやコスメなどを賢く用いて、ハリのある毎日を目指していきましょう。