ジャラハニーの効果は?

ジャラの花からとれる貴重なジャラハニー。その強い抗菌作用と殺菌作用でマヌカハニー同様に注目されていますが、実際に食べたことがある人はあまりいないかもしれません。

そこで今回はスーパーフードといわれるジャラハニー利用者の口コミやオーストラリア在住の友人の情報をもとにジャラハニーの特徴や期待できそうな効果、マヌカハニーとの違い、上手な使い方などをまとめました。

ジャラハニーとは

ジャラハニーは固まりにくく使いやすい蜂蜜

ジャラとは西オーストラリアのみに生息する特有の木で、ユーカリの一種です。高さが40mにもなり、樹齢は長く1,000年以上と言われています。

このジャラの花から取れるジャラハニーが貴重と言われる理由は花の開花が2年に1度だから。

また、一般的なハチミツと異なり、高温処理をしていないオーストラリアのオーガニックジャラハニーは、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれた希少な生のハチミツという点も付加価値です。

開花時期は、オーストラリアの春から初夏にあたる11月~1月です。ジャラハニーの色は琥珀色で、濃厚なキャラメルのような味わいが特徴的。他のハチミツと比べて甘みは強くありません。

又、ジャラハニーは果糖の割合が多く、グリセミック指数(GI値))が低い為、結晶化しにくく、固まりにくく、使いやすい蜂蜜でもあるのです。

ジャラハニーは ”healing honey” (癒す・治すハチミツ)とも呼ばれており、食料品というよりも治療薬として使われることが珍しくありません。

>>マヌカハニーを上回る活性力!
NATURAL ORCHESTRAの「プレミアムオーガニック ジャラハニー」

ジャラハニーの効果

朝から調子がいいのはジャラハニーのおかげ?

ジャラハニーの大きな特徴は抗菌作用と殺菌作用ですが、実際に利用している方の口コミをチェックして、期待できそうな効果をピックアップしました。

風邪のひきはじめにおすすめの声多数!

強い抗菌力をもつといわれるジャラハニーを喉の炎症や口内炎の際に利用している方も多く、喉の痛みを和らげ、咳の改善、風邪予防にも役立つという口コミが目立ちました。

スプーン1杯のジャラハニーを口に含み、なるべく長い時間飲み込まないようにすることがコツ。毎日食べれば、風邪やインフルエンザ予防対策にもなりそうです。

美肌効果も期待できそう!

非加熱のジャラハニーは、蜂蜜に豊富なミネラル、ビタミンが豊富に含まれている為、リップクリーム代わりに使ったり、洗顔料やボディソープに混ぜて使うなど、肌の潤いを保つために使っている方もいます。

酪酸菌が生きて腸まで届き、スッキリ生活に貢献!

ジャラニーには熱や胃酸に強く、生きたまま腸まで届く酪酸菌が含まれています。

また、ジャラハニーに含まれるオリゴ糖やグルコン酸にはビフィズス菌を増やす働きがあるため、朝のスッキリに貢献してくれそうです。

参考⇒酪酸菌と乳酸菌の違いは?

糖分が気になる方は砂糖の代わりに!

ジャラハニーは他のハチミツと比べて、ブドウ糖含有量が少なく、GI値が低い為、ダイエット中の方や糖分が気になる方には理想的な食品です。

とはいえ血糖値の高い方は量や使い方について注意が必要ですので、必ず医師の指示を仰いでください。

傷口の治癒を早めるという声も

強い殺菌作用がある為、怪我をした時に傷口に塗ると、菌が繁殖するのを抑え、治りが早くなるという声も。また傷だけでなく、日焼けや火傷をした時にも使用している方がいました。

ジャラハニーとマヌカハニーの違い

ジャラハニーはマヌカハニーとどう違う?

マヌカハニーの方が日本では有名ですが、ジャラハニーとはどこか違いがあるのでしょうか。

マヌカの木の花から取れるマヌカハニーは、ニュージーランドが原産ですが、オーストラリアでも栽培されています。

マヌカは別名ティーツリーとも呼ばれ、独特の香りと他のハチミツよりも深く濃い色をしています。このマヌカハニーもジャラハニー同様、強い殺菌・抗菌力を持ち、風邪予防、炎症抑制、美肌効果等が期待されています。

オーストラリア在住のオージーに聞いたところ、現地でもマヌカハニーの方が手に入りやすくポピュラーだそうです。

期待している効果等は同じような感じだけれど、味が違うので(日本では黒糖に似ているとのレビューもかなり見受けられます)、マヌカが苦手な人は試してみてもよいのではないか?ということ。

またマヌカハニーに比べると、粘性が高く、スプーンで取り出しやすく、使いやすいのもメリットだそうです。

TAとUMF・MGO表記について

ジャラハニーのラベルに表記されているTA、マヌカハニーのUMFとMGOについて説明します。(TA・UMF・MGOはそれぞれ数字が高いほど、含まれる抗菌成分が多くなります。)

