目立つ足の毛穴に驚く女性

足の毛穴の黒ずみや膝下の色素沈着、スネの赤いブツブツが目立って、生足を出すのが恥ずかしいとお悩みの方はムダ毛処理の方法を見直してみましょう。

毛抜きやカミソリを使い、間違った方法で毎日のようにムダ毛処理を続けていると、黒ずみはますます悪化し、色素沈着を起こすことも。

そこで今回はあなたの足の毛穴が目立つ理由や、正しいムダ毛処理のやり方、毛穴の黒ずみを隠したい時に便利な商品など、足の毛穴の黒ずみやブツブツを消して目立たなくする方法をくわしくご紹介していきます。

足の毛穴が目立つ理由は?

毛抜きでムダ毛を抜いた後の毛穴

そもそも足の毛穴は自分で思っている以上に他人の目につきやすいものですが、足の毛穴がより目立ってしまうのは、ムダ毛の自己処理方法によるものが殆どです。

まずはあなたの処理方法が毛穴を目立たせる原因となっていないかどうか、チェックしてみて下さい。

毛抜きで処理している

毛抜きによる処理が毛穴を目立たせる最大の原因です。毛抜きを使えば、ムダ毛は見た目こそきれいに抜けますが、肌への負担が非常に大きい方法です。

ムダ毛と一緒に皮膚が引っ張られて毛穴が前に飛び出てしまい、ぼつぼつした鳥肌のような跡になりがちです。

色素沈着を起こしている

肌は摩擦や刺激を受けると、防御反応としてメラニンを作り出します。つまり、肌に刺激を与えるほどメラニンが増え、色素沈着を起こしやすいということ。

毛抜きでの処理やカミソリの誤った使い方を繰り返していると、肌が炎症を起こして色素沈着を起こす原因になります。

埋没毛がある

埋没毛は閉じた毛穴の中にこれから生えようとする毛が埋まっている状態で、毛抜きでの処理後によく起こります。

毛抜きでムダ毛を抜いたあとの毛穴が大きく開き過ぎてしまうと、新しい皮膚が作り出され毛穴を閉じてしまいます。すると、新しく生えてきた毛の出口がないという状態に。

埋没毛が多いと、ムダ毛処理したばかりでも黒いブツブツが目立って見えます。無理にほじくり出して抜けば、更に毛穴が開いて埋没毛を繰り返したり、色素沈着の原因にもなります。

カミソリ負けを起こしている

足の赤いブツブツは、カミソリによる刺激で肌が乾燥したり、炎症を起こしたりしている状態。カミソリでの処理はムダ毛だけではなく、肌の角質も一緒に剥ぎ取ってしまう危険性があります。目に見えない細かい傷口から雑菌が入り込み、炎症も起きやすくなります。

また、白い粉を吹いてかゆみが出るのもカミソリ負けによる極度の乾燥による症状のひとつ。ここでかいてしまうと、さらに肌が傷ついてブツブツが治りにくくなるという悪循環になります。

アフターケア不足

足のムダ毛処理をしたあと、そのままにしていませんか?足でも手や顔と同じように、化粧水でうるおいを与え、クリームや美容液で閉じ込めるというケアが必要です。これを怠ると乾燥のもとになり、肌トラブルが起きやすくなります。

足の黒ずみや赤いブツブツを目立たなくする方法

正しいムダ毛処理の方法を実践して目立つ毛穴を解消!

では、足の黒ずみや赤いブツブツを目立たなくするためには、どんなことに気をつけていけばよいのでしょうか。セルフケアのポイントを見ていきましょう。

カミソリ負けならまずは冷やして

カミソリ負けを起こしてかゆみや赤みが出てしまった時は、まずは冷やすのが先決。ここでかいてしまうとブツブツが悪化するだけです。

かゆみを抑える市販の軟膏を使ってもOK。ただし化粧水やクリームも刺激になる場合があるので、肌が落ち着いてから使いましょう。

紫外線対策をしよう

ムダ毛処理を行ったあとは、古い角質が剥がれたり毛穴が開いたりして、紫外線の影響を受けやすくなっています。ここで対策をしないと、メラニンが生成されて色素沈着の原因に。

