うるさいいびきの音に眠れない女友達・・・これじゃ友達と旅行に行くのも心配ですよね。

いびきは男性がかくものと思っていたら、家族や旅行で同室の友人に自分のいびきを指摘されて、ものすごく落ち込んだことはありませんか?

実は女性のいびきは加齢と共に増加傾向にあるんです。

そこで今回はいびきの原因(女性特有の原因も)やいびきを改善するサプリメントやグッズの紹介など、いびきの治し方に関する情報をくわしくご紹介していきます。

いびきでお悩みの方は参考にして下さい。

いびきが起きるのはなぜ?いびきの原因を知ろう

いびきがひどい女性

そもそも、なぜいびきをかくのでしょうか?女性も男性も原因は同じで、いびきは「喉の奥の気道が塞がってしまい、粘膜が振動すること」で発生します。

では睡眠中に、なぜ気道が塞がる状況が生まれるのでしょうか。

肥満

太っていると首周りに脂肪がつきやい為、気道を塞ぐ大きな原因になります。

寝ている時には舌が重みで喉の奥へと落ち込み、気道を更に狭めます。

また、特に体が太っていなくても、二重あごの人は喉周辺の筋力が低下して緩むことが多い為、いびきをかきやすくなっています。

鼻づまり・鼻炎

アレルギー体質で鼻炎持ちである、常に鼻づまりがあるという人は、口呼吸になりがちです。

口呼吸で寝ていると顎が下がり、舌が落ち込みやすくなるため、いびきをかきやすくなります。

また、花粉症の人の中にはその時期だけ鼻詰まりを起こし、いびきがひどくなる人もいます。

口呼吸がクセになっている

最近の若者に多いとされる口呼吸。たとえ鼻づまりがなくても、普段から口呼吸がクセになっていれば、前述の通り、いびきをかきやすくなります。

寝起きに口の中がカラカラに乾いているなと感じたり、風邪をひいていないのに喉が痛いと感じたら、口呼吸になっている可能性があります。

飲酒

アルコールもいびきの大きな原因です。普段はいびきをかかないのに、飲酒後はいびきをかくという人も少なくありません。

アルコールは筋肉を緩めるため、寝ている間に舌が落ち込みやすくなるのです。さらに、血行がよくなることで鼻の奥の粘膜が膨れ、鼻づまりが起きやすくなることも一因です。

睡眠導入剤や精神安定剤を服用している

睡眠薬や精神安定剤などの薬にはその性質上、筋弛緩作用があります。そのせいで服用すると咽頭部や舌の筋肉が緩み、気道が狭くなりがちで、いびきをかきやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群などの病気

いびきの裏には病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

代表的なのは睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、SASと略される)。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間、1時間に5回以上の無呼吸(10秒以上呼吸が止まる)が繰り返される、或いは7時間に30回以上無呼吸が起こる病気です。

無呼吸による脳への酸素不足・心臓への負荷などその影響は大きく、日中に集中力を欠いたりひどい眠気を引き起こしたりします。

また無呼吸のせいで交感神経の緊張状態が継続するストレスにより高血圧や心疾患を発症することもあります。

もし寝ている間に「突然いびきとともに呼吸が止まり、数十秒後にふたたび始まる」といった症状がある、もしくはひどいいびきを家族に指摘されているようなら、睡眠外来や耳鼻咽喉科を受診した方がいいでしょう。

さらに、睡眠時無呼吸症候群以外にも、扁桃腺肥大、アデノイド肥大、鼻中隔湾曲症、副鼻腔炎、肥厚生鼻炎等がいびきの原因となっていることもあります。これらは治療すればいびきも改善されますが、放っておくと睡眠時無呼吸症候群の原因となることも。

いびきをかく原因には、このような病気が隠れている可能性があるので、気になる方は一度医師に相談してみましょう。

女性特有のいびきの原因

いびきの原因について説明する医師

いびきの主な原因は前述の通りですが、女性がかくいびきの中には男性と違った特有の原因があります。女性の場合、加齢に伴いいびきに悩む人が増えるのも大きな特徴。

女性特有のいびきの原因を見ていきましょう。

女性ホルモンの減少

加齢にともなって女性のいびきが増える原因は女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンは、呼吸中枢を刺激して上気道開大筋の働きをよくし、気道の広さを保つ役割をします。

しかし、更年期を経て閉経を迎えることで、女性ホルモンの分泌量が急激に減少すると、上気道を広げる機能も衰えてくる為、いびきをかきやすくなってしまうのです。

加えて、女性は更年期以降、女性ホルモン減少に伴い、太りやすくなることも原因の一つ。中高年になってからいびきをかく女性が多くなるのは、この為です。

小顔化・顎が小さい

現代の日本人は小顔化が進んでいます。柔らかいものばかり食べる食生活では、ひと昔前と比べると圧倒的に「噛む」回数が少なくなり、どんどん顎が小さくなっているのです。

小さい顎は気道が細く筋肉も弱いため舌が落ち込みやすくなります。このタイプは特に10代~20代の若い世代に多くみられます。

疲労やストレス

疲労やストレスはホルモンバランスを乱す上、多くの酸素をとりいれようと体の筋肉が緩むことで、いびきをかきやすくなります。

女性の社会進出が進み、疲労やストレスにさらされる機会が増えたことも、いびきの原因となっています。また、昔と比べると女性の飲酒機会が増えたことも、いびきをかく女性が増加している理由の一つです。