ジャラハニーに表記されるTA

TAとはトータルアクティヴィティという抗菌成分をはかる検査法のことで、ジャラハニーに限らず、他のハチミツにも採用されています。

ハチミツの殺菌成分である過酸化水素水を除去せずに、ハチミツ全体の抗菌成分をはかる検査で、消毒液として使用されているフェノール液と比較して、どの程度の抗菌力があるかを数値化して表記されています。

TAの数値が10+⇒20+と高いほどを抗菌力も強いことを示しますが、UMF検査のように過酸化水素水を除去した後の数値ではないため、ジャラハニー特有の抗菌力が明確ではないという紛らわしさも指摘されています。

マヌカハニーに表記されるUMFとMGO

UMFとMGOはそれぞれ、マヌカハニー特有の抗菌力・殺菌力を表す指標です。

UMFは、マヌカハニーにのみ含まれる要素(Unique Manuka Factor)の略を表し、過酸化水素を取り除いた後の抗菌力をフェノール消毒液と比較して示しています。

例えばUMF20+のマヌカハニーは20%濃度のフェノールと同じ殺菌作用を持つという意味です。

MGOは、マヌカハニー特有の食品メチルグリオキサールという抗菌成分のことです。

MGO100+と表記されていれば、マヌカハニー1kg中に100mgのMGOが含まれているという判断ができます。

UMFとMGOはどちらも抗菌力を表していますが、MGOはニュージーランドのマヌカヘルス社と日本では株式会社TCNの商標登録であるため、MGOが書かれていないマヌカハニーもあります。

オーストラリア在住の知人に聞いた現地での情報

ゴールドコースト在住の知人に、ジャラハニーとマヌカハニーをどんな風に利用してるのか聞いてみました。

すると、一般的にはマヌカハニーを常備している家庭が殆どで、ジャラハニーを常備している家庭はあまりないそうです。ジャラハニーは希少性により手に入りにくいのが、マヌカハニーほど普及していない理由ではないかと言っています。

風邪の時にはマヌカハニーを皆食べる(飲む)のが一般的だそうで、オージー主婦達の間ではマヌカハニーの効果効能はジャラハニーと変わらないという認識だそうです。

 医師も驚く!! 天然活性物質MGOマヌカハニーは健康の源です。

養蜂40年以上のプロがニュージーランドで永住権を取得、日本人の繊細さで他にはない極めて高い活性力のあるMGOマヌカハニー39+の採取に成功!!

ほとんどの顧客がリピーターという正真正銘のオーガニックマヌカハニーとは?!

>>ストロングマヌカハニー

ジャラハニーの美味しい食べ方・使い方

牛乳にジャラハニーを入れてみた!

オーストラリア在住の友人に教わったジャラハニーの食べ方や使い方をご紹介します。

ホットミルク

温めた牛乳にジャラハニーをスプーン1杯溶かして飲むと、ジャラハニー独特の香りを楽しめる!

スムージー

野菜は果物と比べて甘みが少ないので、そこに甘さ控えめのジャラハニーを少し加えると、野菜の味も消えることなく飲みやすくなるそうです。

<スムージーの作り方>

※材料(コップ約2杯分)

  • 赤ビーツ 1/2個
  • にんじん 1/2本
  • ケールの葉1枚
  • アーモンドミルクまたは牛乳1カップ
  • ジャラハニー ティースプーン2

材料を全てミキサーに入れて混ぜれば、スムージーの出来上がり。赤ビーツが手に入りにくい場合は、にんじん1本で代用してみてください。

このスムージーには、食べる日焼け止めとしても活躍してくれる赤ビーツとにんじんが含まれるので、朝飲んでから出かけたり、いつもより強い紫外線を浴びてしまった、という日のケアにも大活躍とのこと。

ケールや赤ビーツには鉄分が豊富に含まれるので、アンチエイジング対策としても期待できそうです。

フェイスパック

ジャラハニーはミネラルを豊富に含むのでフェイスパックにも使えます。抗菌作用もあるので、ニキビなどの肌荒れがある方にもいいのでは。

顔に塗り、15分を目安にパック。ぬるま湯で簡単に洗い流せるので、肌への負担もかかりません。

(ちなみに面白い使い方としては、切った植物の茎にジャラハニーを塗ると、元気な根が早く出てくると言われています。人間の肌とは比べられませんが、皮膚も早く生まれ変わらせてくれそうですよね)

<まとめ>

ジャラハニーもマヌカハニー同様に抗菌・殺菌作用が高く、具体的には風邪やインフルエンザ予防、口内炎解消、風邪による喉の痛みの緩和などに幅広く利用されていることがわかりました。

両者に期待される作用に大きな違いはなさそうですが、

  • 味が異なる
  • ジャラハニーの方がスプーンで扱いやすい

という特徴があるので、マヌカハニーの良さを知っている人なら、一度ジャラハニーを試してその違いを確かめてみてもいいかもしれません。

受験生がいる家庭、仕事を休めないママ、パパのお子さん、体調に注意したい高齢者等の健康維持に特におすすめだと思いますよ。