髪に強烈な紫外線を浴びている女性

あなたはどのような方法で紫外線から髪を守っていますか?

日頃の髪の紫外線対策や日焼け後のヘアケアを怠っていると、ダメージが蓄積されて様々なトラブルが起こり、潤いのある美しい髪を保てなくなってしまします。。

美髪をキープする為にも、髪の毛や頭皮に紫外線が与えるダメージや、具体的な紫外線対策、日焼けした髪のダメージケアの方法などをチェックしていきましょう。

紫外線による髪のダメージは想像以上!

日焼けによる髪のダメージの大きさに驚く女性

紫外線は1年中降り注いでいますが、特に5月~9月は強くなります。顏や体に日焼け止めを塗ってケアしている人は多いと思いますが、髪へのケアは忘れがちではないでしょうか?

実は、髪は顔の何倍もの紫外線を浴びており、対策をしないと様々な悪影響が出てきますので注意がです。髪の毛はケラチンというアミノ酸でできていますが、紫外線を浴びることで結合が切れたり、酸化したりして、想像以上のダメージを受けてしまうのです。

色が抜ける

髪の毛の黒さを保っているのがメラニン色素ですが、紫外線を浴びることでこのメラニンが分解され、髪の毛の色が抜けて赤茶けてきます。これを光老化と言い、紫外線を浴びた量や時間が長いほど色抜けの症状が強く出てきます。

さらに、メラニン色素は紫外線を吸収し髪の毛を保護する役割もあるため、ヘアカラーやブリーチで色が抜けた髪の毛は紫外線の影響を受けやすく、さらに色が抜けやすい状態になっているので要注意です。

乾燥

紫外線の影響で髪の毛のケラチンがダメージを受けると、髪の毛1本1本を保護しているキューティクルが剥がれやすくなります。

するとそこからタンパク質や保湿成分が流れ出し、髪の毛は水分を失って乾燥しやすい状態に。

髪の毛が乾燥すると、枝毛や切れ毛の原因になるだけでなくツヤやコシも失われ、ゴワゴワとした手触りになってきます。また、頭皮のかゆみやフケも引き起こすため注意が必要です。

抜け毛・薄毛

紫外線は髪の毛を作る元になる毛根や毛母細胞にも影響を与えます。

毛母細胞がダメージを受けて正常に働かなくなると、抜け毛や薄毛が起きることも。さらに場合によっては白髪が増える原因にもなります。

頭皮が荒れる

髪の毛に紫外線を多く浴びるということは、同時に頭皮にも浴びていることになります。

頭皮も立派な肌の一部。肌が日焼けすれば、赤み・かゆみが起きやすい状態になり、さらに地肌の乾燥はフケも引き起こします。

髪の紫外線対策

髪の日焼けを防ぐ日傘は外出時の必需品

髪に大きなダメージを与える紫外線の影響をなるべく抑えるために、日頃から髪や地肌の紫外線対策を意識するようにしましょう。

晴れた日はもちろん、曇りの日でも注意が必要です。また、紫外線量は夏場に強くなるとはいえ1年中降り注いでいるため、夏以外の季節でもしっかりと対策するようにしてください。

帽子や日傘の活用

定番ですが髪の毛の紫外線対策にかなり効果的なのが、帽子や日傘の活用です。いずれもUVカット加工されているものを選ぶようにしましょう。

UVカット効果の持続期間は3年から5年のものが一般的。帽子の場合、濃い色は熱を吸収しやすいため淡い色のもの、つばの広いものをチョイスします。

髪の毛が長い人は、なるべくまとめて帽子の中に入れ込むようにしましょう。

髪専用の日焼け止め

肌同様、髪の毛用の日焼け止めも販売されています。その多くはスプレータイプですが、UVカット効果がある洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)もあります。

