敏感肌でも肌荒れしない日焼け止めを発見!

「日焼け止めを使うと肌がかぶれてヒリヒリしたり、かゆみが出る・・・」

「クレンジングの摩擦が気になっている・・・」

「敏感肌でも安心して使える日焼け止めが欲しい・・・」

そんな毎日の紫外線対策にお悩みの方に、敏感肌でも肌荒れせず、安心して使える、肌に優し日焼け止め情報と選び方をご紹介します。

年間を通して肌をいたわりながら、しっかり紫外線対策していきましょう。

敏感肌におすすめの日焼け止めの選び方

成分や効果、肌への刺激などが異なる様々なタイプの日焼け止め

日焼け止めは毎日使うものだけに、特に敏感肌の人はその影響が悩みの種といえます。
できるだけ肌荒れしにくい日焼け止めを確実に選ぶ為のポイントは何でしょうか。

肌に優しい日焼け止めとは

肌への負担が少ない日焼け止めは

  • ノンケミカル&石けんで落とせるもの
  • エタノールフリー
  • 香料無添加、無着色

以上の3点が必須条件です。では詳しくみていきましょう。

ケミカルとノンケミカル

敏感肌におすすめのノンケミカル日焼け止めとは「紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤で紫外線を防御する」日焼け止めのこと。

では吸収剤と散乱剤の違いは何でしょうか。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤(ケミカル)は皮膚表面で紫外線を吸収し、熱等のエネルギーに変化させて放出、肌に届く紫外線量を減らします。

紫外線吸収剤の紫外線カット効果は高く、高いSPF値の日焼け止めには欠かせない成分です。
無色透明でなめらかな化学成分が多く、肌への刺激が大きいのが特徴。

主な成分名としては

  1. メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
  2. ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  3. ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

などがあげられます。

紫外線散乱剤とは

一方、紫外線散乱剤(ノンケミカル)は肌表面で紫外線を跳ね返すことで、皮膚に当たらないように防御しています。

天然成分のものが多く、重めのテクスチャですが肌への負担がやさしいのが特徴です。

また、お湯や石けんでオフ出来ますが、汗に弱く、とれやすい為、塗り直しは必須。

主な成分は二酸化チタンや酸化亜鉛などです。

エタノールとは

エタノール(エチルアルコール)は肌の清浄、殺菌、防腐、収れん等の作用目的で配合されている成分。一方で肌の水分を蒸発させる作用がある為、敏感肌には刺激となる可能性があります。

香料無添加とは

化粧品に添加されている香料は人工的に石油から作られたものが殆どです。こういった合成香料にはアレルギーやホルモン異常の原因となる可能性が指摘されており、敏感肌には注意が必要。

天然のエッセンシャルオイル等植物系由来成分で香り付けされているものであれば刺激も少ないですが、そのような商品は非常に限られているので、選ぶ時によく確認することが大事です。

無着色とは

着色料の中でも、タール色素は特に毒性が高く、アレルギーを引き起こす可能性があるため、気をつけたいもの。赤色○○号、黄色○○号などと表記されています。

着色料無添加というのはタール系色素無添加という意味で使われていることが殆どのようです。

パラベンについて

パラベンフリーを選ぶべきという意見も多いようですね。
パラベンとは「パラオキシ安息香酸○○」と表示されている、防腐目的の成分。

肌荒れ、アレルギー、ニキビ、ホルモンバランスの崩れを引き起こす可能性がある成分として有名な為、敏感肌の方にパラベンフリーがおすすめされることが多いのです。

ただし、裏を返せば、防腐剤無添加(フリー)は開封後、時間の経過と共に腐敗が進み、肌への刺激も強くなるということです。

パラベンは化粧品への配合は化粧品基準により上限が1%に制限されており、しかも実際には0.1~0.5%程度の使用が殆どです。また、化粧品の材料自体にパラベンが含まれている場合は表示義務が無い為、この場合は正確にパラベンフリーとは言えなくなります。

