GLP-1の食欲抑制作用で甘いお菓子の誘惑にも負けない女性

「ザ!世界仰天ニュース」の「未来はこうやって痩せる!?」で紹介された肥満症治療薬「GLP-1」。アメリカでは既に015年に食品医薬品局の認可がおり、発売が開始。

実際にGLP-1を1日に1回注射するだけで、100㎏超の体重が僅か4か月で20㎏のダイエットに成功した女性が紹介されていました。

そこで今回は、この気になるGLP-1やGLP-1を増やす食べ物やサプリメントのほかGLP-1を使ったダイエット治療が受けられるクリニックなどもご紹介します。

GLP-1とは

痩せるホルモンGLP-1の働きについて説明する医師

GLP-1(Glucagon-like peptide-1/グルカゴン様ペプチド-1)とは、インスリンの分泌を促し、血糖値を低下させる働きをもつ、「ホルモン」です。(GLP-1の分泌を膵臓が感知するとインスリンが分泌されます)

さらに、胃から小腸に食物が送られるのを遅らせ(消化を遅らせ)、糖の吸収を緩やかにして血糖値の急上昇を抑える働きもあるといわれています。

GLP-1は誰しも体内(腸)で造られている生理的ホルモンですが分泌量には個人差があります。

このGLP-1の分泌量の違いは、たくさん食べても太りにくいとか、食事や運動を取り入れても痩せにくいなどの体質の差にも関係するため、別名「痩せるホルモン」とも呼ばれています。

GLP-1のダイエット効果

メジャーでウエストを測る女性

「脳に作用して食欲を落とし体重を減らす作用が注目を集めている」

GLP-1には痩せる効果があると話題になっていますが、その理由はGLP-1には血糖値の上昇を抑える働きのほかに、満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きがあることが確認されたからです。

GLP-1はインスリン分泌を促進するため、糖尿病治療薬として開発されたものですが(日本では糖尿病治療薬として厚生労働省の認可済)、肥満症にも効果があることが分かり、アメリカでは肥満治療薬としても認可されています。

食事による刺激で腸から分泌されたGLP-1は脳に作用して、満腹を感じ食欲を抑えることができるのだそう。この食欲を抑える働きがGLP-1がやせるホルモンといわれる理由です。

つまり、GLP-1分泌量が増えればダイエットのために過度な運動や厳しい食事制限をしなくても、自然に食欲が落ちて楽に痩せられるということです。

実際に肥満気味の方は、GLP-1の分泌が少なく、痩せている方は分泌が多い傾向があるといわれていますので、痩せるホルモンGLP-1をいかにして増やすかが、ダイエット効果を上げるポイントといえるでしょう。

GLP-1の分泌量を食事で増やす方法

[たけしの家庭の医学]でGLP-1は痩せるホルモンとして紹介された

このようにダイエット効果が期待されるGLP-1ですが、このGLP-1の量を増やすことはできるのでしょうか?

GLP-1は糖尿病の薬として扱われており、日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省の認可を受けていますが、薬局やドラッグストアで買うことはできません。

ダイエット目的でGLP-1を増やすには、体内でGLP-1の分泌を量を増やす食生活や、GLP-1を増やすためのサプリメントを取り入れることが必要となります。

GLP-1を増やすために取り入れたい栄養素や食べ物

以前「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で肥満治療の専門医がGLP-1を増やす方法について紹介していましたのでご紹介します。

その内容をまとめると、

ポイントはGLP-1を分泌する小腸を刺激する食品をとること

⇒特にGLP-1を分泌する細胞が多い小腸の下の方を刺激することが重要。

⇒つまり、小腸の下の方まで到達する消化しにくい食品がよい

番組では2つの栄養素を紹介。それは、食物繊維EPA

食物繊維

アボガド

厚生労働省が定めた食物繊維の摂取目標は18歳~69歳では1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされていますが、実際には6g~4g程度不足しているのが現状です。