女性のいびきの治し方~いびき防止グッズの活用

このように、さまざまな原因でいびきをかく女性は意外に多く、旅行で他人に指摘されて恥ずかしい思いをしたり、誰にも相談できず、悩んでいる人も少なくありません。

いびきを自力でなんとかしたい、という場合、まず試してみたいのはいびき防止グッズ。様々なアプローチでいびき軽減するもので、通販での購入も可能です。

自分に合うものを探してみて下さい。

枕を変える

枕の高さや固さが自分に合っていないといびきが悪化することも。

寝るときの姿勢が正しくなれば、気道も確保されて呼吸しやすくなり、いびきの改善につながります。高すぎず、低すぎず、自分にちょうどよい高さの枕を選んで下さい。

また横向きで寝ると気道が狭くならないので、いびきをかきにくくなります

テレビ番組の検証でも、横寝をキープしただけで、いびきが激減した人が結構いました。そこで寝返りをうたずに横寝の姿勢をキープできる枕を使うのもおすすめです。

TBS「この差ってなんですか?」でも紹介!完売続きの横寝専用枕
>>>特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」

マウスピース

マウスピースは口の中に専用の器具をはめむことで、下顎が前に引っ張られる舌が落ち込みにくくなります。

鼻孔拡張テープ(いびき防止テープ)

鼻筋に貼って鼻腔を広げてくれるテープ。鼻呼吸をラクにしていびきを予防します。

口呼吸抑制シール

睡眠中に口呼吸になっている場合、口呼吸抑制シールが役立ちます。テープで口を強制的に止めることで、自然に鼻呼吸ができるというものです。

ただし、テープをしたまま、くしゃみをすると中耳を傷めることがあるので注意が必要です。

市販薬で鼻詰まりを解消

鼻炎やアレルギーによる鼻づまりがいびきの原因の場合は、鼻づまりを解消する市販薬を使ってみましょう。

鼻にスプレーする点鼻薬や、飲んで服用する錠剤タイプの鼻炎薬などがあります。

いびき防止サプリメントならコエンザイムQ10

いびきの改善に有効なCoQ10サプリメント

いびき防止対策に市販のサプリメントを使用してみるのも一つです。

コエンザイムQ10のいびき防止効果とは?

多くのいびき防止サプリの主成分はアンチエイジング効果でよく知られるコエンザイムQ10。

コエンザイムQ10には、栄養をエネルギーに変換し、筋肉の働きをよくする作用があります。これによって気道の通り道を確保し、いびきを予防する効果が期待できます。

コエンザイムQ10は食品からでは吸収しにくいため、サプリメントで摂るのが効果的です。

コエンザイムQ10の摂取目安量は?

そこで「いびき対策」のサプリメントを探してみると、確かにどれもコエンザイムQ10が配合されています。

ではいびき対策の場合、コエンザイムQ10の摂取目安量はどれくらいなのでしょうか?

日本コエンザイムQ協会の公式サイトには、いびきの為ということではありませんが、摂取方法として

”体内吸収力は個人差が大きく、6倍くらいあります。50mgで十分な人もいますが、300mgでも足りないという人もいます。効果を十分に体感できないときは摂取量を増やしてみてください。一日の所要量は100mg程度と考えられます”

”欧米での一般的なコエンザイムQ10の摂取量は1日100-300mg”

とあります。

また、還元型コエンザイムQ10製造で有名なカネカの公式サイトにも、まずは1日100㎎と記載されています。

上記から考えると1日に100㎎を摂取してみて、効果が感じられない場合は300㎎程度迄増量してみてもよい、といった感じではないかと管理人は考えます。

コエンザイムQ10の副作用

ではコエンザイムQ10に副作用はないのでしょうか。

調べてみたところ、コエンザイムQ10には副作用は殆ど認められず、穏やかな成分のようです。

効果も弱い分、副作用もほとんどないお薬です。近年健康食品として薬局などで普通に販売されている事からも分かるように、安全性は高いお薬です。

コエンザイムQ10は用量用法を守れば、副作用の心配はなさそうです。

参考記事⇒コエンザイムq10サプリの効果~ダイエットや美肌にも効くの?

