黄ばんでる?審美歯科で歯の色をチェックしてもらいました。

歯の黄ばみ、気になり出すとコンプレックスが強くなるもの。つい他人の口元にも目が行き、自分と比べて落ち込んだり、手で口元を隠したり・・・でも、歯の黄ばみには原因があり、それぞれに落とし方、白くする方法があるのです。

歯の黄ばみの原因と落とし方をしっかり理解して、白い歯と上品な口元を目指しましょう。

歯の色は個人差があり、人種によっても違う!

ハリウッドセレブの様な真っ白な歯になりたい!

実は生まれつきの歯の色には個人差があり、最初から全員が同じ白色、というわけではありません。生まれつき白い人もいれば、黄色っぽい人もいます。

歯の構造は一番外側がエナメル質、次に象牙質、中心が歯髄という構造になっています。

エナメル質は半透明な為すぐ下の象牙質が透けて見えるのですが、エナメル質の厚みや象牙質の色は個人差がある為、その違いによって歯のもともとの色、白さが違って見えるのです。

また肌の色や髪の毛の色、唇の色が違うと、同じ歯の色でも違って見えることもあるのです

尚、私達日本人を含めた黄色人種は白色人種に比べると象牙質がより黄色みを帯びており、エナメル層も薄い傾向があるため、ホワイトニングしても歯が白色人種程白くならないそうです。
(ハリウッドスターの真っ白な歯は日本人ではなかなか難しいということでしょうか。)

歯の黄ばみや変色の原因は?

喫煙も歯の黄ばみの原因に

このように、元々の歯の色には個人差がありますが、その後、黄ばんだり変色していく原因は色々あり、大きく分けると歯が外部から受ける影響と、体の中から受ける影響に分けられます。

歯の黄ばみの原因~外部から受ける影響

たばこ

喫煙者はタバコのヤニがエナメル質の表面に少しずつ着色していきます。
歯みがきが行き届かない部分の色は特に濃くなる印象です。

色の濃い食べ物、飲み物

タバコのヤニ同様、色の濃い飲食物は歯の表面に少しずつ着色してしまいます。

一般的に、赤ワイン、紅茶、コーヒー、ブルーベリー、カレー等、色が濃い食品は着色しやすく、一度着色するとなかなか落とせないので、毎日採るなら注意が必要です。

虫歯

虫歯になった歯は徐々に色が変色していきます。初期段階では白から黄色ですが、エナメル質や象牙質迄虫歯が進むと茶色に、さらに悪化すると黒くなることもあります。

金属製の詰め物、かぶせ物

金属の詰め物やかぶせ物は、経年劣化により、歯や歯茎の変色を招くことがあります。
治療の箇所が多ければ多いほど変色が目立ってきます。

歯石

歯ブラシが十分で磨き残しがあるとプラークがたまり、やがて歯石となります。
この歯石に着色が目立ち始めると、白、黄色からやがて黒っぽく変色していきます。

失活歯

失活歯(歯髄をとった歯)は徐々にグレーのような色に変色してきます。

歯みがきのし過ぎ

意外なようですが、間違った歯みがきは歯の変色の原因になります。
特に研磨剤入りの歯みがきで長期間みがき過ぎを続けると、表面のエナメル質が薄く削れ、象牙質がより透けるようになり、歯が黄色く見えてきます。

たとえ歯みがきを使わなくても、歯ブラシで強く磨き続けることで表面にキズがつけば、そのキズに汚れがつきやすくなります。

口内の乾燥

口の中の唾液が少なくなると、口内を殺菌する力が低下し、プラークがつきやすくなり、歯が汚れる原因になります。最近、よくテレビで報道される「口呼吸」も口内乾燥の原因の一つ。
鼻や歯並びに問題がある人も多いようです。

薬品

うがい薬、液体の漢方薬など、色が濃い液体の薬を飲むと着色につながることがあります。常用する方は使用後に水でうがいするとよいでしょう。

民間療法

歯を白くする裏技などと呼ばれる、歯科でのホワイトニング以外の様々な方法を試み、かえって歯を傷つけ変色の原因を作ることがあります。

よく知られたものとしては

  • 料理用重曹で磨く
  • 掃除用スポンジ「劇落ちくん」で磨く
  • レモン果汁や酢を使う

といったもの。やめておいた方が無難です。

歯の黄ばみの原因~体の中から受ける影響

歯が黄ばむ原因は様々

加齢

年をとると歯の表面のエナメルが摩耗により薄くなり内側の象牙質の色がより目立ってくること、その象牙質は加齢とともに黄色みが濃くなってくること、これらの理由により歯がいっそう黄色く見えるようになってきます。

