美肌を目指し自分でイオン導入する女性

美容皮膚科で受けられるイオン導入は、専用美顔器を購入すれば自宅でのケアも可能です。

では美容皮膚科と自宅でのイオン導入は、やり方や効果、費用などに、どのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回はイオン導入の美肌効果や化粧水の選び方、美容皮膚科と自宅ケアの違いやそれぞれのメリット等をくわしくご紹介します。

どちらを選ぼうか迷っている方は是非参考にしてください。

イオン導入とは?

イオン導入器と化粧水

美肌効果の高さから、女性に人気のイオン導入は、家庭用もしくは医療用のイオン導入器(イオントフォレーシス)を使って、化粧水等の美容成分を肌に浸透させやすくするスキンケアです。

私達の肌表面、角質層にはプラスイオンが多くなっていますが、この角質層の内側、顆粒層にはマイナスイオンが多くなっています。この為、角質層と顆粒層の間には微弱電流がバリアのように流れており、美容成分は電流に阻まれて、肌の奥迄浸透することができません。

ところが、イオン導入器を使って肌の表面に弱い電流を流すと、角質層と顆粒層の間に流れている電流が弱められ、美容成分を肌の奥まで届けることができるようになるのです。

多くの皮膚科や美容皮膚科でイオン導入に用いられるビタミンC誘導体やプラセンタなどは水に溶けるとマイナスを帯びています。このため、イオン導入器をマイナスで使用すれば、その電流と反発しあって、肌の奥まで押し込まれるように浸透していく、という仕組みです。

イオン導入器を使えば、ハンドプレスで化粧水をつけたときの数倍から数十倍もの効果が見込めるといわれています。

イオン導入で得られる効果は?

イオン導入で肌荒れが改善した!

一般的にイオン導入に使われる導入剤はビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、アミノ酸など、分子が細かい成分。それぞれの肌の悩みに応じて選び、導入します。

前述の通り、ハンドプレスの数十倍の浸透力が見込める為、それぞれの美容成分に期待される効果がいっそう得やすくなると考えられています。

よく使われる成分では

  • ビタミンC誘導体
    線維芽細胞を刺激しコラーゲン生成促進、皮脂分泌抑制、活性酸素除去等によるシワ、たるみ改善などの美肌効果。

  • プラセンタ
    線維芽細胞の増殖促進、表皮細胞の生成とターンオーバーの促進、活性酸素除去等による美容効果。

  • トラネキサム酸
    抗炎症作用、メラニン抑制作用等による肝斑などのしみ、色素沈着、くすみの改善。

  • アミノ酸
    コラーゲン生成促進による肌のハリ、弾力の改善。

  • グリシルグリシン
    毛穴収縮成分による毛穴の開きやキメの改善。

等の効果が期待されます。このように、成分にもよりますが、肌の奥まで有効成分を届けることにより期待される効果として、

  • 美白
  • 保湿
  • 毛穴の開きを抑える
  • 過剰な皮脂分泌を抑える
  • シミやそばかす、くすみの改善
  • ニキビの予防・ニキビ跡の改善
  • シワやたるみの予防・改善
  • 肌の新陳代謝の促進

等があげられます。

美容皮膚科での施術と自宅ケアの違いは?

管理人も市販のイオン導入器を使って自宅でイオン導入しています。

イオン導入は、大きく分けると美容皮膚科での施術と自宅ケアの2つの方法があります。それぞれの違いについて見ていきましょう。

導入液の違い

イオン導入で使える導入剤には分子のサイズや無添加等様々な条件があり、自宅で行う時に使う導入液は、美顔器メーカー推奨の美容液や、イオン導入にも使用可能とされている市販の化粧水や美容液となります。

ただし、自分の肌悩みに向く成分や組合わせの選択には、ある程度の知識が必要だったり、そもそも探す手間も必要となります(希望の成分が配合されていても、添加物の問題でイオン導入には使えない製品も数多いからです)。

医療機関やエステでやってもらう場合は、自分の肌悩みにあった成分を選んでもらえ、市販品では手に入らない高濃度な美容液を使ってもらえるケースも多く、効果にも違いがあると言えるでしょう。

使用する機器のパワーの違い

美容皮膚科では出力の高い医療用機器を使うため、自宅用のものとはパワーに大きな違いがあります。(自宅用は電池式のためどうしてもパワーには限界があります)

また、ほとんどの皮膚科ではイオン導入と併用してピーリングや超音波マッサージ等が行われるため、美肌効果は自宅でイオン導入だけするよりも効果は高いと言えるでしょう。

さらに、医師の指導の下行うため安全で、アフターケアもしっかりしている点が大きなメリットです。

料金の違い

美容皮膚科でイオン導入を受けると、コースによっても違いますが、1回5千円~1万5千円程度はかかります。また、1回だけで済むわけではなく、数週間継続して通う必要があります。

一方、自宅で使えるイオン導入器は2万円前後~3万円で購入が可能です(もっと高額の機種もありますが)。一度買えばあとは導入剤のみの購入で済み、自分の好きなときに、気軽に使えるのが最大のメリットです。

また、イオン導入は顔以外の、首、デコルテ、手の甲といった老化があらわれやすい肌にも使えます。医療機関でこういったパーツもイオン導入してもらうと、料金がその分高くなりますが、自宅なら、導入液を余分に使うだけ、これもメリットの一つでしょう。

ちなみに、管理人が愛用しているイオン導入器は、医療機関と同程度の出力が魅力のキャリーオン。もちろん、首、デコルテ、手の甲にもやってます。

自宅でイオン導入して、実際の使い勝手やお肌への効果などもレビューしています。
⇒イオン導入器キャリーオンの効果を検証!レビューはこちら

イオン導入におすすめの成分は?

