日焼け止めの洗い残しなし!

「日焼け止めを使うと肌荒れすることがある」

「シャワーで流したのに、肌に日焼け止めが残っている」

こんな経験がある人は、日焼け止めをきちんと落とせていないのかもしれません。
日焼け止めはしっかり落とさないと、肌トラブルの原因になることも。

そこで、日焼け止めの上手な落とし方や肌にやさしい、お湯で落とせる&クレンジング不要の日焼け止め、肌荒れを防ぐアフターケアの方法などについてお伝えしていきます。

日焼け止めをきちんと使って美肌をキープしていきましょう。

肌に残したくない日焼け止め配合成分

様々なタイプの日焼け止め

日焼け止めによく使われる代表的な成分に、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤・合成界面活性剤・パラベン等があげられます。そして、あなたが使っているのが「肌にやさしい」「ノンケミカル」といった表記のある低刺激な日焼け止めだとしても、1日の終わりには日焼け止めの成分を肌に残すことなく洗い流さなければなりません。まずは、それぞれの成分について説明します。

紫外線吸収剤とは

肌の代わりに紫外線を吸収し、熱に変えて外に放出する石油由来の成分です。
紫外線防御力が強く、白浮きしない、伸びがよい為、多くの日焼け止めに使われています。

SPF値が高いほど紫外線吸収剤が多く含まれますので、肌への負担も大きくなります。
肌が弱い人は炎症やアレルギーを引き起こすともある成分です。

よく使用される成分は以下の3種類です。

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  • オキシベンゾン-3

紫外線散乱剤とは

紫外線を肌の上で反射して、紫外線の肌への侵入を防ぐ働きをする成分で、肌への負担が紫外線吸収剤よりは少ないとされています。

紫外線吸収剤のように、肌の上で化学変化を起こすわけではないので、「ノンケミカル」とも呼ばれ、「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」などと表記されています。

主な成分名は二酸化チタン、酸化亜鉛です。

紫外線散乱剤は以前はベタつきや白浮きが目立ったのですが、粒子をナノ化することで、この2つの使用感の悪さを改善する日焼け止めも出てきました。

ただ、粒子がナノ化されたことで、皮膚の奥深くにまで成分が浸透してしまい、体に有害なのではないか?という議論には明確な結論がまだ出ていません。

合成界面活性剤とは

水と油を混ぜる役割をする成分です。合成界面活性剤は日焼け止めだけに含まれるわけではなく、クリーム状の化粧品や食器洗い洗剤、シャンプーなど、油を浮かせるものには含まれていることが多い成分です。

日焼け止めを「ヨレにくくする」開発を進めた結果、天然の界面活性剤であるレシチンやサポニン配合のクレンジングでは落とせないタイプが多くなりました。その結果、しっかり落とす為のクレンジングには合成界面活性剤が多く使われています。

パラベンとは

防腐剤です。日焼け止めの質を長く保つために、使用されます。

パラベンはかつて表示指定成分だったことが原因で「肌に非常に刺激が強い」「避けたい」というイメージがついているようですが、空気中や指についた雑菌が化粧品に触れて繁殖するのを抑える働きもあり、一概にフリーの方がよいと決めつけられない成分でもあります。

以上が代表的な成分ですが、どんなに肌にやさしい、低刺激な成分であっても、肌に残せばトラブルの原因になりかねませんので、きちんと落とす必要があります。

日焼け止めの洗い残しが肌に与える影響

洗い残して皮膚に残った日焼け止め

日焼け止めを塗ることに熱心でも、落とすことにはそれほどでもない人が案外多いですね。

紫外線吸収剤は皮膚表面で一度紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放出することで、紫外線の侵入を防御しています。

防御力が強い分、肌への刺激が強い為、紫外線吸収剤配合の日焼け止めの洗い残しには特に注意が必要です。

日焼け止めの成分が肌に残っていると、毛穴に詰まった油分が酸化し黒ずむだけでなく、肌に負担を与えて、乾燥、シミ、しわ、たるみ、ニキビ、かぶれ等の肌トラブルの原因となることもあるのです。

さらに、きちんと日焼け止めが落ちていない状態で化粧水や保湿をしても、肌への浸透が悪く、効果があまり期待できませんので、なるべく肌への負担を減らしながら、きちんと落とすことがとても大切です。

日焼け止めの上手な落とし方

日焼け止めの洗い残しがないよう、毎日しっかり洗顔しましょう!

