夏の疲れもとれて秋は元気に頑張れそう!

だるい、食欲がない、眠れない、やる気が出ない等々、涼しくなり始めたのに、夏の疲れがとれなくて元気が出ない…、それは秋バテかもしれません。

そもそも高温多湿な日本の夏は夏バテしやすい条件が揃っているのですが、涼しくなってきた秋に同じような症状が出てくることもあるんです。

そこで今回は、夏の疲れを取り、疲れた体をリセットして、秋バテを防ぐ方法をご紹介していきます。

夏バテや秋バテの症状とは?

秋バテの症状のアンケートに記入

夏バテと秋バテでは、表れる症状の特徴に違いがあるのでしょうか。それぞれの症状の出方について見ていきましょう。

夏バテの症状

夏バテの具体的な症状は「だるい」「食欲不振」「眠れない」など。
夏バテするとこれらの体調不良が続くケースが多いようです。

また胃腸の働きが弱まるので、食欲不振に加えて下痢や便秘にもなりやすくなります。

その他、足や顔のむくみ、無気力、貧血・立ちくらみ、イライラ感など症状は多数。

体の調子が悪い、風邪かな?と思っても、実は夏の疲れが原因の症状である可能性も少なくありません。

秋バテの症状

秋バテの症状は夏バテと同じで、だるさ、倦怠感、やる気が出ないといった体調不良です。

秋バテには2通りのタイプがあるといわれ、一つは夏バテをひきずって、更に秋の朝晩の冷えや気圧の変化が加わり、体調不良が良くならないタイプ。

もう一つは元々体力がある人が夏バテの症状は出ないけれど、自律神経が自覚の無いままにバランスを乱し、その負担が秋になって体調不良になってあらわれるタイプです。

夏バテや秋バテの原因

夏の暑さで疲労がたまりバテ気味の女性

日本の夏は湿度も気温も高く、体調不良を起こしやすくなります。高温多湿な日々が夏バテ、秋バテを引き起こす主な原因には次のようなことが挙げられます。

日本の夏は湿度も気温も高く、体調不良を起こしやすくなります。高温多湿な日々が夏バテ、秋バテを引き起こす主な原因には次のようなことが挙げられます。

室内外の温度差による自律神経の乱れ

高温の室外から冷房の効いた室内や車内へ、といったように温度差の激しい場所への出入りを繰り返していると、自律神経の働きが乱れ、体温調節機能や内臓機能が低下します

すると、倦怠感、胃腸障害、食欲不振と栄養不良といった、いわゆる夏バテ症状に見舞われやすくなるのです。

熱帯夜の高温で寝不足

熱帯夜に適切にエアコンを使わないと眠りが浅くなり、何度も目覚め、睡眠不足になりがち。

日中の暑さによる疲労回復もままならず、連続すれば疲れがたまり、夏バテの原因になります。

水分不足

汗を大量にかく夏は、その分水分を補給しなければ体内の水分が不足することに。水分が少なくなれば血液が減少し、熱を運んで体外に熱を発散できず、熱中症の危険が高まります。

更に、汗と共に奪われるのがミネラル。ミネラルをしっかり補給できないと、血中のミネラル濃度が薄くなり、それを取り戻そうと水分を体外に出す為、ますます脱水に拍車がかかり、疲労度も高まります。

栄養不良

暑さによる疲れ、だるさによる食欲不振に加え、冷たい飲み物が増えて食事量が減ること、そうめん、冷やし中華、ざるそば等冷たい炭水化物を多く摂りがちで栄養のバランスが崩れること。

このような理由で栄養不足が生じると、胃腸障害や倦怠感等の症状が起こりやすくなります。

秋バテ特有の原因とは?

