止まらない顔の汗に悩む女性

ひどい顔汗が止まらないとお悩みの方、何か止める方法がないかお困りではありませんか。

顔の汗が気になるといっても、生理的な現象だからと思えるレベルではない場合、仕事や学校生活に集中できませんし、日常生活にかなり支障があります。

顔汗が多くなる理由はいくつか考えられますが、まず自分にあてはまるものを見つけて、上手に対応していきましょう。

この記事では、ひどい顔の汗の原因や自分でできるケア、病院での治療等について詳しくご紹介します。

ひどい顔汗の原因は?

顔から汗が止まらない女性

気温の高い日に、体からはあまり汗は出ていないのに、顔からは汗が滝のように流れ出て止まらない・・・そんな顔汗の原因には以下のような理由が考えられます。

汗腺機能の低下

汗は体の熱を逃がして体温を下げるためにかくものですが、この汗を出す汗腺を「エクリン腺」と呼びます。

エクリン腺は体に約300万個もあるのですが、これらが全て機能しているわけではなく、大体半分程度しか活動していないといわれています。

また、普段から運動する習慣がなく、汗をかくことが少ないと、冷えやすい部位の汗腺の機能は休眠状態となります。

特に心臓から離れた下半身や腕のエクリン腺が機能しなくなると、いざ汗をかくとなった時には動きの多い顔の汗腺に集中して汗をかいてしまう原因となります。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れが止まらない汗の原因になることもあります。

自律神経のうち発汗を調整している交感神経の働きだけが高まると、汗腺を刺激し、発汗を促しますので、副交感神経の働きを高めて自律神経を整えることが大切です。

ちなみに、呼吸は自分の意志で自律神経をコントロースする唯一の方法ですので、衰えた副交感神経を改善するためには呼吸法が最も効果的だといわれています。

病気が隠されているかも?

暑い日に汗をかく発汗以外に、辛いものを食べた時に汗をかくことを「味覚性発汗」、緊張したり、興奮した時に汗をかくことを「精神性発汗」とよびます。

こういった誰にでも起こる自然な生理現象ではなく、リラックスしている状態でも汗をかく、または度を超えて大量に汗をかく場合は、「顔面多汗症」の可能性があります。

顔面多汗症の原因ははっきりとはしませんが、以下のような病気が隠れている可能性が考えられます。

  1. 自律神経失調症
  2. 更年期障害(ホットフラッシュ)
  3. 甲状腺疾患
  4. 糖尿病

汗をかきやすい体質や、遺伝によるものもありますが、気になる場合は一度、診療機関を受診した方がよいでしょう。

病院での顔汗治療

病院で顔汗に効果的な薬を処方してもらいました!

顔汗は病院でも治療が可能です。どんな治療方法があるのか、みていきましょう。

内服薬

問診や検査の後に、医師が必要だと判断すれば汗を止める薬が処方されたり、その他に安定剤や抗うつ剤が用いられることもあります。

外用薬

塩化アルミニウムの水溶液を塗って発汗を抑える治療です。

手の平などの皮膚が厚い部位には濃度20%が用いられますが、顔は皮膚が薄く刺激に弱い為、濃度10%とされます。医師による用量、用法を正しく守って塗布しましょう。

ただし、効果には個人差があり、汗が思うように止まらない人もいます。

手術「胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)」

顔汗がストレスや自律神経の乱れが原因ではなく、顔面多汗症によるものであった場合は、手術も選択肢の一つとなります。

多汗症の手術には、胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)と呼ばれる内視鏡手術が行われます。発汗の指令を出す交感神経を電気メスやクリップで遮断することで、非常に高い効果が得られる手術です。

この手術を行うことで、顔や首筋、頭、手の汗は止まるのですが、その分、背中・胸・お尻・脚など汗が他の場所で発汗される「代償性発汗」という副作用がほぼ全員に起こります。またまぶたが重くなる「ホルネル現象」が出る方もいます。

