最近、顔が老けて見えるのは、仕事疲れのせい・・・?

実年齢より年上に見える老け顔、同い年の同性といると自分だけが年上に見られるいと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

老け顔には顔立ち以外にも様々な原因があり、誰にでもできる解消方法もあるのです。
生まれつきだから、年だからとあきらめず、色々試してみませんか。

この記事では女性の顔が老けて見られる原因(老けて見えるメイク等)や老け顔を改善する方法などを詳しくご紹介しています。

女性が老け顔に見える原因

最近、顔が老けたと感じる・・・。

女性は男性に比べるとメイクや髪型によって顔の印象が変わる為、老け顔に見えることもありますが、それ以外にも理由が色々。顔が老けて見られる原因はどこにあるのでしょう。

厚塗りメイク

第一印象で老け顔に見える理由の一つがメイクのやり方。特にファンデーションの厚塗りは、肌のアラを隠そうとする中高年にありがちな為、若い人でも老けた印象を与えてしまいます。

ファンデーションをシミが隠れる迄塗り込むと肌が乾燥し、化粧崩れしやすく、シワが悪目立ちし、かえって肌が老化して老けて見えるのです。

その人が何歳くらいに見えるか、キレイかどうか、というのは第一印象で殆ど決まってしまう、という意見も有る程。

ぱっと見て印象に残りやすいファンデの厚塗りは絶対に避けるべきと言えそうです。

髪のボリュームダウン、薄毛

老け顔以上に老けた印象の薄毛。若い頃からカラーリングやパーマを繰り返しているせいか、最近、女性の若年性薄毛が急増中です。

またホルモンバランスの変化や乱れでも髪の毛はハリ、コシが失われていきます。髪の毛がぺちゃんこで、ボリュームが無いと、老け顔でないのにかなり老けてみえてしまいます。

こちらの記事も参考に
⇒ 急に髪が細くなった!細くなる原因8つと髪を太くする方法7つ

肌のくすみ

肌に透明感が無いと老け顔に見えます。無防備に日焼けを積み重ね、スキンケアに無頓着だったりすると、加齢に伴い肌の潤いやハリが失われ、老けて見える原因になります。

こちらの記事も参考に
⇒ 顔のくすみを取る方法~くすみ取り洗顔に効果的な洗顔石鹸とは?

しわ

笑うと目尻に現れるシワ、おでこのシワが目立つと老けた印象を与えます。
深くなればなる程老け顔を際立たせることに。

こちらの記事も参考に
⇒目尻や目の下のシワを改善したい!目元のシワをなくす方法とは?

シミ

シミは肌のくすみやたるみ等と重なると、老けた印象を加速させます。

シミはシワやたるみと異なり、ファンデーションで隠せる為、どうしても厚塗りになりがちですが、かえって老けて見えてしまいます。

こちらの記事も参考に
⇒シミを消す塗り薬~ハイドロキノン配合シミ取りクリームの効果は?

たるみ

加齢による顔のたるみは、フェイスラインをぼんやりさせ、口角も下がり気味に成り、老けた印象を与えます。

少しずつ進行するので、久しぶりに会った人に「どこが変わったかうまく説明できないけど老け顔になったな」と思われる理由の一つですね。

なんといっても、目もとや口もと、顎など、顏下半分のハリのなさ、もたつきが老け顔に見える最大の原因といっても過言ではないといえるでしょう。

こちらの記事も参考に
⇒ブルドック顔を改善する!ほほのたるみの原因と解消法

ほうれい線

ほうれい線は老け顔を象徴するキーワード。小鼻の横から口角、あごへ伸びるほうれい線が目立つとかなり老けた印象を与えます。更に、ほうれい線は顔全体のたるみを目立たせます。

こちらの記事も参考に
⇒【30代のほうれい線ケア】ほうれい線の原因と対策は?

