胸を落とさないでダイエットしたい!

今までダイエットで胸を落とさず痩せる方法があったらいいなと、思ったことはありませんか?

ダイエットをすると、どうしても胸から先に痩せてしまって、肝心のウエストや太ももはそのままになってしまうんですよね。

だけど、実のところ、胸を落とさずに痩せる方法もあるんです。

まずは、どうしてダイエット時に胸から痩せるか、その理由をご紹介しましょう。

胸から痩せる理由

バストをキープしたいのにダイエットすると胸から痩せるのはなぜ?

胸は痩せやすい

みなさんご存知のように、胸はその組織の多くが脂肪で成り立っています。しかも、太ももや二の腕などと比べると血行が良いことから、セルライトもできにくくなっています。

そのため、ダイエットをしていても
太ももや二の腕よりも脂肪が燃焼されやすく、痩せやすいのです。

ダイエット時にはバストの脂肪が優先的に使われる

また、ダイエットを始めると、つい食事をセーブして栄養バランスが崩れてしまいがちです。
ひどい時には栄養不足になるケースもあります。

そこで、体はカロリー不足を補おうとして、脂肪分からエネルギーを確保します。
バスト部分は体の各部位の中でも脂肪が多いため、バストの脂肪が優先的にエネルギーに充てられ減ってしまいます

女性ホルモンの減少がサイズダウンの原因に

ところで、ダイエット中は、食事を減らし、運動量を増やすなどして、ホルモンバランスが乱れがちになりませんか?

実は、このホルモンバランスの乱れから女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

特に、エストロゲンのように、女性らしい体つきをつくるホルモンの分泌が減ってしまうと、胸のハリが失われ、結果的にサイズダウンしてしまいます

これらが、ダイエットによって胸から痩せてしまう理由です。

胸を落とさずに痩せる食事方法

バストをキープしつつダイエットするにはタンパク質豊富な食べ物を食事に取り入れることもポイント。

もちろん、この理由を踏まえたうえで、胸を落とさずに痩せる方法もあります。
その一つが食事面への気遣いです。

中でも、一番避けたいのが、食事制限です

たんぱく質をしっかり摂る

特に、リンゴダイエットや青汁ダイエット、プロテインダイエットなどの置き換えダイエットは危険です。食事量が減るだけでなく、栄養バランスも崩れるため胸の脂肪分がエネルギー源として使われやすくなってしまうからです。

そこで、取り入れたいのが、タンパク質を含む食材です。

タンパク質は、コラーゲンなどの体の組織を作り、肌にハリや艶を与え、すっきりとしたボディラインを作り上げるのに必要不可欠です。

ダイエット中のタンパク質といえば、プロテインというイメージがあるかもしれませんが、食材から取ることももちろん可能です。

肉類やチーズ、魚介類、さらにはイモ類、大豆製品にも多く含まれています。
特に、大豆製品には、大豆イソフラボンの働きにより女性ホルモン類似作用が期待できるので、胸にハリを持たせつつ、ダイエット食材としても活用できますよ。

ボロンを含む食材を摂る

ミネラルの一種であるボロンは、エストロゲンの分泌を促し、バストアップに効果的な成分として期待されていますので、胸を落とさずダイエットする為には積極的に摂りたいもの。

ボロンを多く含む食品はキャベツ、海藻、りんご、レーズン、アーモンド、ブロッコリー、はちみつ、レタスなど。

ボロンは熱に弱いので、生のまま食べるのがおすすめ。日々の食事で意識して摂るようにしてみましょう。

糖質制限ダイエットでバストをキープ

ダイエットで胸から痩せてしまう理由の一つが大胸筋の衰えです。
大胸筋を細らせない為には前述の通りたんぱく質をしっかり摂ることが重要。

その点、糖質制限ダイエットなら栄養バランスに優れ、筋肉を細くしないので、決して胸が痩せて小さくなることはありません。

胸を落とさずに痩せたければ糖質制限ダイエット方法はおすすめといえます。

胸を落とさずに痩せる運動方法

胸を落とさないためのエクササイズ

食事方法の次に、確認したいのが運動方法です。「ダイエット時に胸から痩せる」を防ぐためには、運動の仕方や下着の種類にも血注意が必要です。

激しい運動はNG

激しい運動をすると、胸が落ちてしまうということを聞いたことはありませんか?