体がだるいのは夏の疲れが抜けてないから・・・。

夏バテの原因に加え、秋バテならではの原因もありますので注意が必要です。

寒暖差が激しい

日中は真夏日で半袖なのに、明け方は長袖が必要といった具合に1日の寒暖差が大きくなる為、その変化で自律神経のバランスが崩れやすくなります。また寝冷えで体調不良になることも。

気圧の変化

秋の長雨や台風で気温、気圧が変化し、頭痛等の体調不良が起こりやすくなります。

夏の生活習慣をひきずる

薄着、冷たい飲み物や食事、シャワーだけといった夏の生活習慣をいつまでも続けると、体の疲れが抜けず、秋バテしやすくなります。

夏の疲れをとって夏バテ・秋バテを解消する方法

夏の疲れが取れて気分爽快!

体の疲労を回復させ、夏バテや秋バテを予防・解消する為に、意識したい具体的な対策をあげていきます。色々と試してみて、自分に合った方法が見つけて下さい、。

夏バテ・秋バテに共通する対策

夏~初秋にかけての夏バテや秋バテに共通する対策について見ていきましょう。

動物性タンパク質をとる

暑さで食欲が減退、内臓機能も低下することから、ついつい冷たい麺類等炭水化物中心の食事が増えがち。するとどうしても、タンパク質が不足します。

タンパク質は筋肉を作り、血液中のヘモグロビンの材料になる等、疲労回復や持久力向上に欠かせません。夏バテの時こそ、肉、魚、卵、豆腐等を積極的に食べるようにしましょう。

冷たいものを飲み過ぎない

暑いからといって、冷たいものを飲み過ぎると、働きが弱った胃腸に負担をかけ、食欲不振を招くこともあります。なるべく常温の水を飲む等、注意しましょう。

良質な睡眠をとる

寝苦しい夜にはエアコンを上手に取り入れてください。熱帯夜にエアコン使用を我慢していると、夜中に熱中症になる危険もあり、また暑さで目が覚める等、睡眠の質が低下し、疲労回復ができません。

就寝時、エアコンの温度設定を28度にしたり、タイマーを活用するなど、冷やし過ぎなければ健康上問題はないとされます。

また電気料金が気になりますが、同じ温度で何度もオンとオフを繰り返すことと、つけっぱなしとでは、電気代がほぼ同じだったという声もあります(もちろん、使わないのが一番安く済みますが・・・)

どうしてもエアコンを付けて寝ることに抵抗がある方は、扇風機や冷感マット、麻のシーツ、ガーゼのパジャマなど、快適な睡眠を促してくれるものを試してみるのも一つの方法です。

入浴する

暑い日は、シャワーだけでバスタイムを済ませる方も多いかと思いますが、ぬるめのお湯で湯船に浸かりましょう。

シャワーだけでは体を温めることは難しく、エアコンで冷えた手足は冷たいままでは、体の疲労を取る効果も期待できません。

また、入浴のタイミングも重要です。寝る前の1時間半~2時間前に入浴を済ませ、体温が下がってくる頃にベッドに入ることで、寝つきが良くなる効果があります。

座りっぱなしをやめる

デスクワーク中心だと座りっぱなしで、血液の巡りが悪化、冷房の効いた室内で体を冷やし、疲れを溜め込むことになりがちです。

休憩中に軽くストレッチをしたり、肩を回す、足をマッサージするなど、時々体を伸ばしたり動かして、血行改善を意識すると、体のコリも軽減します。

寝る前の軽いストレッチを習慣にするのもおすすめです。

軽い有酸素運動

夕方や早朝などに、軽いジョギングやウォーキング、ストレッチ等の適度な運動をすると、自律神経のバランスが整い、夏バテを解消しやすくなります。

管理人は週に数日、夕食後にウォーキングをしているのですが、終わると適度な疲労がとても爽快で、よく眠れます。

疲れている時程、少しでも体を動かすと、疲労回復の効果はテキメン!だと実感しています。おすすめです。

喉が乾く前に水分を補給する

暑さが厳しい時期は脱水症状を起こすこともあるため、水分補給は大切。喉が渇いたと感じてから飲むのでは遅いとされます。

また一気に飲むのではなく、少しずつ何回も飲むのがコツ。尚、コーヒーは利尿作用があるので水分補給にはおすすめできません。

日光にあたり過ぎない

紫外線を浴びると、日焼けによる肌へのダメージだけでなく、疲労の原因となる活性酸素を体内で生産してしまいます。

紫外線対策として、日焼け止めや帽子、日傘、長袖を着ることも大切なのですが、気をつけたいのは目から入る紫外線。

目から入った紫外線が脳に伝わることで活性酸素を生み出します。サングラスには紫外線対策だけでなく、疲労軽減の効果もありますので、積極的に活用したいアイテムです。

参考⇒目から日焼けする!眼病や日焼けを防ぐ目の紫外線対策とは?

風通しのよい服装

吸水性、速乾性、通気性など、機能的にすぐれたインナーを着用し、熱がこもらないような服装で過ごしましょう。

衿や袖口が開いているもの、ワイドパンツやふわりとしたスカート、しめつけの少ないデザインのワンピースは通気性にすぐれおすすめです。

クエン酸で食欲増進

食欲がない時は、酸味の効いた食べ物を食べて食欲増進を計りましょう。

酢の物やお酢を使ったドリンク、梅干し、グレープフルーツ、キウイなら手軽に取り入れられます。

ハーブティーの力を借りる

自然治癒力を高めると言われるハーブは夏の疲れを取ってくれます。

ホットでもアイスでもOK。専門店やネット通販で購入して試してみてはいかがでしょう。

  • ハイビスカスティー
    酸味は強いのですが、クエン酸が含まれ食欲増進・疲労回復などにオススメです。

  • ローズヒップティー
    こちらも酸味がありますが、ビタミンACEが含まれ、疲労回復効果が期待できます。

  • カモミールティー
    リラックス効果があり、安眠を誘うと言われているハーブティーです。

規則正しい生活を

夏休みは泊まりがけや日帰りでもレジャーの予定が多く、ストレス解消には最高のシーズン。ただし、乱れた生活リズムをひきずると夏バテが解消しづらく、倦怠感が続くこともあります。

日常生活では生活リズムを一定に保てるよう、食事の内容や睡眠に気をつけて過ごしましょう。

秋バテ対策

こういった夏バテにならない為の方法は秋バテ対策にもなっているので是非続けて実践していきたいところ。加えて秋バテを予防する為のポイントや強化したい対策もみていきましょう。

寝間着や寝具に注意する

昼間は25℃以上の気温でも、翌朝の気温がかなり下がることがあります。夜暑いからといって薄着のままタオルケット1枚で眠ると、明け方の低温で風邪をひいたり体調不良になる可能性が。

長袖、長ズボン、薄い肌掛けなど、衣類や寝具を秋仕様にチェンジして、体を冷やさないように気をつけましょう。

昼間の服装

まだまだエアコンが効いた場所が多い季節ですので、カーディガンや膝掛け、ストッキング等を持ち歩き、冷え対策を怠らないようにしましょう。

体を冷やさないことも秋バテ対策の一つです。

弱った胃腸を回復させる食生活

胃腸に負担の少ない温かい飲み物や消化吸収の良い食べ物をとる、腹八分目、規則正しい食事時間、食べ物をよく噛むなど、冷たいものを飲み過ぎや長期休暇での生活習慣の乱れなどで弱った胃腸をいたわり、回復させる食生活を意識しましょう。

運動

前述の通り、運動は秋バテ対策にも有効です。朝晩気温が下がり、運動するのにちょうどよい気温になります。

やりたくないなと感じる強度の運動がよいとされていますが、是非継続していきましょう。

<まとめ>

いかがでしたか?夏から初秋にかけて疲労が続く人は原因や症状に応じた早めの対処が大切。夏の疲れを秋になっても引きずらないように工夫していきたいものですね。

管理人イチオシは軽い運動です。歩く、ストレッチ、ジョギング、踏み台昇降等今すぐ気軽に出来ることを10分でいいのでやってみて下さい。

体を動かしてじんわり汗をかくと、血行が良くなり、適度な疲労感で、心と体の両方がリラックス。そしてよく眠れるので翌朝のスッキリ感が違います。運動不足の人に是非試して頂きたい、夏バテ&秋バテ対策です。