目の下のクマ

加齢、色素沈着、血行不良等の理由でできる目の下のクマ。クマが目立つお疲れ顔は確実に年齢より老けて見えてしまいます。

こちらの記事も参考に
⇒消えない目の下のクマを消す方法~目のクマを取る眼輪筋の鍛え方

顔の影

前述のたるみが出来ると、顔に影が生まれます。またむくんでいても、影が見える部分ができます。顔の影は老けて見せる理由の一つ。

彫りの深い西洋人の顔は、凹凸の少ない日本人の顔より老けて見えるといえば分かり易いでしょうか。そんな日本人の顔でも、たるみやむくみで影が目立てば老け顔になります。

目の下のふくらみ

加齢により眼輪菌が衰え、眼の周囲の皮膚も衰えることで、目の下のふくらみが目立ってきます。涙袋とは異なり、たるみですし、黒ずんで見えることもあるので、老け顔の原因になります。

表情に明るさがない

しわやシミ、たるみがあっても、笑顔が印象的、言葉遣いが優しい、表情が豊かな女性は、明るく若々しく見えるもの。反対に表情が暗い、物言いがきつい、文句が多い、しかめっ面が多い女性は、老けた印象を与えてしまいます。

感じが良いという印象を与えられれば、少なくとも、老けてるなとは思われないものです。

出産による体型の崩れ

産後、体重だけでなく、開いた骨盤が元に戻らないと、お尻が大きく下半身が太くなり、体型が崩れたままになりがちです。

体がたるんでいると、さほど老け顔でなくても老けた印象を与えてしまいます。

スマホ

スマホのやり過ぎは顔のたるみにつながります。座ってスマホをいじっていると、顔をうつむけ、無表情になります。

指先を動かし画面を見ることに集中する為、口元がゆるみ、目つきも険しくなります。

毎日何時間もこの姿勢で過ごせば顔の筋肉はたるみ、口角が下がり、年齢より老けた顔つきになってしまいます。

なぜメイクで老け顔に見える女性がいるのか?

老けて見える顔をメイクで改善するには?

少しでも美しく、若く見せたくてメイクしているのに、なぜか老け顔に見えてしまう女性もいます。メイクの何がいけないのでしょうか?

老け顔に見られてしまうメイクのやり方を学び、うっかり実践しないように心がけて、老け顔を改善したいですね。

時代遅れでトレンド感ゼロのメイク

ファッション同様、メイクにも流行があります。リップのカラーやチークの入れ方、眉毛の形等のトレンドは時代を映す鏡として取り上げられています。

流行を全て取り入れる必要はないのですが、若い時のメイクをそのまま何年間も同じにしている人の顔には、古くささが漂い、老け顔に見られがち。

年代によって取り入れ方を工夫して、メイクも少しずつアップデートすると、フレッシュで今どきな印象の若く見える顔でいられます。

ファンデーションの厚塗り、厚化粧

ファンデーションは肌質や肌色を補正し、美しく見せてくれる優れたメイクアイテムですがシミやくすみを隠そうとついつい厚塗りすると、不自然で老けた印象を与えます。

厚化粧の中高年、といえばわかりいやすいでしょうか。

アイメイクのし過ぎ

アイメイクは目元の印象を華やかに、顔を若く見せてくれますが、目元の皮膚のハリが失われてきたら過剰なアイメイクは禁物。

老けた目元を強調し、影を濃くし、老け顔にしてしまう危険性もあるのです。
アイシャドウがキレイに発色しなくなってきたら要注意です。

また、くるんと上向きすぎた睫毛、塗りすぎのマスカラ等は若い人こそ似合うもの。
大人の女性がやり過ぎると若々しさではなく、痛々しさを発揮して、老けて見えるので気をつけましょう。

チークの位置が低い

顔色を明るく、良く見せてくれるチーク。笑った時に一番高くなった部分に入れるとメイク本に書かれていることが多いのですが、たるんだ頬の場合、このやり方だと普通の時に低すぎる位置になります。

頬のたるみを強調することもありますので、真顔の時に頬が一番高いと思われる位置に入れるようにしましょう。

口紅の色が合っていない

口紅は見た目でいいと思っても、自分の唇では思ったように発色しないことが多いもの。

ベージュ、ボルドー、ブラウンなどは秋冬らしいシックな色が魅力的ですが、くすんだ肌との相性は悪く、老け顔メイクになりがちと言えます。

顔色を明るく見せる色は人によって異なります。自分に似合う色を見つける為には買う時に率直な意見を言ってくれる友人か、カウンターのBAさんにアドバイスをもらうといいですよ。

またコンシーラーを口角の下に塗ってリップラインを上げておくと、口角下がりが目立たなくなります。

老け顔を改善する方法

老け顔は努力次第で変えていくことができます。老けて見える原因を一つずつ取り除いて、若若く見える顔 にチェンジ!今すぐ始めましょう。

自力で老け顔を改善する方法

老け顔の原因となる肌の状態や行動を改善したら若く見える顔になった!!

老け顔は努力次第で変えていくことができます。老けて見える原因を一つずつ取り除いて、若若く見える顔 にチェンジ!今すぐ始めましょう。

頭皮マッサージ

マッサージには血行改善効果が期待できますが、肌を擦るのは肌を傷めるので避けたいところ。
そこで管理人がおすすめしたいのが頭皮マッサージ。

美容サロンでのヘッドスパもいいのですが、毎日自分で続ける方が効果があります。

両手の指を使って、頭皮を前後左右、ゆっくり回転させるように動かしていきます。
首筋から頭頂部にかけて、生え際や耳の後ろ等、心地よいところを重点的に。
ヘッドマッサージ用のブラシを使うと手が疲れません。

最後に耳の後ろを押してから、鎖骨に向かってさすり、鎖骨を内から外へ押してリンパを流します。

肌を直接擦るマッサージより安心ですし、顔も一緒に動いて、血流が改善するのが実感できます。コツコツ続けて顔色を良くしていきましょう。

スマホを使う姿勢に気をつける

前述の通りスマホを操作する時に猫背でうつむいていると、顔がたるみ、口元がゆるんで老け顔になります。スマホを使っている時間はトータルでかなり長くなりますので、注意が必要。

スマホを持つ手を上げる、姿勢を良くする等常に意識して少しでもうつむかないように努力してみて下さい。連続して見ないようにするなどルールを作るのも有効。

パソコンの画面やテレビなど、一定の距離にある物をじっと見続けていると、目の回りの筋肉が緊張して血行不良を起こし、目の疲れや痛みが生じます。

目元をしっかり動かして血行を良くしましょう。
また、表情筋のストレッチは口や頬、目の回りのたるみ改善に効果的です。

紫外線対策

日焼けは肌を老化させ、たるみ、シワ、しみの原因になります。
気温が下がり、日差しが穏やかになる冬も紫外線は降り注いでいます。

これ以上老け顔にしない為に、とにかく日焼けをしないことが重要。日焼け止めは一年中使うようにします。顔だけでなく老化が目立つ首筋にも忘れずに塗りましょう。

飲む日焼け止めはうっかり日焼けを防ぐのに有効。春夏のレジャーだけでなく、秋の行楽、運動会、バーベキュー、キャンプ、スキー等屋外で長時間過ごす時に利用するのもおすすめです。

保湿を徹底する

肌を乾燥させないことで、肌のハリや潤い、透明感がもたらされます。

季節によって肌の状態も変わりますので、自分で確かめながら、肌質に合った保湿コスメを使い分けて保湿にはこだわっていきましょう。

特に皮膚の薄い目元や、ほうれい線の気になる口角まわりは擦りすぎないように注意しつつ、念入りに。

表情筋トレーニングはほどほどに

表情筋を鍛えることで顔が上がり、小顔効果で、老け顔も解消されると言われますね。

ただ、表情筋を大きく動かし続けることで、逆にしわを深くすることもあるという医師の意見を聞くこともあるので、マッサージ同様、やり過ぎないようにした方がよさそうだと思います。

ヘアスタイルを見直す

ヘアスタイルにもファッション同様トレンドがあります。
私にはこれが似合う、と何年も同じヘアスタイルでいませんか?