この噂は、真実で、胸を激しく揺らすと脂肪分が燃焼されやすくなります。
その結果、胸が落ちてしまうことになります。

さらに、胸の奥ではクーパー靭帯という部位があり、胸の形を維持しています。
このクーパー靭帯はコラーゲン繊維が集まって構成されているのですが、激しい運動をすると、傷んで伸びてしまったり切れてしまうことも起こりえます。

したがって、胸のことを考えるなら、激しい運動は厳禁!
ほどほどの運動を心がけてくださいね。

ところで、緩めの運動をするとしても、少なからず胸に振動が伝わります。

そこで着用したいのがスポーツブラなど、胸を固定する下着です。これらは運動用に設計されているので、運動をしても胸が落ちにくくなる効果が期待できます。

大胸筋を鍛えるエクササイズ

さらに、胸の形を崩さないように、またサイズを落とさないために、1日1回行ってほしいのが大胸筋を鍛えるエクササイズです。

やり方は簡単で、胸の前で両手を合わせ、肘を地面と水平に保ち、ゆっくりと手のひらを押し付け合います。息を吐きながら10秒キープしてください。

これを5セット繰り返すだけで、大胸筋が鍛えられますよ。

水泳

胸を形良く支える筋肉「大胸筋」を鍛えられるのが水泳。
特にクロールは大胸筋を鍛えるのに効果的な泳ぎ方とされています。

肩から胸にかけて大きく広がる「大胸筋」が動いていることを意識しつつ、手を大きくまわし、ゆっくり泳ぐのがポイント。

ダイエット効果も期待できて一石二鳥ですが、やり過ぎはNG。
毎日通ったりせず、週に2日程度のペースで。

毎日泳ぐと逆に胸を鍛えすぎて逆効果な場合もあるので気をつけて。

ハーレイ式腕立て伏せ

海外セレブの専属トレーナーとして有名なハーレイ・パスタナック氏考案のハーレイ式腕立て伏せは胸を落とさないエクササイズ。レディーガガが実践していたことでも有名です。

やり方はとても簡単

  1. うつ伏せ寝になり、脇を締めて、手の平を床につけます。
  2. 頭を後方へ、のけぞるようなイメージで上半身をゆっくり反らせ持ち上げます。
  3. 最初は無理せず、慣れたら1日20回を目安に行いましょう。

普通の腕立てふせより、胸部や二の腕に無理なく負荷がかけられるので、バストアップにとても効果的です。

背筋を鍛える筋トレ

背中を伸ばし姿勢を正すと自然に胸が引き上げられ上向きのキレイな形になることからも分かるように、背筋を鍛えることは胸を落とさない為にも大切です。

背筋を鍛えるストレッチや筋トレは数多くありますが、超簡単でオーソドックスな背中痩せの筋トレを一つご紹介しますね。

こちらの動画がわかりやすくておすすめ。

  1. 床にうつ伏せになり、両手は真っ直ぐにし、手の平を太ももにぴったりつけます。
  2. 息を深く吸い、ゆっくりと吐きながら、上半身をのけぞらせるようにゆっくり起こします。
  3. 再度息を深く吸い、ゆっくりと吐きながら、上半身をゆっくりと元に戻します。

勢いをつけず、ゆっくり行うのがポイント。
背中の筋肉が使われているのを意識してみて下さい。

生活習慣を見直して胸を落とさない!

姿勢を正せばバストアップする!

毎日の生活の中にも、胸を落としてしまう残念な習慣があります。

思い当たればスグにでも改善して、これ以上サイズダウンしないようにしていきましょう。

姿勢を良くする

胸を落とさないためには姿勢を良くすることも大事。

姿勢が悪い猫背は、老けて見えるだけでなく、バストが垂れ下がる為、本当のサイズより小さく見えてしまいます。

背筋を伸ばして姿勢を良くするだけで、胸も上向きになり、サイズも大きく見えるように!

姿勢を良くする為には仙骨を立てて座ることを意識したり、左右の肩甲骨を引き寄せるようにするのが効果的。猫背になってると感じたらすぐ直したり、背中をキレイにするストレッチを習慣にするといいでしょう。

姿勢を良くすれば背中の筋肉が刺激され、余分な脂肪も落ちやすくなります。

イメージトレーニング

美しくなるにはイメージトレーニングが大切と言われますが、胸を落とさずキレイに痩せる為にも効果的。なりたい自分の外見イメージを持ち、寝る前などのリラックスタイムに思い描くのを習慣にしていきましょう。

こうなりたい、という憧れの人がいれば、その人の写真を部屋に貼るとか、スマホに保存して時々眺めるのもおすすめ。

視覚に訴え、イメージをふくらませ、なりたい姿になった時の喜びを感じることは、ダイエットだけでなく、スポーツやビジネス、恋愛、学習など様々な分野でも推奨される方法の一つ。

ダイエットのモチベーションを高め、胸を落とさず痩せる為にも続けてみてはいかがでしょう。

ブラジャーを見直す

女性の90%はサイズの合っていないブラジャーをつけているとも言われます。

体型や年齢によっても胸のサイズは変化していますが、ずっと同じサイズをなんとなくつけてる女性が多いのが現実のよう。

でも、脇のお肉迄カップの中にしっかり入れてホールドする、サイズのぴったり合ったブラジャーに変えるだけで、2カップ大きくなる人もいるほど。

また外見上の問題だけでなく、サイズの合わないブラジャーはバストの形を崩す原因となりますので、店員さんにサイズを計測してもらって、胸に合ったブラジャーを選んでもらいましょう。