以上のことから、管理人はパラベンフリーにはこだわらなくても大丈夫かもしれないなと思っています。ただ、影響には個人差がありますので、不安な方はパラベンフリーも日焼け止め選びの条件に加えた方がよいでしょう。

PA値やSPF値について

日焼け止めを選ぶ際に誰もが一番気にする数値はPAとSPFでしょう。

まず紫外線について簡単に言うと、地上にまで届く紫外線はUV-AとUV-Bの2種類です。

UV-Aは肌を黒くしたり、肌の奥まで届きシワやたるみの原因となります。
このUV-Aを防ぐのがPAです。

UV-Bは皮膚の表面にダメージをあたえ、皮膚ガンやシミの原因となります。
このUV-Bを防ぐのがSPFです。

PAもSPFも数値(PAの場合は+の数)が高ければ高い程、紫外線の防御力は高いのですが、一方、肌への負担も大きくなります。

又、日焼け止めは時間と共に摩擦や汗などで落ちる為、塗り直ししなければ表示されている効果を得ることは出来ません。数値が高いから安心というわけではないのです。

そう考えると、私達の日常生活であれば、SPF30、PA++の日焼け止めで問題なく紫外線を防げ、数値の低い方が肌への負担も軽くなります。敏感肌の方はこの数値を目安にするとよいでしょう。

敏感肌におすすめ!ノンケミカル日焼け止め

HANAオーガニック ウェアルーUV

HANAオーガニック ウェアルーUV

SPF30 PA+++

HANAオーガニック ウェアルーUVは天然100%オーガニック処方、美容液成分85%、オーガニック比率98.5%のノンケミカル日焼け止め。

単なる紫外線対策にとどまらず、光をコントロールしながら透明感のある「薔薇色肌」が叶う日焼け止めとして、アットコスメランキング1位獲得、MYLOHAS乳液部門大賞受賞等、高く支持されています。塗った方がお肌がキレイに見えると評判。

↓↓↓返金保証&送料無料!現品購入はこちら
>>>HANAオーガニック ウェアルーUV 公式ページへ

↓↓↓WEB限定超特価トライアルセットはこちら
>>>HANAオーガニックトライアルセット

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアミルク

MAMA BUTTER(ママバター) UVケアミル

SPF30 PA+++

200万個完売の天然シアバターコスメ【ママバター】のノンケミカル日焼け止め。
天然保湿成分シアバター3%配合でスキンケアしながら紫外線をカット。

きしみ感や伸びない感を改善、化粧下地にも身体にも使いやすくなりました。
ノンケミカルでこのコスパはスゴいと思います。

ノンケミカルでロングUVAもカットする!
>>>MAMA BUTTER(ママバター) UVケアミルク

John Masters Organics ナチュラルMサンスクリーン

ジョンマスターオーガニックナチュラルMサンスクリーン

SPF30 PA+

世界中で支持されている人気のオーガニックコスメブランド「ジョンマスターオーガニック」のノンケミカル日焼け止めはベタつかず、白浮き無しで、化粧下地としてもとても優秀。

天然シアバター、ホホバオイル、アロエ、グリーンティーなどの天然成分で保湿力も十分です。

>>>ジョンマスターオーガニック ナチュラルMサンスクリーン

クリシェ つむぎCCクリーム(医薬部外品)

つむぎCCクリーム

SPF30 PA++

つむぎCCクリームは、CCなのにカバー力があって崩れにくい上に、プラセンタ配合・美白ケアもできるという、とても珍しいノンケミカル日焼け止め。

仕上がりがベタつかないのでCCクリームとしても好評です。朝のメイクに時間をかけたくない、ファンデーションの肌への負担が気になっている方におすすすめ。

>>>つむぎCCクリーム

LANOA ミネラルCCクリーム

LANOA ミネラルCCクリーム

SPF50+PA++++

ノンケミカルでSPF50+PA++++と高数値、美容液のようなスキンケア効果、少量でも伸びがよく、皮脂吸着パウダーで1日中崩れない多機能CCクリーム。

これ1つで紫外線カット、スキンケア、メイクアップが叶い時間も費用も節約できると評判です。


>>>LANOA ミネラルCCクリーム

資生堂 2eドゥーエ 日やけ止め

資生堂 2eドゥーエ 日やけ止め

SPF45 PA++++

2eドゥーエは病医院や処方箋薬局で販売されている、資生堂の低刺激性スキンケアブランド。

2eドゥーエのノンケミカル日やけ止めは、つけ始めは白浮きしやすいものの、すぐに肌になじみ、下地としてとても使いやすいと敏感肌の女性からの支持が高くなっています。
楽天市場で購入可能です。