テトラサイクリン系抗生物質

永久歯が形成される8歳頃迄の期間に、テトラサイクリン系抗生物質を投与された影響で、歯が変色することがあります。

現在ではほぼ使われなくなっている薬ですが、昭和40年代生まれ世代は最も使用されており、患者も多い傾向があります(テトラサイクリン系抗生物質が投与されるのは百日咳やマイコプラズマ肺炎等)。

生まれつき

前述の通り、歯の色に関係する象牙質の色には個人差があり、元々黄色っぽい人もいます。

エナメル質形成不全症

歯の表面のエナメル質が何らかの理由で形成されていない歯のこと。珍しい病気ではなく、子供の10人に1人程度に見られるとも言われますが、虫歯になりやすい(変色の原因となる)為、歯科で定期的なケアが必要となります。

自宅で歯の黄ばみを落とす方法

歯を白くするため、ホワイトニング用歯磨き粉を使ってます!

では実際に、歯の黄ばみの落とし方を紹介していきます。
歯の黄ばみ対策にはには自分に合った方法を早速試していきましょう。

自宅で行う歯の黄ばみ落としは、やはり正しい歯みがき粉選びが大事。ここでは歯の黄ばみを落とし、白さを取り戻す手助けとなる歯磨き粉や使い方の注意点を紹介します。

研磨剤入り歯磨き粉は使い方に注意

研磨剤入りの歯みがき粉は使いすぎるとエナメル質を傷つけ、象牙質をいっそう目立たせたり、表面のキズに汚れを付けやすくしてしまうといったデメリットがあります。

軽い着色汚れやステインが落ちる為、キレイになった喜びで使い続ける人もいるようですが、週に1回など回数を制限して使った方がよいでしょう。

歯医者さんでおすすめされるのが『ライオン ブリリアントモア』、通販でも購入が可能です。

歯の表面をつるつるにしてくれる歯磨き粉

歯の表面のキズを修復しつるつるにするだけでも、歯は黄ばみが落ちて白くなったように見えてきます。

その為におすすめなのがエナメル質と同じ成分であるハイドロキシアパタイトをナノサイズ化してある歯磨き粉『リナメルトリートメントペースト』『アパガードリナメル』等。
レビューもいいですし、歯科医や歯科衛生士におすすめされた人も多い歯磨き粉です。

ホワイトニング効果が評判の歯磨き粉を使う

口コミ評価の高いホワイトニング専用歯磨き粉を試してみるのもひとつの方法です。

管理人の注目は、歯医者さんでのホワイトニングにも使われるポリリン酸配合の歯磨き粉。

ポリリン酸には着色を除去する働きがある上に、食品添加物としても承認されている成分で安全性にも問題がない成分。このポリリン酸配合の歯みがきジェルを使うことで、自宅ケアで歯を徐々に白くすることができると話題になっています。

歯医者さんへ通う時間が無いけれど、歯を白くしたいとお悩みの方は一度使ってみてはいかがでしょう。ポリリン酸配合で人気の歯みがきジェルをご紹介します。

はははのは


ポリリン酸とメタリン酸が歯の表面の黄ばみ汚れを浮かせ、再付着を防ぎ、天然由来のホワイトニング成分パパインとソープナッツが白い歯に導きます。

更に10種類のオーガニック成分で抗菌、うるおいをプラス、発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤・着色料・パラベン不使用で安全へのこだわりが高く安心して使えるのも魅力。

ホワイトニングと口臭予防のダブル効果で特に女性に人気のジェルです。

>> ホワイトニングジェル「はははのは」

ポリリンEX

リジェンティスのオーラルケア

ポリリンEXは、ポリリン酸よりホワイトニング効果の高い「分割ポリリン酸」配合のホワイトニングジェル。「分割ポリリン酸」の歯周病で破壊された組織を修復する力で、ホワイトニングと歯周病予防のダブルケアを実現。