サイズの合ったブラジャーをつけることも、胸を落とさない為の大切なポイントです。

ナイトブラや育乳ブラを着用する

就寝中に着用するナイトブラや育乳ブラを利用しましょう。仰向けや横になると流れてしまうバストをしっかりホールドして形が崩れるのを防いでくれます。

特にダイエット中はバストから痩せてきますので、寝ている間も脂肪を寄せてきれいな形をキープしたいものです。評判のよいナイトブラをご紹介します。

Viageビューティアップナイトブラ

Viageビューティアップナイトブラ

伸縮性と適度な着圧設計が両立されたナイトブラ。
脇肉をしっかり寄せてホールド、理想的なバストを作り、背中の引き締め効果も。

楽天ランキング9冠達成!
とにかく肩がラク、昼間も着用しているという人も多い人気のナイトブラです。

バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】

ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラ

寝ている間も苦しくないノンワイヤーが嬉しい顧客満足度98%のナイトブラ。

横になっても仰向けになっても、胸のお肉が横流れしない設計。
休日のリラックスタイムにもおすすめのブラです。

>>>ナイトブラ【ふんわりルームブラ】

ツボ押しで胸を落とさない

胸を落とさないツボ

胸を落とさない為にツボ押しも効果的。上手に活用して女性ホルモンの分泌を促進しながら、キレイなバストをキープしましょう。

胸を落とさない、大きくできる、ハリを与えるといったツボをいくつかご紹介します。

ツボ押しの方法は、ツボに指を当ててゆっくり3秒くらい力を入れて押し、息を緩めて指を離します。これを5回前後繰り返します。

だん中(だんちゅう)

だん中は女性ホルモンの働きを活発にしてくれるとされるツボ。
左右の乳首を結んだ線の中央にあります。押してみてちょっと痛いなと感じるところ。

天溪(てんけい)

天溪は乳腺を発達させるツボ。乳首と並行ラインで、乳首の外側、乳房Yと胸の境目あたりにあります(左右とも)。

渕腋(えんえき)

バストのハリに関係しているツボ。左右の乳首より外側10㎝程度、脇の下から少し前で出たあたりにあります。押すとちょっと痛いと感じるところです。

ダイエットしながらバストアップする

バストアップもダイエットも成功!念願の水着が着れた♪

さて、これまでは、ダイエット中に胸を落とさない方法をお伝えしてきましたが、実はダイエットをしながらバストアップできる方法もあります。

バストアップに効果的なマッサージ

まず、ご紹介するのが、バストアップマッサージです。

激しい運動をするとその刺激で脂肪分が消費されてしまいますが、程よい力加減でのマッサージの場合、その刺激で女性ホルモンが分泌され、バストアップにつながります。

お風呂上りにボディローションをつけて、アンダーからトップの方向へとゆっくり持ち上げるようにマッサージするとバストアップ効果が期待できますよ。

バストアップサプリを飲んでみる

さらにおすすめなのが、バストアップサプリです。最近では、バストアップサプリにもかかわらず、ダイエット効果もあるものが販売されています。

これなら胸を残して痩せる方法としてぴったりですね。

脂肪燃焼効果のある成分もプラスされたバストアップサプリを厳選してご紹介します。

ベルタプエラリア

「ベルタプエラリア」は

  • タイ国厚生省から最高ランクAAAランク認定の純正100%プエラリア使用
  • プエラリアの1日最大摂取量目安の400㎎が摂れる
  • 高級美容成分、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、ザクロ配合で女性らしいボディメイクにもアプローチ

社員によるお客様サポートチームが購入前も後も相談にのってくれるから安心して購入できるのも魅力の一つです。

>>>ベルタプエラリア

ボンキュート

ボンキュート

ボンキュートはバストアップに有効な「プエラリア・ミリフィカ」「大豆イソフラボン」を配合してるサプリメント。PとSの2種類が用意されていて、ダイエットも同時にしたい人にはS(スッキリ)がおすすめ。

ボンキュートSには

  • 脂肪吸収やコレステロール値抑制の「サポニン」
  • むくみ解消「メリロートエキス」
  • 脂肪燃焼「Lカルチニン」「コレウスフォルスコリ―」
  • 糖の吸収を抑制「ギムネマ」

等が配合されており、胸を落とさずに痩せるだけでなく、女性に多いお悩みの便通改善も強力サポートしてくれます。

便通改善だけでも体重は減らせるから悩んでるならチャレンジしてみたいですね。

>>>ボンキュート

<まとめ>

いかがでしたか?せっかくダイエットに成功しても胸が痩せてしまっては意味がありませんよね。落としたいお肉は落としつつ、バストはしっかりキープしていく為にも、ご紹介の方法も取り入れながらダイエットしてみて下さい。女性らしいメリハリボディを手に入れる為に頑張りましょう。