>>>資生堂 2e ドゥーエ 日やけ止め

ユースキン製薬 ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルク

SPF25 PA++

親子で使えるユースキンのノンケミカル日やけ止め。しその葉エキスで潤いもしっかりキープしつつ、紫外線散乱剤がお肌を紫外線から守ります。

コスパにすぐれ、常備しておきたい、敏感肌の人にもおすすめの日やけ止め。

>>>ユースキンS UVミルク

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めによっては肌荒れしていまう敏感肌の女性

上記の条件をクリアした日焼け止めであっても、絶対肌トラブルを起こさないとは言えません。敏感肌の方は、優しい日焼け止めでも使用前にパッチテストをして、肌に合うかどうか必ず確認しましょう。

パッチテストとは

簡単にできるパッチテストのやり方です。

  1. 入浴後に二の腕や太ももの内側など、皮膚の柔らかい場所に少量日焼け止めを塗る
  2. できれば24時間つけておき、赤みや発疹がでないか様子を見る

24時間日焼け止めをつけておいて、何の反応も出なければ、顔にも塗ることができます。
敏感肌の方は顔に塗る前にパッチテストを必ず行いましょう。

日焼け止めを塗る時に気をつけること

日焼け止めは正しく塗らなければど表示されている効果が得られません。

  1. 日焼け止めに書かれている適量を守ること
    適量よりも少ないと、塗り残しの原因や、伸ばす時に肌に摩擦がかかる原因となります。

  2. 塗り忘れやすい箇所は「耳の後ろ・手足の甲・デコルテ・ひじ、ひざの後ろ」
    顔や首は鏡でよく見るので、塗り残しの可能性は低いのですが、見落としがちな箇所は、うっかり日焼けの原因になります。

  3. 日焼け止めは毎シーズン新しいものを使う
    去年の日焼け止めが残っているからといって使うのはNG。時間が経ったものは成分が変化し、肌トラブルの原因になります。

しっかりとクレンジングすることが大切

日焼け止めは洗顔でしっかり落としましょう

いくら肌に優しい日焼け止めを使っていても、洗顔後も肌に残っていると、皮脂と混じり酸化して毛穴を塞ぐなど、肌荒れの原因になります

日焼け止めをしっかりと落とすことは、正しく塗るのと同じくらい大切。

ノンケミカルで低刺激の日焼け止めは、汗で流れてしまうほどなので、お湯でしっかり洗顔すれば落ちるものが多いのですが、まずは落とし方についてパッケージを確認して下さい。
確認できない場合は公式サイトに掲載されています。

また、日焼け止め単品使用ではなく、下地やファンデーションを使っている場合は、それらの落とし方に準じます。クレンジングや洗顔料も肌にやさしいタイプを選び、擦り過ぎず、すすぎ残しがないように気をつけましょう。

クレンジングは敏感肌にとってかなりの負担となる行為。せっかく肌にやさしい日焼け止めを選んでいるのですから、その上に塗るものもなるべく同じ方法で落とせるタイプを選びたいものです。

日焼け止めを塗れない時の紫外線対策

サングラスと帽子で日焼け対策

既に肌が荒れていて、低刺激の日焼け止めでも塗れない場合は、日傘や帽子、サングラス、手袋等で紫外線を防ぎ、夏でも着られる長袖やパンツなどを着て紫外線を防ぐ対処が必要です。

さらに衣類に使えるUVカットスプレーを使うと、より安心ですね。

体の内側からUVケアできる飲む日焼け止めサプリも日焼け止めを塗れない時の心強い美白アイテムとなります。

顔に何も塗れない時は、低刺激のルースパウダーをはたくだけでも、紫外線予防効果は上がりますので試してみて下さい。

敏感肌の人におすすめ、飲む日焼け止め

飲む日焼け止めもプラスした効果の高い紫外線対策!