美容皮膚科で使われるイオン導入の成分

イオン導入に使える、おすすめの美容成分をみていきましょう。

ビタミンC誘導体

イオン導入との相性の良さと効果の高さから、ほとんどの美容皮膚科で使われている成分です。シミやくすみの改善、ニキビ対策に効果的です。

水溶性、油溶性、新型(進化型、高浸透型)の3種類があり、その性質によって化粧水、クリーム、美容液に配合されています。

自宅でのイオン導入にもっとも効果的なのは新型ビタミンC誘導体配合の化粧水です。

参考⇒ビタミンC誘導体の種類と美肌効果

プラセンタ

プラセンタには、肌のハリや弾力をキープする線維芽細胞を増殖させるFGF(線維芽細胞増殖因子)や、表皮細胞を増殖させるEGF(上皮細胞増殖因子)が含まれています。

プラセンタをイオン導入すると、このFGFやEGFの働きで肌のターンオーバーが正常化し、シミ、シワ、たるみの改善を促進できます。

また、活性酸素の過剰発生を抑制したり、プラセンタに含まれる「核酸」による損傷した遺伝子の修復作用による肌の老化防止、若返りの効果も期待できます。

参考⇒プラセンタサプリおすすめランキング~購入して美肌効果を比較!

グリシルグリシン

そのままでは分子が大きいため化粧品には利用されませんが、美容皮膚科やエステでは低分子化して使われています。

グリシルグリシンには毛穴の収縮作用がある為、開いた毛穴を引締め、肌のキメを改善するいわゆる「毛穴ケア効果」が期待されます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は抗炎症作用を持ち、内服による美白作用もある為、肝斑(かんぱん)という女性の両頬に見られるシミの治療薬(内服)として処方されています。

飲み薬に不安を感じる方にとっては、肝斑に有効なトラネキサム酸を塗り薬としてイオン導入できることは、うれしいメリットといえるでしょう。

また、メラニン排出効果があるケミカルピーリングと併用することでより効果を高めるといわれています。

参考⇒トラネキサム酸の美白効果と副作用~飲み薬と化粧品の違いは?

アミノ酸

肌の保湿に必要なNMF(天然保湿因子)は汗や洗顔で流れる上に、加齢により減少し、乾燥の原因となります。

このNMFの半分はアミノ酸とPCA(ピロリドンカルボン酸)で構成されている為、アミノ酸をイオン導入することで、NMFを補い、保湿の促進が期待できます。

イオン導入を行う際の注意点は?

安全にイオン導入する際のチェックポイント

肌トラブルを防いで安全にイオン導入を行うための自宅でのやり方や注意点、について見ていきましょう。

イオン導入に適した成分を使おう

イオン導入には、適した成分とそうでないものがあります。イオン導入に適しているのは、分子が小さくイオン化できる、水溶性の成分です。

コラーゲン・ヒアルロン酸・イソフラボンなどはイオン導入に適していないため、使わないようにしましょう。また、クリームや油溶性のクリームなど油分を含むものも使えません。

また、導入液に香料や防腐剤が添加されていれば、有効成分と共に肌の奥へ届くことがある為、イオン導入用の化粧水や、無添加化粧水を選ぶ必要があります

ただ、市販の化粧水で完全無添加のものを探すのは難しく費用もかかってしまうので、自宅で行う場合はイオン導入専用の導入剤や化粧水を用いるほうが安全です。

適切な頻度を守ろう

効果の高いイオン導入は毎日でもやりたくなるかもしれませんが、1度行ったら3~4日は空けるようにします。やりすぎはかえって肌を傷めることもあるので注意しましょう。

また、気になる部分にだけ当てすぎるのもNG、顔全体にまんべんなく当てるのがポイントです。

効果は大体1ヶ月ぐらいから現れ始めます。毛穴の開きや皮脂分泌の抑制、肌のハリのアップなどの効果は比較的早く感じられるでしょう。

シミやシワの改善には3ヶ月ほどかかるため、根気よく続けることが大切です。

直接肌にあてない

イオン導入器は電気を流して肌に刺激を与える為、肌トラブルの原因になることがあります。

直接肌に導入器をあてるのは控え、必ずコットン又はフェイスマスクの上から使いましょう。

イオン導入をやってはいけない人もいる

ごく弱いとはいえ、体に電気を流すものなので、妊娠・授乳中やペースメーカーを入れている人は使えません。妊娠がわかった時点で行うのは止めましょう。

肌トラブルに注意

イオン導入はリスクの少ない施術方法ですが、敏感肌の場合や体調によっては赤みやかゆみが起きることもあります。

また、美容皮膚科の場合はピーリングのあとにイオン導入を行うといったセットになっていることも多く、人によってはピーリングで肌の状態が悪化することも。

医療機関で受ける場合は、あらかじめよく相談してから行うようにしましょう。

<まとめ>

美容皮膚科でのイオン導入は出力の高い医療用機器を使い、ピーリングなどの相乗効果の高いスキンケアとも同時に行えるので、自宅ケアより高い効果が期待できます。ただし、通う手間と経済的負担がデメリット。

一方、自宅で行うイオン導入は低コストで自分の好きなときに、気軽に使えるのが最大のメリット。さらに、出力は劣るものの家庭用のイオン導入器でも、お手入れを丁寧に続けていけば、美容皮膚科に近い効果が期待もできるはず。(管理人が使っているキャリーオンは医療機関と同程度の出力レベルです)。

ただし、自宅で行うイオン導入は使用頻度や、使用する化粧水の種類に注意しながら使うことが大切です。

以上のように皮膚科と自宅で行うイオン導入にはそれぞれメリットやデメリットがありますが、自分の予算や生活スタイルに合った方を選んでイオン導入の美肌効果を実感していきましょう。