「代償性発汗」は深刻な副作用と感じる人が多く、顔の汗は止まったものの、他の部位の汗に更に悩まされ、手術したことを猛烈に後悔する人もいます

一度神経を遮断してしまうと元には戻せないので、こういった副作用についても説明をしっかりとうけ、十分に理解・納得した上で選択することが大切です。

手術を検討するなら、まずは情報収集から始めてみて下さい。

心療内科に行くことも大切

ストレスや不安など精神的なことが原因で、顔汗を引き起こすことがあります。

そして顔汗が気になりだすと、余計に汗をかいてしまい、その結果人前に出ることが恥ずかしくなり、対人恐怖症やうつ病まで発症してしまう場合もあります。

顔汗が精神的なことだと心当たりがある方は、ひどくしてしまう前に、心療内科で相談してみることも大切です。

セルフケアで顔の汗を抑える方法

顔用制汗剤やサプリを試したら顔の汗が止まった!

自分でできる顔汗を抑える方法をいくつかご紹介します。病院での治療を受ける前に試してみると、自分に合った方法が見つかるかもしれません。

半側発汗で抑える

半側発汗という言葉を聞いたことがありますか?体の一部を締め付けることで、その周辺の汗をかきにくくするという方法です。

ただし、一か所で汗をかかなくなった分、別の場所で多めに汗をかくことになります

顔の汗を抑えるためには、胸のあたりを締め付けることが効果的です。さらしで胸を締め付けることもできますが、専用の汗止め帯も市販されています。

>>>汗止め帯を楽天でチェックする

またブラジャーのホックをきつくすることでも同様の効果が得られる人もいます。

この半側発汗の原理を利用しているのが、舞妓さん。
おしろいが汗で落ちてしまっては仕事になりません。汗止め帯は顔汗を止める為に生み出された制汗術なのです。

顔用制汗剤を使う

顔汗を止めるには、顔用の制汗剤もおすすめです。

サラフェプラス

顔にも使える制汗ジェル剤のサラフェプラスは、収れん作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛が汗腺に働きかけ、汗を抑えてくれます。

ナノセラミドをはじめ多数の美容成分も含まれており、メイクをする前にも塗れますし、お化粧直しにも使える便利さも特徴です。

合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤等の添加物フリーの医薬部外品。

顏にも使える薬用制汗ジェル
>>>顔汗予防にサラフェプラス

顔汗も止める!制汗サプリメントを使う

汗を抑える作用が期待される、制汗サプリメントもあります。

アセッパー

アセッパーは抗酸化作用のポリフェノール、4種類の消臭成分で、汗の出方や質、ニオイをケア、サポートしてくれるサプリメント。合成着色料、保存料、甘味料、防腐剤など無添加、180日間返金保証で安心して試せるのも魅力。

「いつも汗まみれの顔が、これを飲み始めたらスッキリとしたんです!」
>>>アセッパーの詳細はコチラ

食べ物に気をつける

なるべく顔汗をかかないようにする為には、

  • 発汗を促進する食品、食材はなるべく避ける
  • 体を冷やして汗をかきにくくする食材を積極的に摂る
  • イソフラボンを含む大豆製品を摂る

等、食べ物に注意することも大切です。

発汗を促す食品

唐辛子や生姜など、辛みの強い食べ物には発汗作用があります。辛い味付け等刺激の強い料理も同様です。また肉などのタンパク質、脂質等にも熱産生や発汗作用があります。

体を冷やす食材

汗をかきにくくする、体を冷やす食材には以下のようなものがあります。

  • 野菜:トマト、レタス、キャベツ、きゅうり、ナス等
  • 果物:梨、スイカ、柿、バナナ、オレンジ、りんご等
  • その他:豆腐、蕎麦、白砂糖、小麦、こんにゃく等