日焼け止めによって落とし方は異なります。顔だけでなく、体も肌に日焼け止めが残らないようにキレイに落とさないと、肌荒れの原因になります。顔、体それぞれの落とし方のコツやアフターケアの方法をみていきましょう。

顔に塗った日焼け止めの落とし方

ノンケミカルの日焼け止めは、お湯や普段お使いのクレンジング、石鹸でも落とせるものが多いのですが、油分の多い日焼け止めにはオイルクレンジングが最適です。

洗顔の際にこすって肌に負担をかけないためにも、バスタブに入って毛穴を開いてから、または蒸しタオルで顔の毛穴を開いてからクレンジングしましょう。力を入れなくても、日焼け止めを落としやすくなるのでおすすめです。

クレンジングを顔につけてから、すすぎ終わる迄、1分以内を目安に、手早く、やさしく落とすようにしましょう。

体に塗った日焼け止めの落とし方

体にも日焼け止めを塗った日、その日焼け止めの落とし方を意識したことはありますか?
いつも通りボディソープを使ってはいませんか?

ボディソープでは皮脂は落せても、皮脂以外の油分を落とすことはできません
ボディソープだけでは、日焼け止めの成分が体に残ってしまいます。

体に顔用のメイク落としや、拭き取り用のメイク落とし、または日焼け止め専用のソープで洗い流してから、通常のボディソープを使うとしっかり落ちます。

ただ、顔のクレンジングを全身に毎回使っていては、減りも早くて大変なので、ココナッツオイルやホホバオイルでも代用できます。オイルを体になじませて、日焼け止めの油や成分を浮かせてから、ボディソープで本洗いをしましょう。

ただしオイルを洗い流した時に足元が滑りやすくなるので、足元には十分にご注意下さい。

お湯で落とせる日焼け止め

とにかく「お湯で落とせる日焼け止め」は選べる程発売されてないのが現状だと思います。
ご紹介するこちらの2商品は、アットコスメの口コミ評価も高く、かなりおすすめ。
赤ちゃんにも使えますし、クレンジングを面倒くさがる男性や子供にも◎。
ちなみに管理人はノブを常備しています。

ノブ UVミルクEX

ノブ UVミルクEX

SPF32 PA+++

無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用の低刺激でありながら、お湯で落とせる数少ない貴重な日焼け止めです。化粧下地としての評判もよく、日常使いにも最適。高品質なのに、お財布にもやさしいお値段です。

>>>ノブ UVミルクEX

ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV

ノエビア レイセラ ミルキーベビーUV

SPF25・PA++

こちらはベビー用で、生後6ヶ月~6歳児でモニターテストも実施、赤ちゃんにも安心して使えます。大人の愛用者も多く、無香料、無着色、無鉱物油、紫外線級取材不使用、パラベンフリー、アルコールフリー。伸びと肌なじみがよく、使用感に優れていると評判、お湯で落とせる日焼け止めです。

>>>[ノエビア レイセラ]ミルキーベビーUV

クレンジング不要の日焼け止め(石鹸で落とせる)

お湯では落とせないまでも、石鹸で洗えば落とせる為、肌への刺激が少なく、愛用者が多いクレンジング不要の日焼け止め。こちらは種類もかなり多く、どれを選べばよいのか迷う程ですが、管理人がいいなと思っているものをセレクトしてみました。

HANAオーガニック ウェアルーUV

HANAオーガニック ウェアルーUV

SPF30 PA+++

HANAオーガニック ウェアルーUVはノンケミカルで低刺激でありながら、美容液成分85%&オーガニック比率98.5%で、お肌を美しく見せる光コントロールが評判。
塗りながらスキンケアも叶う日焼け止めです。

返金保証&送料無料!
>>>HANAオーガニック ウェアルーUV 公式ページへ

ママバター UVケアミルク

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアミル

SPF30 PA+++

人気の天然シアバターブランド、ママバターから、伸びがよく、ぬりやすいミルクタイプの日焼け止めが新登場。シアバター3%でスキンケア&紫外線もカット。
ノンケミカル処方、低価格でコスパ重視の方にもおすすめ。

>>>MAMA BUTTER(ママバター) UVケアミルク

ジョンマスターオーガニック ナチュラルMサンスクリーン

ジョンマスターオーガニックナチュラルMサンスクリーン

SPF30 PA+

セレブやモデルにも大人気のオーガニックブランド、ジョンマスターオーガニック。紫外線吸収剤フリーのサンスクリーンはシアバター、ホホバ、アロエ、グリーンティー配合で乾燥知らず。透明で適度なツヤ感も人気の理由です。