顧客満足度93.5%を誇り、累計販売実績100万セット以上の医薬部外品ロングセラーです。

>> ポリリンEX

歯医者さんで歯の黄ばみを落とす方法

オフィスホワイトニングの施術の様子
(画像引用:デンタルサロンCLASS-A

歯科医で行う黄ばみ落としはクリーニングとホワイトニング。
クリーニング→虫歯や歯槽膿漏治療→ホワイトニングの順になります。

PMTC

PMTCとは Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科で歯科衛生士が専用の器具を使って行う歯の掃除のこと。

一度出来てしまった歯石や着色による黄ばみは歯みがきのブラッシングで落とすことはできません。PMTCを行うだけでも歯の見かけがかなりキレイになる人もいます。

虫歯や歯周病が無い人なら2~3ヶ月に一度程度定期的に行えば、歯垢や歯石、バイオフィルムの除去、着色黄ばみの改善、歯周病と虫歯の予防にもなりおすすめです。

check 詳しくは、PMTCの手順・効果・料金・保険Q&Aも参考にして下さい。

ホワイトニング

歯を薬剤で漂白して白くする「ホワイトニング」は

  • オフィスホワイトニング
    歯科で施術するホワイトニング。

  • ホームホワイトニング
    歯科で処方されたマウスピースと薬剤を使い自宅で行うホワイトニング。

  • デュアルホワイトニング
    オフィスとホームの併用。

上記の3種類があり、一番白くできるのはデュアルホワイトニングです。加齢による黄ばみと神経が無い歯(失活歯)の変色の一部に効果的とされています。

結果には個人差がありますが、セラミックを被せる等の高額治療前に一度試す価値がある方法と言えるでしょう。

オフィスホワイトニング

海外で開発されたシステムが多く、歯科医院によって採用しているシステムは異なりますが、過酸化水素等の高濃度漂白剤を歯に塗布、光を当てることで漂白するホワイトニング方法。

健康保険を使えない治療の為、料金は歯科によって違うため、1回5000円~30000円程度とかなりばらつきがあります。ホワイトニングや審美専門の歯科医院以外に、一般の歯科治療を行っている医院でも行えることがあります。

ホームホワイトニング

歯科医でマウスピースを作成し、購入した薬剤を入れて装着し、自宅で漂白するホワイトニング。自宅で行う為安全性を重視し、低濃度の漂白剤を使うのが特徴。

オフィスホワイトニングより回数と時間がかかりますが、より自然な白さと維持できる期間が長いのがメリットです。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う為、短期間でより白い歯になれること、その後白さを維持できるのがメリットですが、併用の為料金も高くなります。

注)無カタラーゼ症の方はホワイトニング禁止
無カタラーゼ症(別名 高原氏病)とは過酸化水素を分解する「カタラーゼ」という酵素が不足している病気です。ホワイトニングでは過酸化水素を含む薬剤を使いますので、無カタラーゼ症の人はホワイトニングを絶対に行ってはいけません。

審美目的治療~ホワイトニング以外の方法

ホワイトニングを行っても希望の白さにならない場合は、審美を目的とした別の治療方法もあります。

セラミッククラウン

セラミックの被せものを被せます。透明感のある自然な白さに仕上がりますが、値段が1本10万円前後と高額です。

ラミネートベニア

薄いセラミックを歯の表面を薄く削って貼り付ける方法で、主に前歯に用いられます。
ただし、歯並びが悪いと受けられません。

<まとめ>

歯の黄ばみの原因と落とし方をご紹介しましたが、まずは虫歯と歯周病を治療するのが先決。管理人はかかりつけの一般歯科でホームホワイトニング(オフィスは取扱い無し)を始めたのをきっかけに、歯の黄ばみが気になり出し、ホワイトニングを検討するようになりました。

研磨剤入りの歯みがき粉の長期使用や、民間療法を安易に試すと、歯を白くするどころか、かえって黄ばみを促進することもあります。歯医者さんが苦手な人は多いと思いますが、一度通い始めてしまえば、2度目からはそんなに怖くなくなるはず。

治療方法もかなり進化していますので、評判のよい歯科を探して、納得のいく治療とホワイトニングを受けられるといいですね。笑顔に自信が持てる白い歯を目指しましょう。