セラミドの保湿効果で肌が潤った!

美容特集でよく目にする「保湿力の高いセラミド」の化粧品やサプリメントを試してみたいけど

  • 選び方がよくわからない
  • どんな悩みに効果的なのかイマイチ理解していない
  • セラミド1とか2、番号の意味は?

等と迷っていませんか。そんなあなたの為に、今回はセラミドの保湿効果や種類、化粧品の選び方などを詳しくご紹介していきます。

セラミドとは

お肌の断面図

セラミドとは、お肌の角質層にある細胞膜に存在している脂質の中のことをいいます。
いわゆる、角質細胞間脂質と呼ばれる成分で、脂質でありながら保水効果にも優れているのが特徴です。

では、セラミドは、どのようにしてつくられるのか、生成過程をみていきましょう。

セラミドはターンオーバー(肌細胞の変化していく周期)の過程で生成されます。

一枚に見える皮膚は、実際には表面から内部に向かって
「角質層」→「顆粒層」→「有棘層」→「基底層」という4層構造になっています。

肌の元となる表皮細胞は基底層で一旦生成され、ターンオーバーを繰り返しながら、外部に向かい有棘層→顆粒層→角質層というように、押し上げられていきます。

その上昇の過程でセラミドは生成されていきます。

乾燥肌に効くセラミドの保湿効果とは?

セラミドは乾燥肌の女性の心強い味方!!

では、角質細胞間脂質であるセラミドは、どのような働きをするのでしょうか。

代表的なのが、お肌に水分を保持する保湿効果。セラミドは水分と結合し、湿度0%でも蒸発せず、マイナス20℃迄下がっても凍らない、様々な環境に対応できる抜群の保湿力があります。

この私達の皮膚に存在するセラミドにはいくつかの種類があることが分かってきています。

化粧品メーカーとしても有名な花王グループの公式サイトに、セラミドの種類に関して以下の記載があります。

花王では、1976年に皮膚の研究を開始して以来、セラミドに関する研究を継続しています。そして、2008年現在、ヒトの肌には11タイプ、342種のセラミドがあることも確認しています。

11タイプのセラミドは「セラミド1」「セラミド2」というように、番号で表記されますが、特に保水力に優れているのが1、2、3です。

  • セラミド1は、お肌の水分を保ちつつ、お肌を外部刺激から守るバリア効果があります。
  • セラミド2は、セラミド1に比べると水分保持力が高く、お肌の水分バランスをより良い状態に導いてくれます。
  • セラミド3は保湿効果だけでなく、できてしまったシワの溝を浅くする働きがあります。

セラミドをいかに肌にたっぷりキープできるかが美肌へのカギとなるのです。

セラミドとヒアルロン酸の共通点と違い

保湿効果の高いセラミドとヒアルロン酸

ところで、お肌の保湿といえば、ヒアルロン酸も良く話題に上がりますよね。
では、セラミドとヒアルロン酸とは、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、それぞれが存在する場所ですが、セラミドはお肌の一番外側の表皮に存在しています。

これと異なり、ヒアルロン酸は、表皮の内側の真皮に存在している成分です。

セラミドとヒアルロン酸は、別々の場所でお肌の保湿を支えているのです。

このように存在する場所は違いますが、共通点もあります。それは、加齢による減少です。

残念なことですが、年を重ねることで、どうしても新陳代謝が鈍ってしまいます。特に、20代前半のお肌の曲がり角を過ぎてしまうと、一気に減少の一途をたどっていきます。

20歳を100%の量だとすると、30代に70%、50台には50%と、想像以上に分泌量が減ってしまいます。そのため、年を取るにつれて、シワが増えたり、お肌にたるみが出たりと、見た目にも老化が進んでしまうのです。

セラミドが減少する理由

紫外線も乾燥肌の原因に。

では、加齢以外にも、セラミドが減少する理由はあるのでしょうか。

間違った洗顔・スキンケア・メイク方法

まず、大きな理由といえるのが、表皮への刺激

たとえば、洗顔をするときに、強力クレンジング剤を使って、ごしごしと洗っていませんか?それでは、表皮が傷ついてしまいます。

洗顔し過ぎも原因の一つです。急いで擦ることは厳禁、優しく洗うようにしてください。また化粧水をたたき込む、皮膚をこすり上げるようにクリームを塗り込む等も表皮を刺激します。

こういった刺激が皮膚の角質層をいため、セラミドが流されることにつながります。

また洗顔料、メイク落としの刺激もセラミド減少につながります。肌にやさしい成分を選ぶだけでなく、必要以上に使わないこともセラミドの温存につながります。

入浴の温度

入浴時、お湯の温度が熱いと表皮がふやけて柔らかくなり、セラミドが流れ出てしまう原因に。

温度は38~39℃のぬるめに設定し、湯船に浸かる前に体を洗うのがポイントです。

洗う際は洗顔と同様に、たっぷり泡立て、やさしく洗うこと。
ボディもこすればセラミドが減少し、カサカサ肌の原因になります。

紫外線

一年中降り注ぐ紫外線は表皮にダメージを与え、バリア機能の低下を招き、セラミドの生成を妨害します。UV対策は一年中しっかりと行いましょう。

栄養バランス

毎日の食事で栄養バランスを考えることは、セラミドを生成するターンオーバーを整える為にも重要です。セラミドを多く含む食べものを摂り、減らす食べ物はなるべく避けるようにしていきたいもの。食べ物についての詳細は後述しますので参考にして下さい。