>>>ジョンマスターオーガニック ナチュラルMサンスクリーン

ラロッシュポゼ UVイデア XLティント

ラロッシュポゼ UVイデア XLティント

SPF50 PA+++

敏感肌スキンケアブランド「ラロッシュポゼ」の日焼け止め。管理人も自宅や近所で過ごす際のメイク下地に愛用中です。無香料、パラベンフリー、石鹸で落とせるのに、肌のくすみや色ムラをカバーして、ワントーンアップしてくれる優秀な下地。

ベタつきがなく、パウダーをはたくだけで、顔色の明るいすっぴん風に。肌にやさしい日焼け止め下地が欲しいけれど、透明では物足りない方に強くおすすめできます。

>>>数量限定【敏感肌用】UVイデア XL キット

ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク

SPF25 PA++

敏感肌向けのユースキンSシリーズの子供向けノンケミカル日焼け止め。大人の化粧下地にも使えます。無香料、無着色、アルコールフリー、紫外線吸収剤フリー、しその葉エキスで乾燥しにくく、紫外線もしっかりガード。

プチプラ&どこでも手に入る、石鹸で落とせる日焼け止めです。

>>>ユースキンS UVミルク

DHC ベビー&ママ サンガード

DHC ベビー&ママ サンガード

SPF30 PA++

肌に存在する天然保湿因子(NMF)配合でデリケートな赤ちゃんの肌にもうるおいを与えるノンケミカルの日焼け止め。クリームタイプですが、ソフトで伸びがよく、化粧下地にもOK。

無香料・無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・紫外線吸収剤不使用・鉱物油不使用。

>>>DHCベビー&ママ サンガード

きれいに落として美肌をキープする為のポイント

日焼け止めを落とすときは、ゴシゴシとこすらないようにしましょう。
肌をこするとシワやシミ、肌の黒ずみの原因になります。蒸しタオルで顔を温めてから、日焼け止めを落とし(メイクを落とし)、肌を休めるようにします。

特に洗い残しをしやすい箇所は、耳の後ろ・フェイスライン・小鼻のきわ・アゴなどです。

クレンジングや石けんをつけ忘れないように、またお湯ですすぎ残しがないように、確認するクセをつけるといいでしょう。

落とす時間は1分以内を目安に、丁寧に優しく、そして手早く落とすようにしてくださいね。

落とす時の注意事項

殆どの日焼け止めの落とし方は「お湯で落ちる」「石けんや洗顔料で落ちる」「クレンジングで落ちる」「専用クレンジングが必要」の4種類に分類されています(専用クレンジングが必要なタイプは今ではあまり見かけませんが) 

日焼け止めの後ろに、日焼け止めを落とすときの注意事項「お湯でおとす」「石鹸でおとす」などと書かれているので、一度目を通してみてください。

日焼け止めの中でもクリーム・ミルク・スティック・ウォータープルーフのものは、メイク落とし(クレンジング)が必要なことが多く、また一般的にSPF値が高いほどお湯や石鹸だけでは落ちにくくなります。

とはいえ必ずしも、

  • 日焼け止め効果が高い=クレンジングが必要
  • ノンケミカルや肌にやさしい=お湯や石けんで落ちる

とは限りません。必ず落とし方を確認するようにしてくださいね。

保湿を忘れずに

日焼け止めを使うことで、成分が肌の潤いを奪う為、肌が乾燥しやすくなります。
肌トラブルを防ぐ為にも、日焼け止めを落としたら、まずはしっかりと水分補給をし、その後たっぷりと保湿をしましょう。

肌が潤うことで、肌のターンオーバーも正常に進み、シミやしわの予防にもなります。
日焼け止めを使うことで、より肌のケアに気をつけ、ますますキレイな肌が保てますね。

>>>日焼け止めの正しい塗り方についてはこちらの記事を参考に

塗る+飲む日焼け止めで1年中美肌キープ

飲む日焼け止めで体の内側からも日焼けを防ぐ!

絶対に焼きたくないなら、体の内側からのUVケアも欠かせません!
塗りムラや目の紫外線対策など日焼け止めの欠点をカバーしてくれるサプリは強い日差しから肌を守ってくれる美肌キープのための必須アイテム!

参考⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング

<まとめ>

日焼け止めをきちんと落とすには、

  • パッケージに記載されている落とし方を確認する。
  • 石けん、お湯、クレンジング等、日焼け止めに見合ったもので落とす。
  • 顔だけでなく身体もきちんと落とす。
  • いつも以上に保湿に気をつける。

ことが大事です。

紫外線から肌を守り、美肌をキープする為にも、日焼け止めは正しく使いましょう。