髪にいいオイルで髪のパサつきケア

シャンプーやコンディショナーを変えても髪のパサつきが解消しないとにお悩みの方に、是非おすすめしたいのがヘアオイルですが・・・

「ベタつきが気になる」

「使い方がよく分からない」

といった理由でまだ使っていない人もいるようです。

そんな方に、髪のうるおいを取り戻してくれるヘアオイルの効果や正しい使い方などをご紹介していきます。毎日のお手入れに髪にいいオイルを是非取り入れてみてください。

目次

ヘアオイルの効果とは?

パサつく髪がオイルでツヤツヤに!

ベタつきやすいことから苦手という人も多いヘアオイルですが、正しく使えばきちんとした効果を得ることができます。特に髪のパサつきに悩む人にはおすすめです。

髪にツヤやうるおいをもたせる

ヘアオイルは、乾燥した髪にうるおいを与える保湿効果があります。オイルが髪の毛1本1本をコーティングし、水分や栄養分を閉じ込めるためです。

また、見た目のツヤ感がアップするので、髪の毛がキレイに見える効果も。

熱や摩擦のダメージから保護する

ドライヤーを行う前にヘアオイルを使えば、熱によるダメージから守り髪のパサつきを抑えられます。同様に、ブラッシングや頭皮マッサージの前に使うことで刺激を軽減できます。

また、ヘアオイルを使うことで紫外線のダメージからも保護できます。

乾燥から守る

乾燥しやすい冬や、夏にエアコンが効いた部屋にいると、知らず知らずのうちに髪も乾燥してしまいます。ヘアオイルはこのような乾燥から髪の毛を守り、パサつきや広がりを防ぐのに役立ちます。また乾燥による静電気予防にも役立ちます。

ヘアオイルがおすすめなのはこんな人!

あなたがもし下のような症状に当てはまるなら、ヘアオイルでのケアに向いていると言えます。

  • 髪の毛が乾燥してパサついている人
  • ドライヤーを毎日使う人
  • ヘアアイロンをよく使う人
  • くせ毛でスタイリングが決まらない人
  • 枝毛・切れ毛がある人
  • パーマ・カラーで髪の毛が傷んでいる人
  • 髪の毛が広がりやすい人
  • 静電気が起きやすい人
  • 紫外線の影響が心配な人
  • 髪質が硬い人

ヘアオイルの種類

ココナッツオイル

ヘアオイルには植物由来と鉱物性のものがあります。

植物由来のオイル

ゆず油やオリーブオイルなど、天然の植物由来のオイルは、髪の毛や頭皮に負担をかけにくく、頭皮マッサージにも使うことができます。ただし、鉱物性オイルと比べるとコストが高めです。

植物由来のヘアオイルは、万能なオリーブオイル、保湿効果に優れる椿オイル、くせ毛に向くホホバオイル、頭皮環境を整えるココナッツオイルなどの種類があります。

鉱物性のオイル

石油由来のミネラルオイルをメインに、植物由来のオイルを数種類配合したタイプです。
価格が安く即効性が高いのが特徴です。

シリコンが配合されていることが多く、頭皮につけると毛穴を塞いだり炎症が起きたりする原因になることも。そのため頭皮マッサージには向きません。

ヘアオイルの選び方のポイント

いろいろなオイル

成分で選ぶ

毎日のケアに長期的に使いたい、普段から頭皮マッサージを行いたいという場合は、肌に優しい植物由来のヘアオイルがおすすめです。

一方、デートや旅行前など、ここぞというときに即効性が欲しいなら、鉱物性のヘアオイルが向いています。成分に応じて使い分けてもいいですね。

髪質で選ぶ

保湿効果が高いものを選ぶのが大前提ですが、

  • 髪の毛が細くてボリュームがない人は、さらさらタイプ
  • 髪の毛が多く広がりやすい人は、しっとりタイプ

を選ぶといいでしょう。

香りで選ぶ

ヘアオイルはつけてそのまま寝たり外出したりすることが多いので、香りを重視して選ぶのもおすすめです。ツバキ油やゆず油などは果実本来の香りが残っていますし、ココナッツオイルはココナッツの甘い香りがします。

そのほかにもさまざまな香りのヘアオイルがあるため、まずはテスターや試供品で香りを確かめてから購入してください。

髪のパサつき改善におすすめのオイル

パサつく毛先を改善したい!