どのような日焼け止めを使おうと、3~4時間に一度は塗り直しが必要です。

外出中の3~4時間はあっという間、塗り直しができない場合や、塗り残しがあった時でも、うっかり日焼けしないようにするには、飲む日焼け止めを併用するのも有効な対策となります。

飲む日焼け止めが飲むだけで日焼けを防ぐ理由

海外では飲む日焼け止めはかなり定着した紫外線対策アイテム。日本ではフジテレビ『ホンマでっか!?TV』で取り上げられたのをきっかけに、徐々に認知度が高まりつつあり、日本製の飲む日焼け止めも続々と発売されています。

この「飲む日焼け止め」はなぜ飲むだけで、紫外線を防ぐことができるのでしょうか。

紫外線を浴びると、私達の体内では細胞損傷の原因となるフリーラジカルが発生します。
フリーラジカルの過剰生成は肌のバリア機能を低下、シワやシミなど肌老化の原因となります。

飲む日焼け止めはこのフリーラジカルを働きをブロック、破壊する成分(抗酸化成分)が配合されている為、紫外線の肌への悪影響を低減してくれるというわけです。

飲む日焼け止めに配合される、抗酸化成分には

  • ニュートロックスサン(シトラスとローズマリーから抽出された成分)
  • リコピン(トマトなど赤い果物から主に抽出される成分)
  • フェーンブロック(シダ植物から抽出される成分、アレルギーに注意が必要)

等があります。

敏感肌に飲む日焼け止めはおすすめ

塗る日焼け止めはSPFやPAの数値が高い程、お肌への刺激も強く、敏感肌の人には負担が大きいと言えます。

そこで、飲む日焼け止めを併用すれば、相乗作用で効果の高まった分、塗る日焼け止めは低い数値のものを使っても、日焼け防止効果は保たれるので、肌への負担を軽減できます

塗る日焼け止めで肌荒れを起こすと悩まれている方に、飲む日焼け止めはオススメと言えるでしょう。

飲む日焼け止めについて

日焼け止めサプリは大きく分類すると

  • 1年中UVケアして美肌をキープしたい方におすすめのサプリ
  • 即効性があり、強い紫外線を浴びる特定の日のUVケアにおすすめのサプリ

の2種類のタイプがありますので、自分の目的に合ったものを選ぶといいでしょう。

だだし、サプリだけで紫外線が防げるわけではなく、塗る日焼け止めとの併用が必要です。

併用すれば、より日焼けしにくくなり、うっかり日焼け対策にもなりますので、美白を意識している方は試してみてはいかがでしょうか。

飲む日焼け止めの種類や効果、選び方等は以下の記事↓↓↓を参考に。

塗る+飲む日焼け止めで1年中美肌キープ

飲む日焼け止めで体の内側からも日焼けを防ぐ!

絶対に焼きたくないなら、体の内側からのUVケアも欠かせません!
塗りムラや目の紫外線対策など日焼け止めの欠点をカバーしてくれるサプリは1年中日差しから肌を守ってくれる美肌キープのための必須アイテム!

参考⇒日焼け止めサプリを徹底比較!飲む日焼け止めおすすめランキング

<まとめ>

敏感肌におすすめの肌に優しい日焼け止めの選び方は

  1. ノンケミカル、石鹸で落とせる、エタノールフリー、香料無添加、無着色が条件。
  2. 正しい量を使い、2~3時間毎の塗り直しを忘れない。
  3. 肌にやさしい方法で、しっかり落とすことも大切。
  4. 飲む日焼け止めとの併用で万全の紫外線対策になる。

肌に負担をかけない優しい紫外線対策で、敏感肌を労りながら守っていきましょう。