ただし、発汗を促進するものは食べず、体を冷やすものばかり食べるのは健康上あまりおすすめできません。状況に応じた工夫が必要です。

リンパ節を冷やす

リンパ節を冷やすと体温上昇と発汗を抑えることができます。冷やすのは、首の後ろ・左鎖骨の下・脇の下・太ももの付け根・ひざ裏の5か所です。

冷やす際に、ハッカ油の香りを利用して、脳に「涼しい」という感覚を伝えることも効果的があります。

ハッカ油を5滴ほど50ccのお水に溶かしてミントウォーターを作ります。そして先ほどご紹介した部位に、シュッと吹きかけるのも、外出先での便利な制汗方法です。

>>>ハッカ油を楽天でチェックする

汗腺を鍛える

顔に発汗を集中させないためにも、手足などの汗腺を鍛えて発汗量を調整しましょう。

有酸素運動や半身浴で、汗を沢山かく習慣をつけることが大切です。そして汗をかいた後は、水分補給をしながら室温で自然に汗が引くのを待ちましょう。

日々の生活に発汗を取り入れ、汗腺を活発にしたり、休ませることで汗腺が鍛えられていきます。

漢方薬

漢方で体質改善をはかり、顔汗を止めるという方法もあります。漢方とは自律神経、血流、ホルモンバランスなどを総合的に時間をかけて整えていくものです。

時間はかかりますが、体の持つ治癒力を高めていくので、ハッカ油やツボ押しなどと併用しながら取り入れることもオススメです。

  • 緊張など精神的な原因による多汗には「柴胡桂枝乾姜湯」(さいこけいしかんきょうとう)
  • 体の余分な汗を尿として排出してくれる「防已黄耆湯」(ぼういおうぎとう)
  • 発汗を調整してくれる「桂枝加黄耆湯」(けいしかおうぎとう)

などが有名です。

近くに漢方を処方してもらえる所があれば、それぞれに合う漢方を処方してくれることもあるので、1度相談してみてはいかがでしょう。

自律神経の乱れを整える

副交感神経の働きが弱く、交感神経だけが高い状態が続くなど、自律神経の乱れが止まらない汗の原因にもなりますので、交感神経と副交感神経のバランスを整えることは、効果的な顔汗対策となります。

副交感神経の働きを高め自律神経の乱れと整える呼吸法をご紹介しますので参考にして下さい。

<胸の呼吸法>

  1. 仰向けに寝て、膝を立てる
  2. 腕の上に手を置く
  3. 胸が膨らむのを意識して息をゆっくり吸い込む
  4. 胸がしぼむのを意識してゆっくり吐く
  5. 吸って吐いてを5回繰り返す

<お腹の呼吸法>

  1. 脇腹に手を当てる
  2. お腹が膨らむのを意識してゆっくり息を吸う
  3. お腹がしぼむのを意識しながら、ゆっくり息を吐く
  4. 吸って吐いてを5回繰り返す

お腹と胸の呼吸法を毎日朝晩1セットずつ行えば、乱れた自律神経が安定してきます。さらに、胸とお腹の呼吸を同時にできるようになれば、よりベターです。

この呼吸法は健康情報番組で紹介され、実際に実践した人(激辛カレーを食べて顔汗が止まらなくなっていました)の自律神経の乱れが大幅に改善されていましたで是非、試してみて下さい。

<まとめ>

止まらない、ひどい顔汗は

  • 休眠している汗腺が多く、顔に汗が集中してしまう
  • 顔面多汗症

などの原因が考えられますが、まずは半側発汗やジェル、サプリなどで対応しつつ、食事の配慮、運動して汗をかく、自律神経を整える呼吸法などの改善策を実践していきましょう。その他、漢方薬、ツボ押しなども人によっては有効です。

顔汗はひどくなれば精神的な負担がとても大きいはず。少しずつでも改善できるように、色々な方法を試してみて下さい。それでも改善しない場合は、病院で専門医の診察を受け内服薬や外用薬での治療をおすすめします。