セラミド化粧品の選び方

セラミドの研究技術が進化し様々な化粧品が開発されています。

それでは、実際にセラミドが配合されている化粧品を購入する際、どのように選べばよいのでしょうか。配合されているセラミドの種類や効果、選び方のポイントなどをご紹介します。

セラミドの種類

化粧品に配合されているセラミドの種類によっても原料や特徴が異なりますので、確認しておきましょう。

天然セラミド

名前の通り、動物由来のセラミドです。
原料は馬の脳や脊髄で、お肌へのなじみが良いタイプです。

ヒト型セラミド(バイオセラミド、セラミドナノスフィア)

人の肌と似た構造を持っているセラミドです。別名バイオセラミドとも呼ばれています。
保湿力のみならず浸透力もあるのが特徴です。

また、近年、このヒト型セラミドをナノサイズにしてカプセル化したものがセラミドナノスフィアとして、化粧品などに配合されています。

植物性セラミド

植物原料を使っているセラミドで、コメやトウモロコシなどから作られています。

ミルクセラミド

牛乳から抽出されたセラミドです。植物性セラミドよりも吸収性に優れています。

合成セラミド(疑似セラミド)

化学合成物質として生成されるのが合成セラミドです。
疑似セラミドとの別名もありますが、セラミドとは別の物質です。

セラミド配合コスメの効果

セラミド配合コスメは、なんといっても保湿力に優れているのが特徴です。この保湿力ですが、お肌に塗りこんでから、約2時間から24時間くらい持続すると言われています。

ところで、コスメを選ぶときに気になるのが安全性ですよね。特に、敏感肌の方にとって、化粧品による刺激が気になるところです。

この点、セラミドは、元をたどれば、お肌の表皮に存在している成分です。
そのため、お肌にとっての刺激も弱く、安全性も高いと言えます。

化粧品の選び方のポイント

前述の通り、様々な種類のセラミドがありますが、人間の肌にできるだけ近い組成のセラミドを選ぶことがポイント

ヒト型セラミド1、2、3のいずれかが配合されている化粧品を選ぶようにしましょう。

あまり価格が安いものはセラミド配合量が極端に少ないものもありますので、最低3000円程度を目安に選ぶとよい、とされています。

管理人がおすすめに選んだ「ヒト型セラミド配合コスメ」のトライアルセットをご紹介します。

ETVOS モイスチャーライン

ETVOS(エトヴォス) モイスチャーラインお試しセット

ヒト型セラミド1・2・3・5・6Ⅱを高濃度で配合した美容液とクリームも試せるトライアルセット。減少したセラミドを確実に補える無添加スキンケアが好評です。

保湿クリームは、たっぷり塗って寝ますが朝になるとしっとり肌になじんでる感じです。☆6つは、なにしろ化粧水がよかった!

乾燥肌の方、是非試してみて欲しいです。

エトヴォス、といっても日本製だし、香りづけも天然ラベンダーの香りで癒されます。一押しの化粧水、現品購入を考えてます。

ヒトセラミドに惹かれてまずはトライアルでお試し。
使って4日目ですが 毎朝 起きてすぐのお肌にビックリ!! ココ最近何を試してもしっくり来なかっただけに 久々に キターーーーーッッ!!って思いました。 明らかにお肌に変化起きています。 日焼けしたと思っていた顔でしたが なぜか 色が白くなったような…? 目元のちりめんジワも かなり改善されています

化粧水は肌への浸透が良く、つけた後はモチモチになります。美容液は少しトロみがありますがつけると思ったほど重くなく丁度よいつけ心地。最後のクリームですが、これが私的には今の時期には少し重く感じました。冬の超乾燥している時だったらすごく良いかもしれません。

なので、クリームは少しだけ取り、薄~く伸ばすようにつけています。
二週間使ってみて、気になっていたお肌の乾燥と頬の毛穴の開きが改善しました!