そこで、番組では一皿で「食物繊維1日の不足分5gを補える料理」を紹介。

  • 「アボガドまぐろ」8.0g
  • 「ひじきの煮つけ」5.8g
  • 「かぼちゃの煮物」5.3g
  • 「あんみつ」5.2g

最も食物繊維の多い食べ物として紹介されたアボガドは1個(150g)で食物繊維8.0gも摂れるそう。ただし、1個あたりのカロリーは約280kcalなのでダイエットのためにはどうなのか?というデメリットもあります。

ダイエットを考えると2位のひじきがカロリーもなく、おすすめ。その他、調理しなければ食べられない、硬いカボチェやさつまいもは食物繊維が豊富とのこと。

EPA

サバ缶

魚に含まれているEPAがGLP-1を出す細胞を刺激してGLP-1をより出しやすくなっている可能性があるとのこと。

青み魚の脂がのった魚にEPAやDHAGAが豊富。番組ではさば水煮缶がおすすめされていました。

(生食100gあたりのEPA量)

  • サバ1645mg←EPA量ナンバー1
  • イクラ1613mg
  • マグロ(トロ)1450mg
  • イワシ1171mg
  • ハマチ984mg
  • ブリ940mg
  • サンマ885mg
  • ニシン874mg
  • ウナギ587mg
  • タラコ506mg

番組で毎日のように食べているサバ缶好き4人の女性のGLP-1の分泌を測定したところ、

一般的な分泌基準値50%と比較して、それぞれ65%、132%、475%、505%と 驚く程の量のGLP-1が分泌されており、(確かにみなさん痩せていました)サバの痩せるホルモンを活性させるパワーが証明された結果となりました。

乳酸菌

ヨーグルト

アメリカのコーネル大学のJohn C. March教授らが行った「乳酸菌を経口摂取すると、血糖値がどれくらい下がるのか」という実験によると、乳酸菌(ラクトバチルス)を90日間与えたラットの間血糖値が30%も低下したそう。

血糖値が低下した理由はGLP-1の増加。この実験により、乳酸菌を摂取することで腸壁の細胞から痩せるホルモン・GLP-1が分泌されることも解明されました。

痩せるホルモンGLP-1を増やすためには、ヨーグルトや漬物などの発酵食品、乳酸菌サプリを取ることも有効なのですね。

チラコイド

ほうれん草

更にGLP-1を増やすには、チラコイド、という成分をを取り入れるのがおすすめです。

チラコイドとはスウェーデン屈指の名門、ルンド大学の教授によって発見された、葉緑体に含まれる成分の一種で、

  • 血糖値の上昇を抑制
  • 脂肪と糖質の消化吸収を遅らせ、GLP-1の分泌を促進する

という働きがあるのです。

 チラコイドはサプリメントで摂る

ならばチラコノイド含むほうれん草を食べて、痩せるホルモンGLP-1を増やそう!と思うかもしれませんが、ほうれん草をそのまま食べても、チラコイドは分解・吸収されません

ではどうやって摂取するかというと、チラコイドのサプリメントを取り入れることです。ただし、ほうれん草チラコイドは、スウェーデンのルンド大学と、GLM社が抽出の特許を取得しています。

「APPETHYL」のマークが入っているものだけが、ルンド大学・GLM社の基準を満たし、販売許可された商品なので、サプリメントを取り入れる時は、マークを確認してみてください。

チラリッカ

チラリッカは原材料APPETHYL(100%ほうれん草由来)、スウェーデン発のダイエットサポート食品。食欲を抑えてコントロールできるだけでなく、1杯で1日分のビタミン11種類と108種の食物酵素も摂れます。1杯17Kcal。

妊娠期から15キロ増。出産後も食べグセが付いてしまい、ついつい間食やら、量も減らせず。そんな時にチラリッカに頼り、空腹を感じたら、飲むという、とても簡単な方法でしたが、悩みの食べグセが不思議とおさまり、3ヶ月でマイナス7キロまでおちました!!!