色々あって選べない、そんな方の為に、管理人が自分でも使ってみたい「植物由来のヘアオイル」を中心にご紹介します。ヘアオイル選びの参考にしてください。

VIRCHE(ヴァーチェ) マルラオイル

VIRCHE(ヴァーチェ)マルラオイル

南アフリカの厳しい大地に育ったマルラの実から抽出されるマルラオイルには、ビタミンC・E、リノレン酸、オメガ6.9が豊富に含まれ、抗酸化力はオリーブオイルの約10倍です。

その美容効果はアルガンオイルを超えたとも言われ、保湿効果は抜群。
傷んだ髪の修復作用も期待されます。

使い切ってもOK!30日間返金保証付き!
>>>【VIRCHE】マルラオイル

HABA(ハーバー) 高品位「スクワラン」

ハーバー スクワラン

スクワランは私達のお肌にもともとあるうるおい成分なので、肌なじみがよく、僅か1滴でもうるおいが持続すると評判のピュアオイル。

1983年の発売以来、累計販売本数は1400万本を突破のベストセラー。
ヘアオイルとして使うと、パサつきや広がりが落ち着き、まとまりやすくなります。

>>>スクワラン

mogans(モーガンズ)  ディープモイストオイル

mogans(モーガンズ)  ディープモイストオイル

希少なオーガニックアルガンオイルに、15種類のオイルを配合、天然成分100%のピュアオイル。シャンプー前や、タオルドライに使うと、ツヤやかな髪に。癒やされる香りも評判です。

>>>mogans ディープモイストオイル

モロッカンオイル トリートメント

モロッカンオイル トリートメント

楽天、アットコスメなどで超人気のアルガンオイル。2010年発売以降アットコスメアワードの上位常連、2015年にコスメアワード殿堂入を果たした実力派です。

保湿力の高いアルガンオイルと、各種ビタミンが髪に驚く程のツヤを与えます。

アルガンオイルブームの火付け役としても有名なヘアオイル。

>>>モロッカンオイルトリートメント

NATURALORCHESTRA ホホバオイル

NATURALORCHESTRA ホホバオイル

ECOCERT(世界最高権威フランス有機認証機関)とCOSMOS(ヨーロッパ統合有機認証機関)の2機関のオーガニック認定を受けている高品質オーガニックホホバオイル。

髪に不足しているワックスエステルを補充、乾燥や異物から守り潤いをキープ。肌や髪に本来のツヤとハリを与えてくれます。

>>>NATURALORCHESTRA「オーガニックホホバオイル」

ジ・オリーヴオイル F

ジ・オリーヴオイル F

南仏クレルモン・レローの希少品種「オリヴェール種」を使用し、酸度0.8%以下という厳しい国際基準をクリアしたエキストラヴァージンオリーブオイルは、香り高く肌なじみも抜群。

ヘアケアにも安心して使えます。

>>>小豆島ヘルシーランド ジ・オリーブオイルFミニ

ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル

ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル

コールドプレス製法(低温圧搾法)により抽出され、栄養素が壊れていないエクストラバージンココナッツオイル。農水省認定の有機JASマークをはじめ、世界有数の有機認定を獲得しているハイクオリティで、髪にも肌にも安心して使えます。

>>>ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル

ジョンマスターオーガニック ARオイル(アルガン)

ジョンマスターオーガニック アルガンオイル

オーガニック認証USDAを取得のジョンマスターオーガニックのアルガン(AR)オイル。
うねりを抑え、枝毛を予防、しっとりまとまりやすく髪を補修してくれます。

数々の美容雑誌でベストコスメ受賞の実力派ヘアオイル。

 >>>ジョンマスターオーガニック アルガンオイル

大島椿

大島椿

1927発売の超ロングセラーの100%椿油ヘアオイル。髪がもつ本来の美しさを引き出し、パサつき枝毛予防、紫外線予防も予防します。

アットコスメ初期からの上位常連、10周年では特別総合大賞受賞。日本が誇る高品質ヘアオイルです。

>>>大島椿 椿油100% 40ml

WELEDA(ヴェレダ)オーガニックヘアオイル

WELEDA(ヴェレダ)オーガニックヘアオイル

世界50カ国以上で愛用されているスイスのナチュラルオーガニックブランド、ヴェレダ。日本にも愛用者が多いことで有名です。

そんなヴェレダのオーガニックオイルは、ピーナツオイルやゴボウエキスが髪に潤いと自然なツヤを与え、傷んだ髪を補修してくれます。プレシャンプーにもおすすめ。

ローズマリーの香りもハーブ好きに好評です。

>>>WELEDA オーガニック ヘアオイル

柳屋あんず油

柳屋あんず油

あんず油はサラサラっとした使い心地が特徴のオイル。保湿力も適度で、ベタつきにくく、つけてすぐにその効果を実感できます。

朝のスタイリングに使っても失敗しにくいのでおすすめのオイル。

>>>柳屋あんず油 ヘアオイル

ゆず油

ゆず油

高知県北川村産のゆず種子油100%の無添加ゆず油。天然油の中でも、さらりとベタつかない使用感に人気が集まっています。

ツヤが大切黒髪を重すぎず、軽すぎず、キレイにまとめてくれます。

>>>ゆず油 無添加ヘアオイル

ボタニカルヘアオイル

ボタニカルヘアオイル

楽天ランキング上位常連のヘアケア製品ブランドのオイルは20種類の天然植物保湿オイル、3種類のカラー褪色防止成分、エイジングケア成分配合。

しっとりでもべとつかず、量を加減すればサラサラにも。継続使用で髪質が改善したというリピーターが多い人気のオイルです。

>>>ボタニカル ヘアオイル

【ロクシタン】ファイブハーブス リペアリングヘアオイル

ロクシタン ファイブハーブス リペアリングヘアオイル

アンジェリカ、ラベンダー、ゼラニウム、イランイラン、スウィートオレンジ、フォーグレインオイル、5種類のエッセンシャルオイルが髪にに潤いを与えてくれる、ロクシタンのヘアオイルです。

サラサラになる、風でふわりと香る等、べたつかずサラリとした使い心地が人気の理由。

ロクシタン ファイブハーブス リペアリングヘアオイル

ヘアオイルの正しい使い方

髪にいいオイルでパサつく髪をツヤツヤ髪に改善したい!