5種類のヒト型セラミド高配合。無添加で確実にセラミドが補える!
>>>モイスチャーライントライアルキット

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

アスタキサンチン配合の赤いジェリー状美容液には保湿成分ヒト型ナノセラミド1・3・6Ⅱが配合されています。ジェリーも10回試せるフルラインのセットが1000円で試せます。

乾燥に悩んで購入しました。これを使うだけで化粧水の浸透が全然変わり、感動しています。エアコンをつけて寝ても翌朝肌が乾燥しておらず、1年を通して使いたい商品です。

自分でも分かるくらい水分量が上がりました。
あれほどツラかった昼間の乾燥もなんのその。
私のように乾燥肌に悩んでいる友達に教えたくなりました。

1年近く使っていますが、肌が安定します。
季節の変わりめなどに、肌が荒れることがなくなりました。
肌がひどく乾燥することもなくなりました。
ちょっと地味ですが、乾燥などには効果ありだと思います。

ヒト型セラミドとアスタキサンチンの相乗効果で保湿する!
>>>アスタリフト ベーシックトライアルキット1,000円+税

ヒフミド

ヒフミド トライアルセット

小林製薬のヒフミドはヒト型セラミド1・2・3配合のスキンケア。全てのアイテムに配合されているのでライン使いで保湿効果が高まるのが嬉しいポイント。

使い始めの頃は少しつっぱり感があったのですが、使用量を増やしたところつっぱり感はなくなりました。

4日目ぐらいから肌のハリがUPしたのを感じ、7日目には毛穴が少し目立たなくなり、テカリもかなり抑えられるようになりました(≧∇≦)

でも、1週間ではまだまだインナードライ肌が改善されたとは言えないので、化粧水とクリームを購入してしばらく使い続けてみようと思います☆

インナードライ肌で悩んでいる方は一度このセットを試してみてください!

セラミドに惹かれて初めてヒフミドを使ってみましたが、現品購入するであろうアイテムがいくつか見つかりました。すごく気に入りました。

1週間使ってますが、スッピンの肌にだんだんハリというかツヤが出てきました。

シワには効果はまだありませんけど、そんなすぐに効果出ても怖いですから。今後現品購入で使っていって、徐々に効果が出てくれることに期待してます。

とにかくおトクなセットです。

一週間つかってみて、まず顔全体の水分量があがりました。お風呂上がりに、浴室から洗面室に出る間にわずかの時間に、顔が乾いてしまうくらい乾燥していたのに、ヒフミドをつけはじめたら、その乾きはなくなりました。

肝心の目の回りの乾燥ですが、効果ありました。乾燥しすぎでしわがクロスしてたり、まぶたが腫れぼったくなっていたのが徐々に解消されていき、一週間が終わる頃にはだいぶ落ち着きました。

ライン使いでヒト型セラミドの保湿効果を実感できる!
>>>ヒフミドトライアルセット

飲むセラミド(セラミドサプリ)の効果は?

セラミドサプリも登場!

セラミドはコスメで肌に塗り保湿ケアするだけでなく、最近では、ドリンク剤やサプリメントなど、飲んで摂取するタイプのセラミドも登場しています。

こういった飲むタイプの商品には、主に植物型セラミドが用いられています。
こんにゃくや米というように、食物由来なので、アレルギーが起きにくいのが特徴で、手軽に飲めるのもメリットです。

化粧品とサプリメントのどちらが効果的?

では、化粧品とサプリメントは、どちらを使えば良いのでしょうか?

どちらか選ぶなら間違いなく化粧品です。体の内側からセラミドを増やすのは非常に困難とされていますので、飲んでも即効性は期待できません。

簡単で即効性があるのは、化粧品です。確実に肌の水分を増やすことが可能です。

もちろん、日々の食事でバランスをとったり、セラミドをサプリで摂る等は美肌作りには良いこと。これからご紹介する食べ物を摂ることも、化粧品と合わせて意識してみて下さい。

セラミドを多く含む食べ物は?

朝食の様子
  • 多く含む食べ物「蒟蒻芋・米ぬか、小麦胚芽」など
  • セラミドを減らす食べ物「リノール酸」

お肌の保湿に効果が絶大なセラミドですが、実は食べ物にも含まれています。

その代表的なものが、蒟蒻芋です。生芋から作られている蒟蒻の場合、およそ半丁で、1日の必要量600マイクログラムが摂取できると言われています。

その次に含有量が多いのが、米ぬかや小麦胚芽です。
ただ、含有量は蒟蒻芋に比べると少なく、蒟蒻芋の10分の1ほどの量と言われています。

その他、黒豆やゴボウ、コーヒーといった黒い色の食材にセラミドは多く含まれています。

ただ、すべての食材にセラミドを多く含むわけではなく、中にはセラミドを減らしてしまう食べ物もあります。それがリノール酸を含む食材です。

リノール酸は必須脂肪酸の一つですが、多くとるとアラキドン酸という物質を合成して細胞を満たしてしまいます。そのため、セラミドの分泌量が減ってしまうのです。

セラミドの効果を期待している方は、リノール酸が多く含まれる、ひまわり油やコーン油、ベニバナ油などは極力控えるようにしてください。

<まとめ>

セラミドはお肌の水分保持に欠かせない存在。安全性の高いセラミドを含む化粧品は、刺激性も低いので、お肌の保湿には最適です。乾燥に悩んでいる方は、ぜひセラミド含有化粧品をチェックしてみてください。