冬も日焼けに注意!紫外線対策もお忘れなく!

気温が低下する冬のシーズンも、さんさんと太陽の日ざしは降り注いでいるもの。
新陳代謝が低下する冬の季節は、肌へのダメージが特に表れやすいため美白ケアを念入りに行うことが大切です。

スノーボードやスキーなど冬のアウトドア時にも、日焼け止めをしっかり使用し紫外線対策を忘れずに行いましょう。

今回は寒い冬の時期こそ注目しておきたい、冬場の紫外線対策のポイントやおすすめの日焼け止めをご紹介したいと思います。

リスク大!!冬の紫外線量

想像以上に日焼けする冬の紫外線には要注意!

紫外線には、UVA波とUVB波の2種類があります。

UVA波は波長の長い紫外線のこと。じわじわと肌の奥深く真皮まで到達し、しわやシミ・ソバカスの原因になると言われています。

UVB波は波長が短い紫外線のこと。肌表面の細胞を刺激するため、肌を赤くさせる・水ぶくれなどの炎症を起こすなどの作用があります。

冬の紫外線量は

  • UVA波で春夏のの紫外線量の3分の1程度
  • UVB波で春夏の紫外線量の4分の1程度

<と言われています。

1年通して一番紫外線が強くなるのが8月頃、反対に紫外線の量が最も少なくなるのが12月です。

けれどもこの数値だけ見て安心するのは大間違い、意外に高い「冬の紫外線の反射率」などを考えると日焼け止めなどを使用し、冬場でもしっかり美白対策を行うことが大切です。

紫外線の反射率

  • コンクリート・芝・・・数%
  • 海や湖など水面・・・20~80%
  • 砂浜・・・20%
  • ・・・80~90%

冬の紫外線ケアを考えたとき、路面などからの照り返し(反射率)に気を配ることも大切です。

コンクリートや芝などがわずか数パーセントの反射率なのに対して、雪の路面は80や90パーセントもの反射率があるのです。

海などの砂浜が20パーセント、水面が20~80パーセント程度であることを考えると「雪の日の反射率がいかに高いか」よく分かるかと思います。

スキーやスノーボードなどの雪遊びをするときはもちろん、街中で雪が降ったときは、少しの買い物でも日焼け止めを使用し、潤いのあるスキンケア対策を入念におこなうことがポイントです。

注意したい、冬の紫外線対策

スキー場では厳重な日焼け対策をお忘れなく!

スキー場などアウトドア時の日焼け対策

冬のアウトドアスポーツと言えば、楽しいスキー場での遊び。きらめくような銀世界に身を包まれると日ごろのストレスも解消されるものです。

そんな冬のアウトドア時におさえておきたいのが紫外線対策。日焼け止めは、汗や雪など水分に濡れても強いウォータープルーフタイプを選ぶことも、ひとつの選択です。

また一般的な日焼け止めであっても、小まめに塗りなおすことによって、ウォータープルーフと同様の高い効果を得ることができます。

ゴーグルの下はもちろんのこと、まぶたや耳の後ろ・デコルテ・うなじも忘れずに塗っておきましょう。グローブを脱いだ瞬間のことを考え、手もとも日焼け止めを塗っておくと安心です。

さらに乾燥と保湿対策も加えて入念におこないたいもの。
スキー場から帰宅したら、洗顔フォームで日焼け止めをしっかり落とし、ローションや乳液などで乾燥と保湿対策を忘れずに。

万が一、雪焼けをしてしまった場合は無理にローションや乳液などを付けず、患部を氷などでしっかり冷やしてからスキンケア対策を行うように心がけましょう。

冬におすすめの紫外線対策グッズ

「帽子、手袋、タートルネック、マスク」など

シミやソバカス・くすみのない美肌を目指すためにも、冬の季節もしっかり日焼け止めを塗り、積極的な紫外線対策をおこなうことが大切です。

うっかり日焼けを防ぐためにも、外出時には紫外線対策グッズを上手に組み合わせることがポイントです。

注目!冬の紫外線対策グッズ

check2日焼け止め

check2ニットの帽子

check2サングラス

check2マスク

check2タートルネック

check2ネックウォーマー

check2ストール

冬の紫外線対策グッズのポイントは「暖かいもの」。

防寒性を兼ね備えたアイテムは無理せず、冬場の紫外線を心地よく遮ってくれるだけでなく、外気をシャットアウトすることによって、気になる風邪やインフルエンザからボディーを守ることもできます。