なるべく肌の露出を避け、スプレータイプの日焼け止めなどを使ってこまめにケアしましょう。

処理後は十分に保湿しよう

肌の保湿不足はかゆみや赤みを引き起こします。処理方法が何であれ、処理後は十分な保湿が不可欠。

もともと顔やボディに使っている化粧水やクリームがあればそれでも十分ですが、新たに購入するならひざ下専用のクリームがおすすめです。なお、カミソリ負けがあるとアルコール入りの化粧水はしみる場合があるため注意しましょう。

シルキークイーン

シルキークイーン

脚の毛穴の黒ずみ、埋没毛をケアできる専用ミルクローション。4種類の天然成分、セラミドⅢ、オリーブオイル配合、パラベン・アルコール・着色料無添加で安心して使えるのも◎。

一般的なボディクリームとは違い、肌の表面に膜を張って重たい感じが一切しません。ミルクの浸透力を持ちつつ、保湿力の高さで肌がツヤツヤのプリプリになりました。キメが細かくなって、色も明るくなるんですよね。

肘周りと膝から脛にかけてのムダ毛を処理した跡地が特に毛穴と色素沈着が酷かったのですが、一日一度、集中的に塗り込んでいたら肌質が大きく変化しました。全身に使いたいくらいです。

脚や腕のプツプツ、膝の黒ずみを綺麗にしてくれると噂のシルキークイーン 。

毎日、お風呂上がりに使っています。
しっとり潤うのにベタつかない。
脱毛テープを使った後の赤みもこちらでスーっと引きました。

肌がすべすべになるのがいいですねー。不思議ないい香り!

しっとり潤い足の毛穴の赤み・黒ずみ・埋没毛が目立たなくなる!
>>>ムダ毛処理後の肌トラブル専用ミルクローション!シルキークイーン

ピーリングの活用

毛穴の黒ずみが目立つ場合は、古い角質を取り除いて肌のターンオーバーを促進させると効果的です。

スクラブ入りのケア用品やピーリング石鹸で、週に一度ほど定期的にケアを行いましょう。ただし、中には刺激が強いものもあるため、初めて使う場合はサンプルで試してからがおすすめです。

Oh!Babyボディスムーザー

Oh!Babyボディスムーザー

1988年発売以来累計400万個も売れているロングセラーのボディスクラブ。色々な香りがあって楽しめるから、管理人も友人へのプレゼントによく利用していますが、かなり好評です♪

体温(37℃前後)でやわらかくなる処方で、肌に負担をかけずに軽いマッサージですべすべに。由布院温泉の天然温泉水(角質柔軟成分)、シルクパウダー(保湿成分)配合。

ボディクリームより肌がすべすべになります。
手で捏ねると温かくなるので、温感マッサージをしている気分です。
キメが細かいので、肘や膝だけでなく、全身に使えるのも良いです。
香りもとても良いです。

使ってみたら、あらっと思うほどかかとやひじの角質がツルツルに・・・。
私は、混合肌なので体全体にも使ってますが気になってた部分のざらつき等が無くなるので、いつも気持ちの良いバスタイムです(笑)
もう手放せません。

29年のロングセラースクラブ!
>>>Oh! Baby ボディ スムーザー N 570g

日常生活で膝をいたわる

膝は皮膚が薄いだけでなく皮脂腺が少ない為、乾燥しやすく、刺激に非常に弱い部位なのです。顔等の皮膚同様、摩擦や刺激には注意しないと、色素沈着を起こし、かたくなってしまいます。

日常生活では「膝をつく」「足を組む」「スキニージーンズをはく」などを極力しないよう気をつけることが膝の黒ずみを予防する方法です。

今すぐ隠したい場合は、足用ファンデーションを

どうしても今すぐ目立たなくしたい!という場合は、足用ファンデーションを使いましょう。スプレータイプのものが使いやすくておすすめ。

部分的ならコンシーラーでも大丈夫です。色味が浮かないよう、足の肌の色に合ったものを選ぶのがコツです。

エアーストッキングプレミアシルク QT

エアーストッキングプレミアシルク QT

スプレーするだけで毛穴の黒ずみをしっかりカバーしてくれるスプレータイプの足用ファンデーション。まるでストッキングをはいているようななめらかな肌に仕上げてくれるすぐれもの。UVカット成分とトリートメント成分配合。

ストッキングを履いても、膝の黒ずみと虫さされの跡が目立つので購入しました。
スプレーした後は少しべたべたしますが、乾いたあとストッキングを履いたら気にならず、黒ずみもあまり目だたなくなり、一時的にカバーするにはいい商品だと思います。

スプレーすると毛穴とかも目立たずとっても綺麗で本当にストッキングを履いた感じになります。

毛穴の黒ずみを隠して、キレイな生足に!
>>>エアーストッキングプレミアシルク QT

皮膚トラブルを防ぐムダ毛処理の方法

カミソリで足のムダ毛処理をする女性

足の毛穴の炎症や色素沈着、埋没毛による黒ずみや赤いブツブツなどの皮膚トラブルを目立たせない為には、正しい方法でムダ毛処理を行うことが大切です。

ムダ毛処理の注意点

まずはムダ毛処理をする際の注意点について確認しておきましょう。

ムダ毛の処理は週に1回を目安に

ムダ毛の処理は1週間に一度を目安にしましょう。処理の回数が増えるほど肌に刺激を与えることになります。クセになって毎日のように抜く人がいますが、絶対にやめましょう。

生理中や体調が悪い日は避けて

ムダ毛処理を行うタイミングも重要です。ホルモンバランスが乱れやすく肌が敏感になっている生理前・生理中や、風邪をひいて免疫力が弱っているときはやめておきましょう。

刺激を与えない

色素沈着がひどい場合は、これ以上肌に刺激を与えない意識が大切です。肌がこすれやすい衣服やピーリングのしすぎ、ボディーブラシでゴシゴシこする行為などは控え、可能ならムダ毛処理の回数も控えめにして、肌をいたわることが優先です。

カミソリを正しく使おう

毛抜きよりも肌へのダメージが少ないことから、家庭でのムダ毛処理にはカミソリがおすすめ。カミソリを使う場合は、シェービングクリームを塗って肌への刺激を抑えましょう。

同じ場所を何度も剃ると肌への刺激になるため、切れ味のいいものを使うことが大切です。また毛の流れに逆らわずにカミソリを使う方が肌を傷めません。

ムダ毛処理の正しい手順と方法

ムダ毛処理の注意点を踏まえつつ、正しい手順と方法を順番に見ていきましょう。

道具を消毒する

毛抜きは消毒してから使うのがおすすめ。除菌シートやアルコールスプレーで拭くだけでも十分です。使ったあとも消毒して乾かすとトラブルが起きにくくなります。

カミソリの場合は清潔で切れ味のいいものを使いましょう。切れ味が悪くなったり錆びてきたりしたら、こまめに新しいものと交換してください。

肌を温めて毛穴を開いておく

入浴後に行うのが手軽ですが、蒸しタオルを当てるだけでも大丈夫です。

毛の流れに沿って処理する

カミソリでも毛抜きでも、毛が生えている方向に沿って処理するのがポイント。このとき、反対側の手でまわりの皮膚を押さえると処理しやすくなります。

毛の流れに逆らう方がよく剃れても、肌をいためますので、避けましょう。

処理後は冷やしてから保湿する

この一手間がとても大切なポイントです。保冷ジェルなどで冷やしてから、保湿化粧水やクリームで十分に保湿ケアを行いましょう。

<まとめ>

足の毛穴の黒ずみや赤いブツブツを予防し、目立たせない為には、ムダ毛処理を

  • 清潔なカミソリや毛抜きを使い
  • 毛穴を開かせてから行う

ことが大切です。
さらに、ムダ毛処理後は充分な保湿(一度冷やしてから)や紫外線対策も忘れずに。

また、

  • 毎日ムダ毛処理を行う
  • 無理矢理抜く
  • 毛の流れに逆らって剃る

等は絶対にやってはいけません。

足も顔の肌と同じように、やさしく扱い、丁寧なケアをすることで、毛穴の黒ずみが解消し、すべすべになっていきます。いつでも生足が出せるように、正しいムダ毛処理とアフターケアを心がけて下さいね。