ヘアオイルの正しい効果を得るには、付け方や付けるタイミングについて知っておきましょう。

ヘアオイルを使うおすすめのタイミング

  • 朝のスタイリング時
    髪の毛が広がりやすい人やくせ毛の人は、スタイリング時にヘアオイルを使うことで髪の毛がまとまりやすくなります。更に紫外線のダメージ防止や髪にツヤを与える効果も。

  • お風呂上がり
    お風呂上がりにドライヤーを使うときにつけることで、髪をダメージから守ります。

  • 寝る前
    ヘアオイルをつけてから寝ると、成分の浸透率が高まります。
    また、寝る前につけることで起きたときの髪のまとまりもよくなります。

ヘアオイルを1回に使う量は?

ヘアオイルでありがちなのが、つけすぎてベタついてしまうことです。髪の毛全体にオイルをつけ終えても手のひらにオイルが残っているようならつけすぎだと言えます。

プッシュタイプならまずは半プッシュほど手にとってみて、足りないようなら後から足すようにしてください。

ヘアオイルの付け方

  1. 手のひらにヘアオイルをとり、両手によくのばします。
  2. 傷みやすい毛先から、内側までもみこむようになじませます。
  3. 手のひらに残ったオイルを髪の毛全体になじませます。
    植物性オイルならそのまま指の腹を使って頭皮マッサージをしてもOK。

オイルヘアパックのやり方

乾燥しやすく、静電気が起きやすい秋冬は、オイルでヘアパックをしてうるおいを取り戻してあげましょう。

  1. 髪の毛をブラッシングしてホコリやゴミ、もつれをとっておきます。

  2. オイルを手のひらにとり、毛先から揉み込みましょう。

  3. 髪全体にオイルが馴染んだら、指の腹や手のひら全体を使って頭皮をマッサージします。

  4. 蒸しタオルかシャワーキャップを頭に巻き、15分ほど放置します。
    この間に湯船に浸かってもOK。

  5. 普段通りにシャンプーを行います。髪の毛にオイルが残っていても問題はありませんが、ベタつきが気になる場合は2度洗いをしても大丈夫です。

  6. 効果は1週間程度持続する人が多いようです。
    いくつかのオイルで仕上がりを比較して好みのものを選ぶのもおすすめ。

    オイルは植物由来、天然のものを選びます。椿油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、あんず油など天然成分100%タイプがおすすめです。

トリートメントに混ぜても効果アリ!

ヘアパックはおすすめですが、時間が無いという方はコンディショナーに1、2滴程混ぜて使ってみて下さい。それだけでも保湿効果が高まり、傷んだ毛先等がしっとりまとまりやすくなります。

髪がパサつく理由

ヘアオイルを使ってヘアケアすると同時に、髪がパサつかないようにすることも大切です。髪をパサつかせるNG行動を見ていきましょう。

シャンプーの方法が乱暴

シャンプーしている時に髪の毛を強く引いたり、擦ったり、ゴシゴシと力を入れてタオルドライする等は髪を傷めます。

髪の毛は濡れるとキューティクルが開く為、乱暴に扱うとキューティクルが簡単に剥がれ、傷む原因となるのです。

ドライヤーの時間が長い

キューティクルは熱に弱い為、長時間のドライヤーは髪を傷める原因になります。

やさしく丁寧なタオルドライ後に、髪の毛からドライヤーを15㎝以上離して手早く乾かします。(個人的には扇風機の併用もおすすめです)

自然乾燥している

自然乾燥は頭皮と髪の毛の間に湿気が残る、頭皮が蒸れる等のデメリットがあるのでやめましょう。濡れたまま寝ると、摩擦でキューティクルが剥がれ、髪の毛が傷みます。

紫外線を浴びる

紫外線を浴び続けると髪の毛を構成しているタンパク質が酸化し、キューティクルも剥がれやすくなってしまいます。

コテやヘアアイロン

コテやヘアアイロンはかなりの高温となります。キューティクルは熱に弱いので、毎日のようにコテを使うと、髪がパサつく原因になります。

<まとめ>

ヘアオイルは正しく使えば、髪にうるおいを取り戻すことができる優秀なヘアケアアイテム。朝のスタイリング時、寝る前、お風呂上がりなど、使うタイミングを選べば、お好みの仕上がりを手に入れることもできます。ライフスタイルやヘアスタイルに合わせて使い分けるのがおすすめ。

シャンプーやコンディショナーを使うように、ヘアオイルを毎日のヘアケアに取り入れて、髪のパサつきを抑え、美しいツヤツヤの髪を取り戻していきましょう。