いびきを改善する!CoQ10サプリを比較してみた

そこで推奨される「1日100㎎」を摂取することができるか、を目安に、CoQ10配合の「いびき防止サプリメント」と、特にいびき改善、防止と謳っていない「CoQ10の単独サプリメント」のCoQ10配合量やその他の成分、価格を比較してみました。

<いぶきの実>

CoQ10配合量 1粒15.625㎎(還元型)/ 2粒~4粒推奨 / 1袋60粒
その他の配合成分 えごま油、醗酵ギャバ、ラフマエキス等
価格 初回2490円 / 2回目~4980円(10日間返金保証/回数制限無し)

>>>いぶきの実の詳細はこちら

<しずかなおやすみ>

CoQ10配合量 1カプセル15㎎(活性化)/ 2カプセル推奨 / 1袋30カプセル
その他の配合成分 特に記載無し
価格 定期初回2700円(2袋)/ 2回目~5066円 (3回必須)

>>>しずかなおやすみの詳細はこちら

<サイレントナイト>

CoQ10配合量 不明/ 1日6粒推奨 / 1袋180粒
その他の配合成分 リンゴ酸マグネシウム、ギャバ、イミダペプチド
価格 初回2480円/ 2回目~4840円 (2回必須)

>>>サイレントナイトの詳細はこちら

<カネカ 還元型コエンザイムQ10>

CoQ10配合量 1粒100㎎/ 1日1粒推奨 / 1袋30粒
その他の配合成分 特に無し
価格 お試し14日分(14粒)500円

※価格は税込です。

1日の推奨摂取量で比較してみたところ、いぶきの実が31.25㎎、しずかなおやすみが30㎎、サイレントナイトが不明、カネカが100㎎となっています。

カネカは特に「いびき対策」と謳ってはいませんが、CoQ10の配合量は他を圧倒する多さ

つまり、コエンザイムQ10のいびきへの改善効果を試すなら配合量で選べばカネカ、ということになるのでは?と思います。

またカネカには2週間試せる500円のお試し製品があるので非常に試しやすいと言えます。

2週間飲んでみてどうなるか?を僅か500円で試せるのは魅力です。

あなたのいびきが本当に軽減されるのかを500円で試せます!
>>>カネカ・ユアヘルスケア通販 還元型CoQ10

女性のいびきを改善する生活習慣

いびきが改善し熟睡する女性

いびきを改善するにはサプリやグッズに頼るだけでなく、根本的な生活習慣を見直すこともとても大切です。自分にあてはまるものがあれば気をつけていきましょう。

首周りの脂肪を落とす

肥満が原因の場合、まずはダイエットが必要です。

同時に首周りや舌を支える筋肉を鍛えましょう。日頃から姿勢に気をつけ、肩を大きくまわすストレッチをするだけでも効果があります。

舌を支える筋肉を鍛えるには、舌を大きく突き出して顔を真上に向けて、舌を上にのばす→戻す、という動作を繰り返し行なってみてください。

噛む力をつける

柔らかい菓子パンをハードなライ麦パンに変える、白米を玄米に変える、おやつはせんべいにするなど、日頃から固いものを食べるよう意識してみましょう。

噛む力がつくと自然と顎が鍛えられます。

お酒を控える

お酒は適量ならストレス解消効果がありますが、いびきを予防するために寝酒はやめましょう。

遅くても寝る3時間前までには飲み終えるようにしてください。

鼻炎の治療

花粉症やアレルギーなどがある場合は、原因となっている鼻炎そのものを治すことがいびきの予防につながります。

レーザー治療などの方法もありますので、病院で相談してみてもいいでしょう。

横向きで寝る

もっとも気道が広がりやすく、舌が落ち込みにくい姿勢が横向きです。

仰向けやうつ伏せ寝に慣れている場合は、横向き寝に修正していくようにしましょう。

前述でもご紹介した、横寝専用枕を使う等の工夫もしてみて下さい。

TBS「この差ってなんですか?」でも紹介!完売続きの横寝専用枕
>>>特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」

口呼吸をやめる

口呼吸がクセになっている場合は、普段から口をしっかり閉じる意識を持ちましょう。

ダイエットして肥満が解消されれば、自然と口呼吸が治ることもあります。

また、寝ている時に口呼吸抑制シールを使うのも一つの方法です。

アプリの活用

いびき対策にアプリを活用してみるのもおすすめです。

「いびきラボ」というアプリは、寝ている間の自分のいびきを録音して聴くことができ、考えられる原因や対策についても教えてくれます。

また、毎日の記録が数値化されて残るため、自分のいびきの程度が目で確認できること、その時の条件(飲酒、対策グッズ使用等)との比較ができるのもメリット。

いびきラボを使って、自分のいびきの酷さに仰天したという声も見かけます。まずは客観的に自分のいびきの程度を知る為に無料版を使ってみてはいかがでしょう。

iPhone版 いびきラボ
Android版 いびきラボ

<まとめ>

いびきには睡眠時無呼吸症候群等の治療が必要な病が隠されていることがありますので、自分や家族のいびきが酷い場合は、専門医の診察を受けましょう。

また、病気ではなくても、周囲への迷惑や、旅行等に行かれないといったデメリットが大きいので、グッズやサプリメントでの改善をはかると同時に、ダイエットや生活習慣の改善で、できるだけ「いびきをかきにくい状態」を目指すことが大切です。

また自分のいびきの大きさを知る為に、ご紹介したアプリを使ってみるのもおすすめ。いびきを解消して質の良い睡眠を取戻しましょう。