CoQ10サプリメント

コエンザイムQ10はかつてアンチエイジング効果が話題になり一大ブームを起こしましたが、いまだにファンの多い人気のサプリメントです。

特に30代以降の女性に人気があるようですが、はたして美肌やダイエットにも効果があるのでしょうか?また、最近よく耳にする還元型CoQ10とは、従来のサプリとどのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回はCoQ10の特徴や効果、サプリメントの選び方などを詳しくご紹介します。

疲れが抜けない…シミ、しわ、たるみが悩みの種…等、若々しさや元気を取り戻したい方、加齢による肌トラブルや悩む女性は要チェックです。

体内のCoQ10は加齢とともに減少する

加齢とともに疲れが取れにくくなってきた女性

コエンザイムQ10は細胞がエネルギーを作り出す時に必要な補酵素。体の中でも合成され(主に肝臓で)、ビタミンと似た重要な働きをするビタミン様物質であるため、ビタミンQともいわれています。

CoQ10は体の全ての細胞、特に心臓、肝臓、卵巣、精巣に多く存在し、補酵素としてエネルギー生産をサポートしています。さらに強い抗酸化作用を持っていることも大きな特徴です。

このため、疲労回復や体の健康などにコエンザイムQ10は欠かせないのですが、20歳前後をピークに、加齢とともに体内での生産量は減少してしまい、特にたえず多くのエナルギーを使う心臓では40代で約30%、80代に至っては50%以上も減少してしまうといわれています。

(体内各器官でのコエンザイムQ10の減少)
体内各器官でのコエンザイムQ10の減少
(出典:カネカの健康成分情報サイト

また、CoQ10は青魚や肉なども含まれる脂溶性の栄養素で食品からの摂取も可能ですが、食品に含まれる量は微量ですので、意識して摂りたい方はサプリメントの利用がおすすめです。

コエンザイムQ10の効果と効能

CoQ10サプリのおかげで元気回復!

心臓病をはじめ、むくみや動悸、息切れなどの薬にも使用されるコエンザイムQ10にはどのような効果、効能がるのでしょうか?

エネルギーを作り出して疲労を回復

食品から得た栄養素を元に、体はミトコンドリア内でATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作り出すのですが、このATPを作り出す際にコエンザイムQ10が大量に必要となります。

アデノシン三リン酸は筋肉が活動する為に必要なエネルギー源であるため、コエンザイムQ10が不足すると、エネルギー(アデノシン三リン酸)不足となり、少しの運動でも疲れを感じたり、だるさや疲れが抜けないなどの症状が出るようになります。

心機能の向上

心臓は体に血液を送り出すため、常に大量のエネルギーを必要とし、コエンザイムQ10の量が特に重要な臓器です。(心臓には特に多くのCoQ10が存在しています)

心臓のエネルギー不足はポンプ機能の低下につながり、むくみや動悸、息切れ、疲労等の原因となりますが、CoQ10を摂ることで心臓のエネルギー不足が解消し、心機能低下によるこれらの症状を改善する効果が期待できるとされています。

実際に心臓の病である「うっ血性心不全」の治療薬として長く使われてきたことからも、CoQ10の効果・効能は認められているといえるでしょう。

このように心臓をサポートする働きがあるコエンザイムQ10の量が十分であれば心臓のポンプ機能も向上して、血流も改善するため、狭心症や心筋梗塞、不整脈などの心臓病のリスクの低減にも効果が期待できるといわれています。

美容とアンチエイジング効果

CoQ10は体内で発生する活性酸素を除去して、コラーゲンをつくる皮膚細胞を活性化させたり、肌のターンオーバーを正常化する働きにより、老化防止や美肌をサポートする効果も注目されています。

コエンザイムQ10の強い抗酸化力と肌細胞を若返らせるエネルギーの生成作用が紫外線による活性酸素の発生や加齢により進行する、シワやシミ、たるみといった肌の老化を抑えてくれるといわれています。

実際に

  • 紫外線を浴びることで増えるコラーゲン分解酵素の増加を抑える作用
  • CoQ10配合化粧品によるシワの深さの改善効果

などが確認された研究データがあり、サプリメント、CoQ10配合化粧品ともに肌のアンチエイジング効果が期待できそうです。

ダイエット効果

CoQ10の大きな特徴は「脂肪をエネルギーに変える」脂肪燃焼の為に不可欠な成分であること。

つまり、エネルギーを作り出すコエンザイムQ10が多ければ、その分多くの脂肪を燃やしてくれる⇒エネルギー代謝が高まる⇒痩せやすい体になる、これがコエンザイムQ10にダイエット効果があるといわれる理由です。

特に代謝が落ちる中高年以降のダイエットには特に効果が期待できます。また、ダイエット中に体重の減少が止まる、いわゆる倦怠期に摂取すると代謝力が高まってダイエット効率が上がるともいわれています。