老け顔に見える理由の一つに「ヘアスタイルが古くさい」もあげられます。

髪質や長さ、顔の形等で似合うヘアスタイルは人それぞれですが、ヘアサロンを変えたり、気に入った髪型を見つけて真似する等、ヘアスタイルをアップデートしてみると老け顔の印象が変わる可能性は大です。

ヘアケアに力を入れる

ヘアスタイル同様、髪の状態も老け顔印象を左右する大事なポイント。
艶が無い、パサつく、白髪が目立つ等傷んでいる髪は老け顔を作り出すマイナス要因。

髪が艶々していると、それだけで若々しく見えるものですし、実はメイク以上に印象を左右する部分でもあります(男性と同じです)。

髪質に合ったケアを心がけ、ボリューム感もあるつや髪をキープしましょう。

メイクを見直す

メイクで見た目年齢はかなり変わります。若作りがイタいメイクはではなく、若々しく見えるメイクを実践しましょう。

自分の顔立ちや雰囲気にあったメイクに変えるだけで5歳は若返れるはずです。
前項も参考にして下さいね。

目をいたわる

スマホのやり過ぎは目をしょぼしょぼさせたり、しかめっ面でシワを深くしたり、口元を緩ませたり、老け顔を促進します。

時間制限したり、疲れ目用の目薬を使ったり、目のストレッチをしたりして、目を休ませるようにしましょう。日々の積み重ねは大きいですよ。

質の良い睡眠

逆に睡眠不足や質の低い睡眠が続くと老け顔の原因になります。

寝付きが悪い、中途覚醒、早朝覚醒、何度も目覚める、眠りが浅い等人によって睡眠の悩みは様々ですが、できる限り良い睡眠がとれる環境を作って熟睡できるといいですね。

一般的に眠れる環境を整えるのに有効な方法としては

  • 寝る前に明日の準備(スケジュール確認、鞄の中身、ファッション)を済ませる
  • 軽いストレッチやマッサージでリラックス
  • ホットミルクやハーブティー
  • 清潔な寝具、寝室、寝間着
  • アロマを利用する

等があげられます。

管理人が気に入っているのは、ティッシュに好きなアロマを数滴たらして枕の下に入れること。ふんわり香ってとても心地よくリラックスできます。

眠りを誘うのにいいアロマなどもあるようですが、個人的にリラックスできるものでいいのではないかと思います。管理人は「ひのき」を愛用中です。

笑顔を忘れない

「あの人いつもニコニコしてるね」と言われる人は年齢に関係無く、老けた人だと思われることはありません。

メイクやヘアスタイル、ファッション以上に若々しい印象を与えるのが笑顔。

仕事や子育て、人間関係のストレスもあり、ずっと笑顔でいるのは難しいものですが、それでも笑顔を忘れないでいようと時々思い出すだけでもいいのです。

笑いたくなくても、口角を上げると、ストレスが少し解消されると言われる程笑顔は大事です(今やってみて下さい。確かにそんな気がしてきます)。

若く見られる顏であり続けるためにも、笑顔の素敵な女性を目指していきましょう。

<まとめ>

女性の顔が老け顔に見える具体的な原因は肌や髪の劣化による外見の問題、メイク、ヘアスタイル等の外見の時代遅れ感、そして表情や姿勢に表われてしまう内面の老化など、人によって様々で、年齢や顔立ちだけが原因ではありません。

イキイキとした表情やはつらつとした行動には、多少の老け顔をカバーする力があります。老けて見られる顔にお悩みなら、その原因を知ってメイクやファッション、行動や考え方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

どうせ老け顔に見えるからとあきらめずに、いろいろな角度から原因を探り、改善の努力を日々積み重ねれば、きっと若く見られる顏の女性に変わっていくはずですよ。