顔周りの紫外線対策は、見落としやすいポイント。タートルネックやネックウォーマー・ストールなど首もとを上手にカバーしてくれるアイテムを選んでおくと、オシャレに日焼け対策を行うことができます。

ベースに日焼け止めを軽く塗り、上からマスクやサングラスをかければ、雪の日も気軽にコンビニまでお買い物に行くことも。お手持ちのファッションアイテムを上手に使い、楽しい冬の紫外線ケアをおこなってみてください。

【冬におすすめ 】日焼け止めの選び方

冬の日焼け止めは紫外線防止効果だけで選ぶのはNG

UVカットコスメを選ぶときに迷ってしまいがちなのが「紫外線効果が高い日焼け止め」という選択肢。これは正しいようで、実は誤っている認識です。

紫外線の肌に対する効果は、SPFやPAと呼ばれる数値で表されます。
SPFはUVB波を、PAはUVA波を防ぐパワーを示しています。

SPFは1~50まで。PAは+~++++まで4段階で評価されます。
これらの数値が高ければ高いほど、紫外線を防ぐ効果はアップしますが、
残念ながら肌へのダメージも比例して高くなります

紫外線防止効果が高い日焼け止めを使い続けることは、肌への大きな負担になることも理解しておくことが大切です。

SPFやPAの目安

  • SPF10・・・ウォーキングや買い物
  • SPF20・・・軽い屋外でのレジャー&運動
  • SPF30~40・・・アウトドア&スポーツ
  • PF50・・・海外など紫外線が強い場所での活動

近所への散歩など、気軽なお出かけはSPF10(PA+)・友人と買い物に行くときはSPF20(PA++)・スキー場など冬のウインタースポーツを楽しむときはSPF30~40(PA+++)といったように、シーンに応じた使い分けをするのが、上手な冬の日焼け止めの選び方です。

飲む日焼け止めの活用

冬の紫外線は春夏のピーク時に比べれば少ない為、スキー場等のアウトドアレジャーを除けば、軽めの対策でも十分と気を抜きがち。そして想像以上の日焼けに後悔する可能性も・・・。

そんな冬の紫外線対策におすすめなのが飲む日焼け止めサプリ。果物由来の抗酸化成分配合のサプリメントは、体の中から日焼け対策をしてくれるスグれものです。

自宅で過ごす時間が多い日など、日焼け止めを塗るのが肌への負担になる、面倒だと思う方にも、うれしいUVケアアイテムといえるでしょう。

室内でも、洗濯物を干す、ゴミを出す、スーパーやコンビニへ買物へ行く時でも紫外線は降り注いでいます。そんなうっかりしたタイミングをフォローしてくれる飲む日焼け止め、気を抜きがちな冬の紫外線対策の味方と言えます。

飲む日焼け止めの種類や効果、選び方等は以下の記事↓↓↓を参考に。

塗る+飲む日焼け止めで1年中美肌キープ

飲む日焼け止めで体の内側からも日焼けを防ぐ!

絶対に焼きたくないなら、体の内側からのUVケアも欠かせません!
塗りムラや目の紫外線対策など日焼け止めの欠点をカバーしてくれるサプリは1年中日差しから肌を守ってくれる美肌キープのための必須アイテム!

参考⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング

<まとめ>

肌のターンオーバーが乱れ、新陳代謝が滞りやすい冬の季節。ほかのシーズンと比べて血流も悪くなりやすくなり、肌も乾燥しやすくなります。

5年後そして10年後も美しい美肌を手に入れるためにも、冬の季節こそ日焼け止めをきちんと塗り、スキンケア対策を抜かりなくおこなう姿勢がポイントです。

また日焼け止めの消費期限の目安は、約1年と言われています。カレンダーがかわるごとにスキンケアアイテムを見直し、新しいものと入れ替えてあげることも美肌の秘訣です。

美人力をアップさせてくれる日焼け止めを手に入れて、澄み切ったハリのある素肌を目指してください。