ただし、エネルギー代謝が高まるだけでは、なかなか満足のいくダイエットとはならないでしょう。やはり脂肪燃焼効率をアップさせると同時に運動を加えることがポイントになるのではないでしょうか。(運動する数時間前に摂るとダイエット効果が高まるといわれています)

コエンザイムQ10を含む食べ物

食べ物の中でCoQ10を最も多く含むイワシ

CoQ10が比較的多く含まれる食べ物はイワシ・鯖・牛肉・ピーナッツ・ごま・ブロッコリー・ほうれん草など。

ただし、日本コエンザイムQ協会公式サイトでは1日の推奨量100㎎程度としていますが、この100㎎を摂るにはイワシなら約26匹、牛肉なら3㎏必要です。

毎日そんな量の食品を摂るのは不可能ですよね。従って不足分はサプリメントで補うことを同協会では推奨しています。

サプリメントの選び方

疲労回復におすすめの還元型CoQ10サプリメント

コエンザイムQ10のサプリメントには「還元型」と「酸化型」の2種類がありますが、還元型の方が吸収が良いといわれています。

還元型の方が吸収が良いと言われる理由は、体の中で生成されるコエンザイムQ10は還元型だからです。このため、還元型CoQ10を取り入れることで、体の中で素早く効果を発揮します。

酸化型CoQ10の場合、体の中で1度還元型に変換されてから、体の中で働きます。ただし、摂取した全てのCoQ10が還元型に変換されるとは限らず、酸化型のまま体の外に出てしまうこともあります。

つまり、還元型を摂取する方がより効果は上がり、取り入れたCoQ10が無駄なく活用されるというわけです。

CoQ10は吸収されにく成分として知られていますので、効果をしっかり実感するためには、吸収率のよいタイプを選ぶことが大切なポイントです。

もし、CoQ10を摂っても効果を感じられない場合は、きちんと吸収されていないことが原因の可能性(吸収の悪い酸化型かも)がありますので、サプリのタイプをチェックしてみて下さい。

ちなみに、還元型のデメリットをあげるのであれば、酸化型よりコストがかかること。

得られる効果を考えるとそこまで高額ではないとも言えますが、それでも最初はお手頃価格で「試してみたい」という方も多いのではないでしょうか?

そんな時には、カネカ・ユアヘルスケアの還元型コエンザイムQ10「14日間トライアル」がオススメです。送料・手数料がなく、500円税込価格でお試しできるのは、かなりお得です。

まずは還元型の効果を実感してみてから、お得なまとめ買いなどを検討することができますよ。

>>>カネカ・ユアヘルスケア通販 還元型CoQ10

寝る前に飲んで、朝の目覚めが良いのにびっくりです。
少し高いのがつらいですが、この商品が一番のように思います。

『なんとなく元気に』一日中、動ける感じです。コンビニカフェイン入り強精剤やスタミナドリンクとは違い、数時間で効果が切れると体がガックリくる感じでは、ないです。

>>>カネカ・ユアヘルスケア通販 還元型CoQ10


コエンザイムQ10の副作用は?

CoQ10の副作用について説明する医師

コエンザイムQ10は美容にも健康にも良い成分です。抗酸化作用も強いので、積極的に取り入れたいのですが、過剰摂取や副作用の心配はないのでしょうか?

コエンザイムQ10は元々体に存在する成分なので、体が異物として反応することがない安全性が非常に高い成分で、CoQ10の含まれる食品とサプリメントを摂っても過剰摂取の心配はないとされています。

ただし、全てのサプリメントに言えることではありますが、たくさん摂ったからといって効果が上がるわけではありません。副作用の心配が少ないとはいえ、パッケージに表示されている適切な摂取量は守りましょう。

また、コエンザイムQ10を継続して飲み続けても副作用はないとされますが、漢方を含め、生活習慣病関連や持病で、薬を飲んでいる方は医師に必ず相談をしてください。

薬によっては、コエンザイムQ10との飲み合わせが良くないものがあるからです。尚、妊娠中のコエンザイムQ10の摂取は避けてください。

<まとめ>

コエンザイムQ10は

  • 高い抗酸化力がありアンチエイジングや美容に効果的
  • エネルギーを作り出して疲労回復に効果的
  • 心機能を向上させて、心臓病のリスクを軽減
  • 代謝力が高まってダイエット効率を上げる

など、元気や若々しい体作りに貢献してくれる魅力的な成分。

ただし、加齢とともに体内生産量は加速度的に減少するのに対し、食べ物から摂れる量はごく僅かですから、サプリメントからの摂取がおすすめです。

とくに、疲労を感じている中高年以降の方には効果が期待できますので、まずは試してみて、自分に合っているかどうか確認してみてはいかがでしょう。