ポイントは、髪の毛だけではなく頭皮にもしっかりつけることです。

敏感肌の人や子どもが使う場合は、ノンケミカルもしくは紫外線吸収剤フリーと書かれたものを選びましょう。

紫外線の強い時間帯を避ける

紫外線量は、1日の中でも変化します。当然、太陽が高い位置にいるお昼がもっとも強く、夜から朝にかけては弱くなります。

もっとも紫外線が強い時間帯は、午前10時~午後2時。この4時間だけで、1日の紫外線の約半分の放射量があります。

できることなら、この時間帯は外に出るのを控えるのが髪や地肌の為にはおすすめです。

日陰をうまく利用しよう

紫外線があるからといって、まったく外に出ないわけにもいきませんよね。そんなときは、日陰をうまく活用しましょう。

日なたを歩くのに比べると、浴びる紫外線量はおよそ半分で済みます。

できるだけ日陰を通れるよう、最適なルートを教えてくれる「inShade(インシェイド)」という日よけルート検索無料アプリもあるので、活用してみてください。

日よけルート検索アプリ「inShade」
⇒日よけルート検索アプリ「inShade」(現在、東京23区内のみ対応)

ちなみに、管理人もinShadeを使っているのですが、本当に日陰の多い快適な徒歩ルートを教えてくれます。ただし、多少遠回りになることがあるので、時間的余裕を持つことがポイント。

夏の昼間の外出に、かなり使えるアプリでおすすめです。

海や山での紫外線対策

夏はレジャーで海や山に遊びに行くことも多いですよね。海や山などのリゾート地での紫外線対策は、街中と違って髪を紫外線から守る為に気を付けるべき点があります。

海では~海水で髪を濡れたままにしない

海に入って泳いだあとは、髪の毛が海水で濡れたままにしないようにしましょう。

海水に含まれた塩分や不純物によって髪の毛が乾燥しやすい状態になり、そのまま紫外線を浴びるとダメージを受けやすくなります。

こまめに海水を拭き取り、なるべく早く真水で洗い流すことがポイントです。

山では~必ず帽子をかぶる

山は海程暑さを感じない時も多く、紫外線も弱いと勘違いしがちですが、海同様、山でも注意が必要です。

標高が高いほど太陽が近くなり、空気が澄んでいるため紫外線の影響が強く出ます。山でのレジャーには帽子が必須だと言えるでしょう。

また、特に冬の雪山の場合は照り返しも考慮する必要があります。紫外線はアスファルトの照り返しが約10%なのに対し、雪山では約80%もの照り返しがあります

雪山で日焼けしやすいのはこのためなんですね。帽子、日焼け止め、ゴーグル等、髪、地肌、目の紫外線対策をしっかりとりましょう。

紫外線を浴びた髪のダメージケア

紫外線を浴びた髪のダメージケアもお忘れなく!

どんなに気をつけていても、紫外線を完全に防ぐことはできません。予防だけではなく、紫外線を浴びた後のヘアケアが重要なカギを握ります。

トリートメントやヘアオイルで保湿する

定番ですが、紫外線のダメージケアにはトリートメントやヘアオイルを使うといいでしょう。

トリートメントは髪のキューティクルを保護したり、タンパク質やアミノ酸を配合して髪の毛にうるおいを与えたりする効果があります。

ブロー前には洗い流さないタイプのアウトバストリートメントを使うのがおすすめ。

また、ヘアオイルも乾燥した髪に潤いを与え、艶のある美髪を演出してくれます。
参考⇒髪のパサつきをツヤツヤに改善するオイルは?

頭皮のケアも忘れずに

髪の毛だけでなく、頭皮もしっかりと保湿しましょう。

強い紫外線を浴びたあとは、赤み・かゆみ・痛みが出ることも。この場合は保冷剤で頭皮を冷やし、ブラッシングやシャンプーで強い刺激を与えないようにしてください。

水ぶくれができるほどひどい場合は皮膚科に相談することをおすすめします。

頭皮マッサージも有効

日焼け直後でなければ、頭皮マッサージもおすすめです。頭皮の血流がよくなれば、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。

こめかみ、生え際、頭頂部など少しずつ部位をずらしながら、両手の指の腹に力を入れて押していきます。このとき、爪は立てないように。1日5分を継続して行うことで効果が見込めますよ。

<まとめ>

髪の毛と頭皮も紫外線による影響をかなり受けることを忘れないようにしたいもの。外では帽子や日傘、日陰などをうまく使ってなるべく紫外線を避け、髪の手入れを欠かさないようにして、髪と頭皮の健康を紫外線の影響から守りましょう。

また、紫外線が強い時期は飲む日焼け止めで体の中から紫外線対策することも薄毛防止につながる一つの方法です。日本でもおなじみになってきた、日焼け止めサプリについてはこちらの記事も参考に!⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング