家の中でも日焼け対策は万全!

室内で浴びる太陽光は室外より弱いから平気、と安心していませんか?

実は窓ガラスやカーテンを通過して部屋の中に侵入してくる紫外線は、肌に悪影響を及ぼし、時間をかけて光老化を促進します。

  • 窓際のソファで昼寝することがある。
  • 日が差し込むキッチンで食事の支度をしている。

そんなあなたは要注意。
家の中で浴びる紫外線量が肌や免疫力にも徐々に影響を与えているかもしれません。

そこで室内の紫外線に関する知識や、対策の具体的な方法についてご紹介します。
部屋の中や車内でもしっかり紫外線対策をして、日焼けから健康な肌を守りましょう。

室内にも紫外線は届きます

部屋の中に入ってくる太陽の光

紫外線には、UV-A・UV-B・UV-Cと3種類あり、UV-Cはオゾン層に吸収される紫外線なので、現時点では地上に届いていません。

UVAとは

UV-Aは肌の奥の真皮細胞にまで届きダメージを与え、シミやしわの原因となる紫外線です。

急激にダメージを与えるのではなく、徐々に蓄積して肌のハリや弾力を奪い、肌老化の原因となります。また蓄積されているメラニンを酸化させ、肌を黒くする作用があるのです。

そんな美肌の大敵であるUV-Aは窓やカーテンを通過して、室内に入ってきます

つまり窓辺に、日焼け対策をしないで座っていると日焼けをしてしまうのです。

オフィスの中、ドライブ中、家の中、電車の中、色々と当てはまる場所は多く、どこにいてもUVA対策は必要となりますので要注意です。

UV-Bとは

一方、UV-Bは地表へ届く紫外線量の10%程度ですが、作用が強く、浴びると短時間でも日焼けによる炎症と色素沈着をの原因となります。

さらに、UV-B は肌の表面を傷つけ皮膚ガンの原因を作ったり、シミの原因となりますので対策は必須。ただし、UV-Bは窓ガラスやカーテンなどで大幅にカットできるのが特徴です。

室内の紫外線の強さは?室内でも日焼けに要注意!

家の中で子供と遊ぶママ

ここで室内の紫外線の強さを屋外と比較してみましょう。

屋外で晴れた日に、直射日光を浴びた時の紫外線量を100%とすると、

薄曇りの日は、たとえ空全体に雲が出ていても紫外線量は80~90%と非常に強い紫外線を浴びています。曇りの日は60%雨の日は30%です。

室内の紫外線量はというと、晴れている日は80%のUV-Aが窓ガラスを通過します。カーテンを使っても、UVカットでなければ50%は届きます。

曇りの日でもカーテンがないと60%は窓ガラスを通過して届いています。

部屋の中央など、あまり日が届かない場所でさえ、床や壁などで反射・散乱し、空気中には10%ほど紫外線が含まれています。

このように、室内のどこにいても追いかけてくるUV-Aをブロックするには、室内外関わらず、紫外線対策をしていくしかありません。

部屋の中の紫外線対策

UVカットカーテンで室内の紫外線対策

前述の通り、窓ガラスやカーテンを通過しやすいUVAには特に気をつけて対策する必要があります。それでは具体的な室内でのUVA対策を見ていきましょう

日焼け止めは正しく使う

パッケージに表示されているSPF値、PA値の効果は決められた量を塗り、決められた時間で塗り直さなければ得られません。

一般的には「パール1粒程度の量」を顔に塗り、「少し多いと感じる程度の量」を身体に塗ります。また、3時間程度経過したら同量を塗り直す必要があるので要注意。

SPFとPAの数値はこれを守り続けることが前提になっていることを忘れないで下さい。

>>>日焼け止めの正しい塗り方についてはこちらの記事も参考に

PAとは

日焼け止めの成分の中で、UV-Aをブロックする表示はPAで表示されています。
PAとは「Protection Grade of UVA」の略で、+が多いほどUVカット率は高く、PA+ から PA++++ の4段階に分かれています。

家の中ではPA++~PA+++程度のUVカット効果があると安心です。

ちなみに、SPFは紫外線UVBの防御指数です。

現実的なUVA対策を考える

とはいえ、オフィスや外回り仕事をしていれば3時間おきに日焼け止めを塗り直すのは難しい人も多いでしょう。化粧直しはせいぜいお昼に1度、帰りはそのままという人が多いはず。更に日焼け止めを塗り直すといっても、メイクをしているので大変ですよね。

そういう方には、日焼け止めパウダーがおすすめ。お化粧直しとしてもファンデーションの上から使え、UV-Aを80%もカットしてくれるパウダーもあります。

逆にメイクをしないで自宅で過ごされる方は、日焼け止めはきちんと塗り、UVカット効果のある上着を羽織るとか、カーテンをUVカット加工に変えるなど、ライフスタイルに合わせたUV-Aカットの対策を取り入れていきましょう。

飲む日焼け止めを活用する

室内での日焼け対策には最近話題の「飲む日焼け止め」も便利です。

天然のシダ植物や果物の抽出エキスを配合したサプリメントですから、副作用の心配もありませんし、室内で浴びる程度の紫外線対策にはもってこい。

塗り直しやベタつきなどの煩わしさもなく、お弁当作り、洗濯物干し、ゴミ出し等、時間は僅かですが紫外線が気になるタイミングを安心して過ごせます。

多忙な朝のメイク前にわざわざ日焼け止めを塗るのはイヤ、でも紫外線は気になる、そんな方は飲む日焼け止めを検討してみてはいかがでしょう。

塗る+飲む日焼け止めで1年中美肌キープ

飲む日焼け止めで体の内側からも日焼けを防ぐ!

絶対に焼きたくないなら、体の内側からのUVケアも欠かせません!
塗り忘れや目の紫外線対策など日焼け止めの欠点をカバーしてくれるサプリは1年中日差しから肌を守ってくれる美肌キープのための必須アイテム!

参考⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング

一番のおすすめはUVカットフィルム

ご自宅でのUV対策として1番のオススメは、UV-Aを99%以上カットしてくれるというUVカットフィルムを窓に貼ることです。このフィルムを貼ることで、エアコンの効きもよくなり、エコ対策にもつながりますよ

また、ゆっくりソファでくつろいでいる時に、日がサンサンと降り注いでしまってはUV-Aを浴びながら日光浴をしているようなものです。

ソファを置く位置にも気をつけなくてはいけないのですが、ベストポジションで動かせないときは、カーテンはUVカットのものに替えてみませんか?

紫外線が防げるだけでなく、ソファの日焼け、傷み防止にも有効です

室内にいる赤ちゃんの紫外線対策

室内で日差しを浴びる赤ちゃん

室内での紫外線の悪影響は当然赤ちゃんにも及びます。かつては日光浴、という記述が母子手帳にありましたが、1998年以降「外気浴」に変更されました。

細胞分裂、成長がもっとも著しい乳幼児期の紫外線対策は非常に重要で、10年後、20年後のシミ、シワなどの光老化、免疫力低下などにも影響を及ぼします。

外出時には赤ちゃんのデリケートなお肌を守るために、ママたちは色々手を尽くしていると思いますが、家の中でもUV-A対策をしてあげてください。

ノンケミカルの赤ちゃんが使える日焼け止めはありますが、家にいるときも日焼け止めで肌をふさいでしまうのは可哀想ですよね。また、赤ちゃんは汗をかいて体温調整をするので、気温の高い日に長袖を着せて紫外線予防というわけにはいきません。

1番簡単な対策はUVカットフィルムを、窓ガラスに貼ることです。
特にベビーベッドの位置に日が差し込まないよう注意してください

車内の紫外線対策~車の中も室内です

紫外線が降り注ぐ車内

車の運転中、紫外線対策をしていますか?運転席・助手席だけでなく、赤ちゃんや子供も乗る後部座席は日光が当たっていませんか?

UVカットガラスを使用している車も多いですが、どのくらいカットされているのかは車種により当然違います。ご自分の車のカット率はご存知ですか?

UVカットガラスだから大丈夫と過信せず、車の中も紫外線が降り注いでいることを忘れないようにしましょう。

後部座席の紫外線対策には、サンシェードやカーテンなどが使えます。

運転する時や、助手席に乗る時は、前からも横からも紫外線を浴びていることを意識して、顔や腕にはしっかり日焼け止めを塗りましょう。運転用の肘の上まで隠れる手袋もおすすめです。

また、目から入った紫外線によっても、メラニン色素が作られ、シミの原因となります。
目には日焼け止めは塗れないので、「UVカット」のサングラスをかければ万全ですね。

>>>目から入る紫外線対策についてはこちらの記事も参考に

<まとめ>

UVA波はガラスやカーテンを通過しやすいため、室内でも紫外線対策が必須です。

  • 室内でもSPF30、PA++~PA+++程度の日焼け止めをきちんと塗る。
  • 日焼け止めパウダーを上手に使う。
  • UVカット加工の衣類を着用する。
  • UVカットフィルムを窓ガラスに貼るのは赤ちゃんの紫外線対策にも有効。
  • 車内での紫外線対策も忘れずに行う。

室内だからといって安心せずに、紫外線対策を怠らないことが、シミ、しわ等の光老化を予防します。面倒がらずに、ライフスタイルにあった方法で、対策を続けましょう。