また、便秘がちだったのですが、チラリッカを飲み始めてから2週間くらいで、ほぼ毎日お腹の調子もスッキリしてきて、下腹の脂肪も薄くなってきて、履けなかったボトムもおさまるように。

朝と夕方に飲んで、昼と夜は普通に食べてます。半信半疑でしたが、ほんとに満腹感が続くしついつい食べすぎちゃう…なんてことがなくなりました!

私はスナック菓子が本当に大好きで、休日はテレビを見ながらゴロゴロ&スナック菓子ボリボリという生活を送っていたのですがチラリッカを飲み始めてからはそれもなくなりました。節約にもなってます(笑)

まだ3週間目ですが、ポッコリお腹がだいぶ落ち着いたような…体重はまだわずかですが1.5kg減です。でも何も我慢やストレスがないから大満足!

今まで食事制限をしてダイエットをしていましたが、少し食べただけでもリバウンドしてしまったり、我慢することでストレスが溜まり肌荒れなどもしていました。

チラリッカを飲んでからは無理なく痩せれてリバウンドもなくとても満足しています。

GLP-1を増やして食欲を抑える美味しい楽痩せダイエットドリンクです。
>>チラリッカ公式通販

GLP-1メディカルダイエット

シゲトウクリニックのホームページ

GLP-1は糖尿病治療薬として厚労省に認可されていますが、日本ではダイエット目的で買うことはできません。

そこで、GLP-1の分泌を促し、食欲を抑えて痩せるという理論に基づき、実際にGLP-1を体に取り入れる診療をしてもらえる、シゲトウクリニックをご紹介します。

重藤誠医師

シゲトウクリニック院長の重藤誠医師は、英国オックスフォード大学などでGLP-1を研究。世界的に権威のある国際誌に論文を掲載し、GLP-1最先端の知識を持つ専門家です。

現在も、日本バプテスト病院にて糖尿病専門医として勤務中である日本糖尿病学会専門医。

安心のダイエット治療

アメリカでは既に肥満治療薬として承認されていて、安全性が保障されているGLP-1注射を専門医の診察、処方、指導に基づき行うダイエット治療ですから、安心して受けられるのが最大のメリット。しかも安心の返金保証制度もあります。

全国対応の遠隔診療

シゲトウクリニックは京都にあるのですが、京都に通院できる方は限られていますよね。そこでシゲトウクリニックでは、通院の問題点を解決した、遠隔診療を全国対応で行っています。

遠隔診療とは、スマホやカメラ付きのパソコンがあれば、診療してもらうことができるのです。

診療を受けると、1人1人に合わせて調合したGLP-1が郵送されてきます。これならば、忙しい方でもGLP-1ダイエットを試すことが可能ですね。

初診から遠隔診療OK~通院せずに自宅で治療できる!
>>シゲトウクリニック「GLP-1メディカルダイエット」の詳細はこちら

<まとめ>

私たちが小腸で造り出すホルモンGLP-1には

  • 血糖値の上昇を抑制する
  • 食欲を抑制する

働きがあります。

アメリカでは肥満治療薬として認可されていますが、日本では糖尿病治療薬としての認可のみですから、薬局等で購入してダイエット目的で試すことは不可能です。

そこで、GLP-1の分泌を促進する「チラコイド」を食品やサプリメントで摂取する方法がおススメです。口コミ評判もかなりいい、とい印象ですので、食欲が抑えられずに食べ過ぎに悩んでいる人はトライしてみてはいかがでしょう。

更に直接GLP-1をダイエットの為に取り入れてみたいという方は、シゲトウクリニックの遠隔診療の無料カウンセリングもおすすめです。

GLP-1は頑張らない、我慢しないダイエットのサポート成分としてこれからも注目を集め続けそうですね。